カルガモたち2011/06/30

 モニタを替えると、写真の色の具合がつかみにくい。いくつかアップしながら、さまざまなモニタで閲覧して、調子を整えていこうと思います。
 いま、黒目川にはほとんど鳥がいません。なのにきょう、6月30日の朝、ウグイスが鳴いていました。遊歩道を歩いている人たちと顔を見合わせながら、「今ごろ鳴くなんて変ですねえ」などと話し込んでしまいました。とっくに山に帰っているはずのウグイスが、突然鳴き始めるなんて、どうかしています。山に帰らない個体が、暑さにやられてしまったのでしょうか。明日も鳴くかしらん。
 カルガモたちは、相変わらず黒目川にいてくれます。「写真上」は、かなり大きくなったヒナです。4羽いたうちの1羽です。生まれたたてのときは、2倍はいたはずです。「写真中」と「写真下」は、親ガモです。
 
カルガモたち

カルガモたち

カルガモたち