紅葉をバックにカワセミ2020/12/02

 黒目川の護岸に垂れ下がった葉が赤く色づいているところがあります。その前に止まり木を設えた人がいます。なるほどと思いながら毎日見ているのですが、カワセミがとまっている姿に遭遇しないできました。ところがきょう、カワセミがいるではありませんか。せっかくなので、紅葉が写りこむ角度を探しながら撮ってみました。
 
カワセミ

カワセミ

朝霧にたたずむアオサギ2020/12/01

 今朝は、川霧が出るのではないかと予想して早起きしました。かなり寒かったです。期待していたほどの霧は出ませんでしたが、1カ所、霧が立ち上っているところがありました。ふと見ると、アオサギがたたずんでいます。撮りにくい場所でしたが、なんとか朝霧と一緒に撮ることができました。
 
朝霧にたたずむアオサギ

朝霧にたたずむアオサギ

かわいいエナガ2020/11/30

 近くの雑木林に行ってみたら、頭上で賑やかな鳴き声がしています。エナガです。高いところにいるようで、姿が見えません。待っていれば近くに来るかもしれないと思って、じっと見上げていました。遠くにとまった1羽がいたので、なんと撮りました。そしてまた、待機…。
 突然、1羽が近くの枝にとまりました。はっと思ってレンズを向けたときには移動していました。とにかくちょこまか動くので、瞬間的にシャッターを切らないと撮れません。鳴き声が大きくなってきたので、群れが近づいてきたのは間違いありません。3羽ほどの姿が目に入り、そのうちの1羽だけを目で追って、近くの枝にとまったところを撮りました。
 その後、群れは移動していきました。
 エナガは名前の通り、柄(尾羽)が長い。14cmの体長で尾羽が半分を占めます。シジュウカラは15cmですが、尾羽はエナガほど長くはないので、ずんぐりしているように見えます。スズメは14cmですが、尾羽が短いので、体自体はエナガより大きいです。
 
エナガ

エナガ

エナガ

エナガ

葦穂のスズメ2020/11/29

 寒くなってきました。きょうは一日中曇り空で、北風が冷たかった。そんななか、元気だったのがスズメたちでした。葦の茂みに入り込んで、にぎやかに鳴いていました。声はすれども姿は見えず。こちらも姿を隠して、遠くから動きを負いました。
 スズメたちが手前の岸に移動してきたので、通り過ぎる雰囲気を醸し出しながら、撮りやすいポイントを探しました。しかし、1羽が逃げるとみんな飛び去ってしまいます。また姿を隠して様子をうかがい、近くに来たのを確かめて、近寄りながらシャッターを切りました。
 
葦穂のスズメ

葦穂のスズメ

葦穂のスズメ

黄金の川面とヒドリガモ2020/11/28

 夕方、色づいた葉が川面に映って黄金に輝いていました。そこにヒドリガモたちが下流から移動してくれました。晩秋の色です。1週間ほど前に撮った写真です。
 複数のカモを入れて撮ると、動きがバラバラになってしまうので、なるべく1羽の姿を狙いました。
 
黄金の川面とヒドリガモ

黄金の川面とヒドリガモ

黄金の川面とヒドリガモ

黄金の川面とヒドリガモ

黄金の川面とヒドリガモ

夕日に染まるカワセミ2020/11/27

 黒目川にある桃の木はカワセミのお気に入り。夕方、突き出した枝にとまって魚を狙っていました。夕日に染まったカワセミがなんともきれいでした。背後にある護岸に木の影が落ち、雰囲気を高めてくれました。画面にある小さな白い点は、蚊です。
 
夕日に染まるカワセミ

夕日に染まるカワセミ

バンとオオバン まさかのコラボ2020/11/26

 きのう紹介したオオバンの続きです。きょう、新しい展開がありました。
 オオバンを撮ったところにバンもいるはずだ、と書きました。バンとオオバンが並んでくれたらなあ、と期待も沿えました。そうしたら、きょう、2羽が並んでくれました。なんということでしょうか。
 茶色いバンに黒いオオバン。2羽は、いつもの場所より300mほど下流にいました。川の真ん中で水草を食べているオオバンを発見。しばらく動きを見ていました。だんだん気にし近づいてきたので、緑を入れて撮ろうかとカメラを構えたとき、近くに動くものがありました。茶色です。もしや、と思ってよく見ると、なんとバンでした。
 仲良く下流まで移動してきたようです。目で見た範囲では近くにいますが、写真にするには距離があります。接近してくれ、と願いながら、それぞれの写真を撮っていました。そしてようやく接近! うまく撮れませんでしたが、証拠写真にはなりそうです。バンもオオバンも、どちらも幼鳥のようです。
 
バンとオオバン

バンとオオバン

バンとオオバン

バンとオオバン

オオバンがいた! 珍しすぎる2020/11/25

 きょうは寒い! 朝から雨は降るし、一気に冬の気温になりました。駅まで黒目川遊歩道を歩きました。念のためコンデジを持っていましたが、手ぶらでなくてよかったです。黒目川には珍しいオオバンに遭遇したからです。
 何か黒いのが動いているなあと思ってよく見たら、オオバンでした。この場所では数日前の早朝、バンを見かけました。あっという間に隠れてしまったので写真は撮れませんでした。しかし、バンであることは確認できました。そしてきょう、オオバンを発見。数日前に見た鳥はオオバンだったのか? 体の色も違うので、バンだったはずです。そんなことを考えながら、オオバンの写真を撮っていました。体の大きさと嘴の形から見て、幼鳥ではないかと思います。外から黒目川に入ってきたばかりだと思われます。
 バンとオオバンが並んでいるところを撮れたら面白そう…。小さな楽しみが増えました。
 
オオバン

オオバン

オオバン