ちょこんと1羽 カワラヒワ2017/05/15

 畑の前を自転車で走行中、茶色っぽいものが見えました。一旦、行き過ぎてから自転車をとめ、あるいて戻りました。
 曇っていて逆光気味なので、よく見えません。どうも鳥らしい。スズメほどの大きさですが、姿勢がいい。スズメは体が横になるのですが、この鳥は立っています。「逃げるなよ」と念じながらコンデジをカバンから取り出して、レンズを繰り出しました。カワラヒワです。シャッターを切り始めたらいそいそし始めて、飛び去ってしまいました。
 カワラヒワは群れで行動するので、近くに仲間がいるのかもしれません。しかし、それは確認できませんでした。
 カワラヒワは、スズメ目アトリ科の鳥で、体長は14-17cm。図鑑によれば、留鳥または漂鳥として九州以北に分布します。ちなみにスズメは14cm。
 東久留米でもカワラヒワはよく見ます。警戒心が強いのか、私には撮りにくい鳥です。うまく撮れたことがありません。
《Panasonic Lumix-FZ200》
 
カワラヒワ

カワラヒワ

カワラヒワ