おや、トンボさん2011/07/07

 落合川の源流は、東久留米市内にあります。最近、源流周辺を工事して、遊歩道が整備されました。まだ見たことがなかったので、寄ってみました。源流部は草がぼうぼうで、水が湧いているのかどうかは確認できませんでした。
 木陰で休んでいると、キラキラっと光るものがあります。トンボのはねでした。近寄ってみると、トンボはあっちを向いています。はねだけが光っていても、顔が見えないでは何にもなりません。
 ほかにトンボはいないのか。あちこち見渡すと、いましたいました。望遠レンズをマクロレンズにかえて、近寄って撮ったのが下の写真です。トンボでもチョウでも、同じ種類であっても個体によってすぐに逃げるものと、かなり近づいても逃げないものとがあります。このトンボは、目の前でレンズが動いても、まったく逃げませんでした。実におおらかです。
 とはいえ、トンボの名前がわかりません。図鑑を持っていないのも原因ですが、私にとっては、区別しにくい昆虫です。
 
おや、トンボさん

おや、トンボさん

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kurome.asablo.jp/blog/2011/07/07/5945905/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。