2巡目も巣立ち間際2016/07/29

 東久留米駅で2巡目の子育てを紹介したのは7月24日。ヒナたちは早くも巣立ちの時を迎えました。カラスに襲われなければ、30日の朝に飛び立っても不思議ではありません。
 27日までヒナは3羽いました。28日の朝は2羽に減っていました。29日の朝は2羽いました。1羽だけ先に巣立ったとは考えにくいので、落下してしまったのかもしれません。ツバメの子育ても苦労の連続です。
 巣立ったヒナたちが海を渡り、来年また東久留米に帰って来てほしい。
 
ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

ちびトカゲ2016/07/29

 雑木林の縁を歩いていたら、ちびトカゲがたくさんいました。あっちでちょろちょろ、こっちでちょろちょろ。ニホントカゲでしょうか。たぶん数センチだったと思います。望遠レンズで撮りました。尻尾の青がよく目立ちます。
 
ちびトカゲ

ちびトカゲ

美しいベニシジミ2016/07/28

 このチョウは本当に美しい。マクロレンズを持っていなかったので、望遠レンズで寄れるところまで寄って写真を撮りました。この次は、マクロレンズで翅を広げたところを撮りたいものです。
 きょう、東京がやっと梅雨明けしました。アブラゼミ、ミンミンゼミ、ヒグラシも鳴いています。梅雨が長かったのに雨量が少ない。水不足を心配しながら、暑い夏を乗り切らなければなりません。
 
ベニシジミ

ベニシジミ

ベニシジミ

ベニシジミ

コサギが走る2016/07/27

 雨が降りそうな蒸し暑さのなか、コサギが魚を追いかけて走り回っていました。辺りを見回して突然走るので、ピントも構図も追いつきません。こっちも汗だく。で、結局、魚は捕れずじまい。コサギは方針を変え、茂みに足を突っ込んで小魚を追い出していました。ご苦労さんです。
 
コサギ

コサギ

コサギ

コサギ

コサギ

コサギ

コサギ

いきなり飛ぶな! ゴイサギどん2016/07/27

 夕方、またゴイサギに遭遇しました。どうもこのゴイサギどんは日没まで待てない性格らしい。なかなか良い心がけです。カメラの露出だけ決めて、おもむろにレンズを向けたとたん、飛び立ちました。ちょっと待ってよ。カメラの準備はできても、心の準備ができてないじゃないの。腰だってきまっていないし。手撮りになってしまいました。ぶれぶれピン甘写真です。
 
飛び立つゴイサギ

飛び立つゴイサギ

飛び立つゴイサギ

飛び立つゴイサギ

紫を洗う雨2016/07/26

 ブルーセージという花だと思います。園芸種。これも雨に濡れるといい雰囲気になります。関東もそろそろ梅雨明けか。
 
ブルーセージ

ブルーセージ

カワセミの若 再び2016/07/25

 黒目川で見かけるカワセミの若さま。一生懸命に魚を捕るふうでもなく、ちょこちょこと枝を渡りあるくだけ。「もっと芸をしろ」と心の中で叫んでみても、以心伝心ともいかず。私のレンズは短いので、ちょっと風景的な写真にしてみました。
 
カワセミの若

カワセミの若

カワセミの若

カワセミの若

二巡目に入ったツバメの子育て2016/07/24

 東久留米駅でツバメの子育てが続いています。これまで4つの巣でヒナたちが巣立っていきました。今回紹介するのは、今季二巡目の子育てです。いちばん最初に使われた巣が、再び利用されています。一巡目と二巡目とも親が同じなのか、それともまったく違うのか。そこらへんはわかりません。聞いても返事をしてくれないし…。
 二巡目のヒナは3羽です。少ないですね。あと1週間もすれば巣立っていくのではないかと思います。カラスにやられないことを祈りつつ、また写真を撮るつもりです。今回は、ぶれた写真ばかりになりました。
 昨年使われた特に暗い場所にある巣にも、ヒナたちがいました。ここは今季初めて使われています。一度、番(つがい)が巣に入ったのですが、すぐに放棄してしまいました。それとは別の番が利用しているのだろうと思います。
 
ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て