梅にヒヨドリ2011/02/12

 雪混じりの冷たい雨が降っています。自宅近くで咲き始めた梅の花も、元気がありません。その梅の花でヒヨドリが蜜を吸っていました。近づくと飛んで逃げてしまいます。物陰に隠れて見ていると、また戻ってきて蜜を吸い始めました。コンパクトカメラの望遠を目一杯にして、デジタルズームも併用して、写真を撮りました。ヒヨドリも寒そうです。

梅にヒヨドリ

枝にとまったスズメ2011/02/12

 スズメを意識して見るようになると、なかなかかわいい鳥です。細い枝にとまる姿は、凛々しくもあります。目の周りが黒いので、目に光を入れて写真を撮らないと、どこに目があるかわからなくなりますね。
 『図説鳥名の由来辞典』でスズメの項を読んでみたら、おもしろいことが書いてありました。平安時代、スズメを飼っていたらしい。『源氏物語』の若紫の巻には、飼っていたスズメを女童が不注意で逃がしてしまったことに腹を立てている場面がでてくるそうです。『枕草子』にも、スズメの子飼があげられているとか。
 スズメは飼えない鳥だと思ってきました。子どものころ、飼ってみたことがありますが、残念ながらすぐに死んでしまいました。ところが、ヒナに餌を与えながらちゃんと飼い育てた人がいます。手をかけなければ飼えない鳥のようですが、飼えないことはないといいます。平安時代にスズメを飼っていたとしても、不思議ではありませんね。色も地味で、穀物を食べる害鳥だといった考え方が広がって、飼わなくなったのでしょうか。
 現代人は、スズメが益鳥であることを知っています。「籠の鳥」にしてしまってはかわいそう。家の周囲でチュンチュン鳴いている姿を楽しむのが、いちばんですね。
 写真上と写真下は、違うすずめです。写真下のスズメは羽ができあがっていません。まだ子どものようです。嘴の基部に黄色が残っています。ということは昨年夏に生まれたはずです。この時期になっても羽ができあがらない個体もいるんですね。でも、ちゃんと飛んでいきました。

スズメ

スズメ

突っかかるコサギ2011/02/12

 5羽のコサギが、日向ぼっこのようにたたずんでいました。ところが1羽だけ興奮気味のコサギがいます。上を向いて喉を膨らませているので、すぐにわかります。イライラコサギ君としておきます。喧嘩を始めるかなあとおもって、しばらく眺めていました。
 やっぱり、でした。近くのコサギのところまで歩いていって、ちょっとつつきました。やられたコサギはすぐに飛び退きました。イライラコサギ君は、周囲をうろうろしながら、もとの位置に戻りました。喉を膨らませて「グァー」と鳴きました。何が原因なのかはわかりませんが、イライラが募っているようです。そして、小さく飛んで別のコサギにつっかかりました。写真はそのときの1枚です。相手は一目散に逃げました。
 どうやらこれで興奮がおさまったのか、すっかり静かになったイライラコサギ君は、うとうとモードに入りました。

突っかかるコサギ