小枝にとまるカワセミ2021/01/27

 黒目川の風景の中にカワセミを収めたいのですが、なかなか思うようにいきません。3枚載せてみます。
 
カワセミ

カワセミ

カワセミ

夜明けのオオバン2021/01/26

 きょうは早起きしてみました。寒波が襲来したころの寒さではありませんでしたが、川霧が霜になって葉っぱについていました。その近くにオオバンがいて、水面の色も気に入ったので撮ってみました。
 
オオバン

オオバン

桜の枝にモズ君が…2021/01/25

 黒目川の遊歩道をてきてlく歩いていたら、桜の木に動くものがありました。ゆっくり近づいてみると、モズのオスが見えました。枝が多いので撮りにくそう。モズ君が気を利かしてくれたので、枝の少ないところに出てきてくれました。その代わり、見上げる角度になってしまい、首がつらかったです。
 撮っているときには感じませんでしたが、写真を見るとなんとなく子どもっぽい。まだ青年なのかもしれません。
 
モズのオス

モズのオス

モズのオス

コサギの飛び出し2021/01/24

 コサギの写真を撮る機会がめっきり減った黒目川。なにせ、数が圧倒的に少ないです。群れてもいません。これから増える見込みがないので、昨年につづいてがっかりの年になりそうです。
 それでも、コサギがいればレンズを向けます。水草の周辺で魚を探しているコサギに出合ったので、しばらく観察していました。突然走りだしたり小さく舞ったりしています。動きが撮れるかもしれないと思って、ファインダーをのぞいていました。コサギは動きを止め、背を高くして周辺を見渡しました。飛ぶかもしれません。こちらもスタンバイして待ち構えたところ、やっぱり飛んでくれました。ありがとう!
 
飛び出すコサギ

飛び出すコサギ

水草とキセキレイ2021/01/23

 黒目川は水草が目立っています。真冬なのに明るい緑の葉がよく目立ちます。今季は、キセキレイの数が多めで、見ない日はありません。水草と一緒に撮ってみました。これでもはどうも冬の感じがしないので、暗い水面を背景にした写真も添えてみます。
 
キセキレイ

キセキレイ

キセキレイ

キセキレイ

カワセミ 日差しは春めいて2021/01/22

 東久留米市を流れる清流、落合川でカワセミに遭遇しました。ふだん見ない場所にいたので、びっくり。一瞬、私のいる岸にとまってくれたので、しっかり撮れました。光の感じがどことなく春っぽい。しかし、風は冷たい。これからは、北風が吹き抜けて体感としてはいちばん寒い時期を迎えます。24日の日曜日は雪が降るかもしれない、という予報が出ています。ロナも気がかりだし。慎重に生活しないといけませんね。
 
カワセミ

カワセミ

あっ、タシギがいた!2021/01/21

 何年かぶりにタシギを見ました。毎年、冬場に1羽、黒目川にいるのですが、ここ数年は見ませんでした。枯草や枯れ枝と同じような色なので、発見できないことが多い鳥です。最近やってきたのだろうと思いますが、長い間気がつかなかったのかもしれません。長い嘴を泥に差し込んでミミズなどを食べます。
 チドリ目シギ科の鳥で、体長は26センチ。ハトより小さいです。ムクドリよりちょっと大きい。田んぼでよく見る鳥なのでタシギというそうです。
 
タシギ

タシギ

飛び出したカワセミ2021/01/20

 カワセミってけっこうちゃっかりしています。
 カワウが1羽、水に潜って魚を追いかけていました。近くにコサギが1羽いて、カワウの後をついて回っています。カワウに驚いて動き回る魚を食べるのがコサギの狙いです。そういうときに、カワセミが混ざることがあります。近くの枝から右往左往する魚を見ています。そして、飛び出しました。川に突っ込むと、みごとに魚を咥えて飛び去りました。付近のえだにとまってくれれば写真が撮れたのに、はるか彼方に行かれたのでは撮れません。なので写真は1枚だけです。
 
飛び出したカワセミ