大物ゲットのカワウ2019/11/26

 早朝、朝日が川面に届かないころ、魚を狙うコサギを橋の上から見ていました。大物をゲットしてくれないものか。目を左に振った瞬間、川面で白い物が動いたような気がしました。そこに目を向けると、カワウが大物を口にくわえているではありませんか。暗い川面に黒い鳥、魚は白っぽい。撮りにくそうと思いつつも、とりあげずシャッターを切り続けました。カワウはすぐに飲み込んでしまうので、考えている暇はありません。
 カワウに飲み込まれた魚は、久しぶりの大きさです。オイカワでしょうか、カワムツでしょうか。予測で書くと外れることが多いので、どちらかということにしておきます。
 
大物ゲットのカワウ

大物ゲットのカワウ

大物ゲットのカワウ

コメント

_ Green Cherokee ― 2019/11/30 09:27

kuromeさん、おはようございます。
あれま~ なんと鮎ではないですか!! 決定的な写真は3枚目です。しっかりと脂鰭が写っています。
昨年12月、この川で良く会う埼玉南部漁協のスタッフさんが、鮎が初めて越冬したのでは・・・と言いつつ愛おしそうに水面を眺めていらっしゃいました。
カワウに飲まれず、何とか生き延びて欲しいですね・・・

_ Green Cherokee様 ― 2019/11/30 22:39

こんばんは。
な、な、なんと、鮎ですか!
またまたはずれてしまいましたね。
今季は、鮎の群れをみなかったので、いないとばかり思っていました。
越冬した可能性があるわけですか。びっくりです。
脂鰭というのを初めて知りました。
3枚目の不鮮明な写真からそれを見つけて決め手とおっしゃる。
脱帽です。
鮎がいるとなると、楽しみが増えました。
サギが食べてくれると写真が撮りやすいので、期待してみます。
ありがとうございました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kurome.asablo.jp/blog/2019/11/26/9181730/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。