昼寝をするゴイサギ2012/02/07

 黒目川遊歩道に沿って農家の庭があります。ここにはいろんな鳥がくるのですが、最近は木の上でゴイサギが昼寝をしています。早朝や夕方、夜中には川に降りてくるのですが、明るくなると枝の上でグーグーです。物音をたてると薄目を明けますが、すぐに目をつぶってしまいます。それでも警戒しているようで、枝が込み入っているところにいます。写真は、比較的よく見える場所にいたときのものです。
 ここには以前、ホシゴイ(ゴイサギの若鳥)がいました。成鳥になったのではないかと思われます。
 
ゴイサギ

ゴイサギ

コガモにもあえた2012/02/07

 落合川でやっとコガモにあえました。ずいぶん以前からコガモがいるという話は聞いていて、何回か探したのですが、あえずにいました。この冬としては初めての出合いです。ピリピリピリっと鳴きます。暖かくなれば北へ帰っていきます。
 コガモは名前のとおり小さなカモで、日本で見られるカモとしては最小です。全長は37.5センチ。おなじみのカルガモが61センチ、オナガガモのオスが75センチですから、半分程度しかありません。コガモのオス(上3枚の写真)はカラフルで、目にかかる濃い色が緑色に見えたり紺色に見えたりします。メス(いちばん下の写真)は地味ですが、明るい緑のラインが印象的です。
 
コガモ

コガモ

コガモ

コガモ