絵の具の水面とカルガモと2011/02/20

 土手の木々が水面に反射して、きれいな模様をつくっていました。近くにカルガモの集団がいます。移動してきてくれないかと、ちょっとばかり待ってみました。
 運良く移動してくれたのはいいのですが、写真に撮りたいポイントに入ってくれません。なぜがポイントだけをはずして動き回っています。ちょっと意地悪なんじゃありませんか、などと心でつぶやいておりました。
 1羽だけ、ポイントの近くに来てくれたので、シャッターを押しました。いちばんきれいなポイントには、最後まで来てくれませんでした。

カルガモ

ジョウビタキのメス2011/02/20

 黒目川遊歩道を歩いていると、遠くで小さな鳥が対岸に向かって飛び、藪のなかに入りました。ウグイスが移動したのに違いない。しばらくすると、藪から鳥が出てきて、桑の木にとまりました。ウグイスが桑の木にとまるのを見たことがないので、なんだろう。
 望遠レンズでのぞいてみると、ジョウビタキのメスでした。オスと比べて地味な鳥ですが、かわいい顔をしています。初めはお尻をこちらに向けていたので、向きを変えるまで待ちました。ひょいと向き直ってあたりをきょろきょろ。ここで写真を撮りました。背景に黄色い葉っぱがあったので、それに重ねる感じにしました。
 数回シャッターを押したところで、上流に向かって飛び去りました。後を追いかけましたが、見失ってしまいました。ここが彼女の縄張りなら、また合えるでしょう。

ジョウビタキのメス