オイカワをくわえたダイサギ2012/03/24

 3月23日の朝は、サギが勢揃いしました。黒目川右岸の遊歩道を下流に向かって歩きました。左岸の木にゴイサギがとまっています。これはいつものこと。その下流に架かる橋の上に電線がわたっています。その電線にカワウが1羽とコサギが23羽。3月も半ばをすぎるとコサギが減り始めるのですが、23羽は今年に入って私が見た最大値です。これまでは16羽が最大でした。
 今年はコサギの数までおかしくなっているなあ、と思っている目の前にアオサギが飛んできました。川に降りて魚を探すようなそぶりを見せましたが、あっという間に飛び去りました。
 今度は、電線にいたコサギたちの大半が下流に向かって飛びました。カワウは動きません。いつもならカワウの後に続くのが普通です。またまたおかしなパターンです。コサギたちは200㍍ほど先に舞い降りました。急ぎ足で近づいてみると、コサギに混じってダイサギがいます。みんなで魚のとりっこをしています。時計を見ると、電車に乗る時間までに20分あります。ダイサギの写真を撮ることにして、動きを追いました。
 20分の間にダイサギは4匹のオイカワを飲み込みました。大小さまざまでしたが、2枚目と3枚目の写真は、同じオイカワです。どうやら婚姻色に色づき始めたオスのようです。
 
オイカワをくわえたダイサギ

オイカワをくわえたダイサギ

オイカワをくわえたダイサギ