巣穴を掘るコゲラ2011/07/10

 先日、7月6日、木の幹に穴を掘っているコゲラを紹介しました。9日の朝、再び訪れたところ、相変わらずコゲラが穴を掘っていました。姿は見えませんでしたが、近くで別のコゲラが鳴いているのを聞きました。巣作りのようです。
 穴の奥に顔を突っ込んで、木屑をかき出しています。体の3分の2までは入る穴になっています。もう少し横に掘り進んでから、縦穴を掘ることになると思います。そこまでくれば、卵を産むかもしれません。
 コゲラは、日本列島、樺太、朝鮮半島、朝鮮半島に隣接する中国の一部に生息するの鳥です。日本にいるキツツキの中では最小で、15センチほどしかありません。コゲラは、小型のケラという意味で、ケラはキツツキの古名です。「ギー、ギー」と鳴くので、姿が見えなくてもすぐにわかります。
 
巣穴を掘るコゲラ
 
巣穴を掘るコゲラ

巣穴を掘るコゲラ

巣穴を掘るコゲラ

コメント

_ ジンママ ― 2011/07/10 16:00

ずいぶん穴を掘り進めたのですね。
こんなに小さな鳥が嘴ひとつで穴を明けて
凄いなと思います。特に、写真の様に木のカスを飛ばしながら
掘っているところを一度は見てみたいと思います。
音とか凄いのでしょうか?
8日、9日とカルガモの写真が載っていて、私も見たいな
と思っていたら見ることができましたが、海だと広すぎて
なかなか近くでは見られません。岸辺までは来るのですが
こちらが接近すると逃げてしまうのです(犬連れだから?)
近寄ってみるとこんなに可愛いのですよね。
それにしても毎日暑いですね・・・
暑い中、撮影に行かれているのでしょうか?

_ ジンママ様 ― 2011/07/10 19:43

この暑さのなかで、コゲラはせっせと穴を掘っていました。
コゲラは、枯れてしまった幹や枝を掘ります。
生木は堅いので掘らないのだろうと思います。
写真のコゲラの場合、距離があるので、音は聞こえませんでした。
穴を開け始めるときは、
距離があってもコンコンコンという音が聞こえたと思います。
掘り進んでしまうと、近くでも音は聞こえません。
ただ、今日見に行ったところ、コゲラはいませんでした。
もしかしたら、放棄してしまったかもしれません。
いろんなところを掘ってみるものなので、仕方のないことです。
カルガモの写真は、海で撮ったんですか。
都市部の鳥は人馴れしているので、わりと近くから撮れます。
東久留米では、犬を連れていてもいなくても、同じです。
写真を撮るのは、仕事に出かける途中です。
長い時間外にいるとバテてしまうので、
チャンスがあれば撮ることにしています。
なので、最近はいい写真がありません。

_ ジンママ ― 2011/07/10 22:30

お返事ありがとうございます。
音がするのは堀始めくらいで、その後はあまり
音を立てないのですね。
今日はもうコゲラがいなくて、色々なところを掘ってみる
というコゲラの習性にはまた驚きました。
都市部は鳥も人馴れしているとは驚きました。
誰も悪い事しないから逃げないのですよね。
それから・・・あれで良い写真が撮れていないなんてー
そうですか、いつも写真をみているとブレていないなと思います。
(手振れのブレという意味ではないです)
これからも写真、楽しみにしています。

_ ジンママ様 ― 2011/07/11 00:23

実は、きょう、コゲラを撮ろうと、カメラもレンズもかえて、
しかも三脚まで持ち出したんです。
紹介したコゲラの写真は300ミリのレンズを使い手持ちで撮ったのですが、
ピントがかっちり合っていませんでした。
600ミリ相当で撮れるように機材をかえたのですが、
コゲラは姿を見せませんでした。
2時間ほど待ちましたが、成果なし。
コゲラがいてくれれば、いい写真をお見せできたのですが。
鳥というのは、こうしたことがのべつあるので、思ったようにいきません。
鳥の種類も数も減っているので、夏の写真は難しいです。
そろそろアゲハチョウの数が増えてくるので、
チョウの写真が増えるかもしれません。
がんばって撮ってみます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kurome.asablo.jp/blog/2011/07/10/5948517/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。