空を行くコサギ2018/01/22

 午前8時すぎ、黒目川の上空をゆくコサギです。悠然と飛んでいたので、ついシャッターを切ってしまいました。数日前に撮った写真です。
 
空を行くコサギ

空を行くコサギ

空を行くコサギ


大雪にやられた話

 きょうは、午後から本格的な雪になりました。新宿から東久留米の自宅まで、帰路は3時間15分もかかりました。池袋までは電車が遅れた程度ですんなり。JRの改札を出ると、西武線の改札方向に人が並んで、ごったがえしています。なんだと思ったら、西武線が入場制限をしていました。電車のポイントが云々といっていましたから、電車が止まっているようです。電車が動いたとしても、いつ乗れるか分かったものではありません。

 地下鉄有楽町線を使って小竹向原まで行けば、副都心線から西武線に入る電車に乗れるかもしれません。駅員に「練馬まで行けますか」と聞いたら、「遅れていますが、動いてはいます」といわれたので、西武線とつながっているようです。しかし、西武線の本線が入場制限すているような状態なので、イチかバチかの選択です。有楽町線はあまり混んでいなかったので、やってみることにしました。

 有楽町線は東武鉄道ともつながっています。その電車が来たので小竹向原まで乗りました。ガラガラで座っていけました。小竹向原に着くと、西武線直通の電車が待っていました。しかし、大混雑。とっても乗れる状態ではありません。「この後の西武線直通が来るのは30分後の見込みです。なるべくこの電車に乗ってください」と駅のアナウンス。でも、無理です。やり過ごしました。西武直通を待っている間、東武直通はどんどん来ます。電車は空いています。西武直通を待つ人はどんどん増えていきます。カメラを入れた大きなリュックを持ってたこともあって、ぎゅう詰めは避けたい。

 そこで考えました。小竹向原から西武線の江古田までは15分もあれば行ける距離です。大雪の中なので20分ちょっとかかるとしても、池袋駅のような混雑はないはずです。各駅停車しか止まらない駅なので、ぎゅう詰めにはならないのではないか。

 小竹向原を出て江古田に向かって歩き始めました。予想以上に雪が深い。傘を突き刺して深さを測ってみると、多いところでは20cmほど積もっています。車が来ないので、タイヤの跡の上を歩きました。雪は本降り。時折、強い風が吹き抜けました。

 20分もかからずに江古田に到着。なんと、急行電車が止まっています。ドアは閉まったまま。「複数の駅で点検する必要があって止まっています」のアナウンス。ドアが開きました。長い停車になりそうです。車内を見ると、ぎゅう詰めの車両と比較的空いている車両とがあります。すべてのドアが開いていると寒いので、1車両につき1つのドアだけを開けておくことに。立って待つのもつらいので、ホームの待合室に行きました。あたたかい。椅子も空いている。トイレに行ってから待合室で座って待つことにしました。

 30分ほどたったころ、「空気を入れ替えます」のアナウンスがあり、ドアがすべて開きました。降りてくる人が何人もいます。トイレに行きたい人たちです。駅員に動きがあったので、そろそろ動くかもしれないと思い、再度トイレに行きました。臨時停車している急行なので、車内のアナウンスは「次にとまる駅は石神井公園」といっています。距離があります。途中、駅ではないところで停車されたらたまらないと思ったので、念のためトイレに行っておいた、というわけです。

 トイレから帰ってくると、「電車に乗ってお待ちください」と駅のアナウンス。動く! 空いた車両に飛び乗りました。2~3分後、電車は動きました。石神井公園、ひばりが丘まで順調に走行。ひばりが丘で各停に乗ることができました。

 東久留米駅で降りて黒目川遊歩道を30分以上歩いて帰るか、清瀬駅まで行って15分歩いて帰るか。雪の写真を撮るなら、東久留米下車です。しかし、江古田周辺で20cmも積もっているなら、黒目川遊歩道はもっと積もっているはずです。人もあまり歩かないだろうから、深い雪を覚悟しなければなりません。歩きにくい長靴なので、膝が壊れそうです。滑ってゲガでもしたら大ごとになりかねません。疲れてもいたので、清瀬で降りて無難に帰りました。

 明日の朝、写真が撮れるだろうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kurome.asablo.jp/blog/2018/01/22/8774869/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。