鳴かないオオヨシキリ2012/06/07

 先日紹介したオオヨシキリはどうしているのか、再びさいたま市の田圃に行ってみました。現場にいたのは30分ほど。相変わらず、ギョギョギョという鳴き声がしています。おお、鳴いてる鳴いてる。どこで撮ろうかなと思案している目の前に、1羽がとまりました(1枚目)。さい先がいいじゃない。
 さっそく、ファインダーをのぞきました。下を向いたり上を向いたり、ひょうきんな格好はしてくれますが、どういうわけか、鳴きません(2枚目)。早く大口を開けて鳴きなさい。時間がないんだから。
 嘴がわずかに開きました。よし、鳴け! あれっ、下を向いて口を開けています(3枚目)。上を向かなきゃダメでしょう。おまけに声も出ていません。
 鳥をよく見ると、お腹がぷっくりしています(4枚目)。もしかすると、最近巣立った若様だろうか。まだ、ギョギョギョが出ないのかもしれません。その観察が正しいかどうかはわかりませんが、どこか子どもっぽい印象です。後ろ姿も載せておきましょう。(5枚目)

 さて、私のブログを見てくださるイラストレーターの方が、鳥のイラストを紹介しています。12~13年前に描いたものだそうです。リュックを背負ったオオヨシキリ、靴ひもをくわえたクロツラヘラサギ、首にバッグをかけたノビタキ、チョッキを着たヤマセミ、帽子をかぶったコマドリの5点。実にかわいいです。絵が描けるっていいですね。百聞は一見に如かず。「イラストレーター かけひろみのブログ」へどうぞ!
 
オオヨシキリ

オオヨシキリ

オオヨシキリ

オオヨシキリ

オオヨシキリ

コメント

_ かけ ― 2012/06/07 08:56

>早く大口を開けて鳴きなさい。時間がないんだから。
kuromeさんがオオヨシキリにお願いしてはる様子を想像して
笑ってしまいました。
朱色の口の中を見せて上を向いてる「ギョギョギョのオオヨシキリ」
のお写真はバックの緑との対比もあって、とても楽しいなあって
思ってたのですがやはり色々御苦労があるのですね。
でも今回の1枚目もすごく好きです。
そして鳥のイラストをご紹介いただいて恐縮です。
ありがとうございます!!

_ ももごろう ― 2012/06/07 17:54

美しいですね~、素晴らしいですね、この色彩!

縦線が多いと構図を決めるのが難しいですが、どの写真もごちゃごちゃせずにとても自然ですね。んんー、きれい。

_ ももごろう様 ― 2012/06/07 23:07

ありがとうございます。
まさにその縦線をどうやってクリアするのかが、難関でした。
葦だけでなく、手前には雑草の葉がたくさんあって、かぶってしまう。
後ろにある木の緑も生かしたい。
こちらは農道から撮っているので、左右にしか動けない。
その条件の中でなんとか撮りました。
なので、「美しい」といっていただけて、ホッとしました。

_ かけ様 ― 2012/06/07 23:23

1枚目、いいですか。ありがとうございます。
私も1枚目がおすすめです。
このくらい周りを入れて撮ると雰囲気が出ますよね。
でも、同じような画角の写真を並べても変化がないので、
ついついアップにしたり、縦位置にしたり、いろいろやってしまいます。
限られた時間で写真を撮らざるを得ないので、
いつも鳥さんにお願いするんです。
早く鳴け! 早く飛べ! こっちへ来い!
でもねえ、日本語が通じないんですよ。
まして渡り鳥だと、まず理解してくれません。
バイリンガルでやってくれ、と思うのですが、
はなから人間の言葉がわからないんだから、仕方ないですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kurome.asablo.jp/blog/2012/06/07/6471111/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。