ドジョウを銜えたダイサギ2021/04/13

 ダイサギが動いてくれないので、あっちこっちを眺めていたら、いつの間にかドジョウを銜えていました。あら~~、大慌てでカメラを向けましたが、落ち着いていないときはピントが合いません。ダイサギも意地悪で、なるべく私の方を向かないようにしています。いけずなダイサギに翻弄されながらシャッターを切りました。
 
ドジョウを銜えたダイサギ

ドジョウを銜えたダイサギ

ドジョウを銜えたダイサギ

カルガモのひととき2021/04/11

 夕方の5時ちょっと前、川面の反射が美しいところにカルガモが2羽いました。水が減って島のようになったところで、なかよく羽を繕っています。あるがもの足元の水面がとくにきれいでした。西日が樹木と人家の屋根にあたり、それが反射して水を染めています。
 
カルガモ

カルガモ

ポーズをとるツグミ2021/04/10

 なぜかツグミによく出合います。寒いころはあまり見なかったのに、どうして渡りの直前に見かけるのか。旅立つ前にサービスしてくれているのかもしれません。そういえば、ちゃんとポーズをとってくれました。
 地面が赤っぽいのは、桜の花びらがたくさん落ちているからです。その意味では、この時期ならではの色です。
 
ツグミ

ツグミ

ツグミ

桜の木にツグミが2021/04/10

 4月9日の朝、またまたツグミに出合いました。桜の木にとまって鳴いていました。桜の花はすっかり落ちて、葉桜になっています。ツグミがいるところだけが日陰だったりして、実に撮りにくい! 花があるときに撮りたかったです。
 
ツグミ

ツグミ

ツグミ

ツグミ

タンポポとツグミ2021/04/09

 黒目川沿いの小さな空き地にタンポポが群生しています。うまく撮る方法はないものかと眺めていたら、なんとツグミが歩いているではありませんか。夏鳥のツバメが飛んでいるというのに、冬鳥のツグミがまだ黒目川沿いにいるとは幸運です。春を象徴するタンポポと一緒に撮ろうと思いました。完全な逆光で、ツグミは群生するタンポポに寄ってきてくれません。背景でもいいから黄色い花を何とか入れ込んでみました。
 
タンポポとツグミ

タンポポとツグミ

タンポポとツグミ

夕陽の川面とコサギ2021/04/07

 夕日が川面を染めました。1月初旬の午後4時40分、日没直前です。真冬の川面らしい色のところにコサギが飛んできてくれたので、シャッターを切りました。
 
夕陽の川面とコサギ

夕陽の川面とコサギ

夕陽の川面とコサギ

2月のキセキレイ2021/04/07

 桜が散ったいまでも、キセキレイを黒目川で見ます。夏鳥のツバメも来ているので、そろそろキセキレイの姿は見られなくなると思います。渓流に帰っていくのです。ということで、去る鳥を惜しみつつ、2月初旬に撮ったキセキレイを。水面が独特でした。
 
2月のキセキレイ

雨の中のコサギ2021/04/06

 きょうはあいにくの雨。高い気温で推移していたため、平年の気温に戻っただけで寒さを感じてしまいました。黒目川では、雨に濡れながらコサギが休んでいました。水草が繁殖し、近くには外来種のオオカワヂシャが紫の花をつけています。水草も外来種なのかなあ、と思いながらシャッターを切りました。手前の岸に終わりかけたカラシナの黄色い花があったので、前ボケで入れてみました。寒そうな写真になってしまいました。
 
雨の中のコサギ

雨の中のコサギ

雨の中のコサギ