赤い実とヒヨドリ2020/01/07

 元日の昼、年賀状を出しに郵便ポストに向かっていたら、ヒヨドリが20羽ほど頭上を通過していきました。そんなに群れることってある? 何が起きているのか、行方を追いました。なんと、すぐ近くの木に吸い込まれていくではありませんか。その木を見て、あっと声が出そうになりました。
 木には赤い実がびっしり。そんな木が3本あります。1本は郵便ポストと隣り合わせています。急いで年賀状を投函して、カメラを取りに家に戻りました。それにしても、近所に赤い実がなる木があったっけ? 灯台もと暗しでした。
 カメラをもって、離れたところに立っていると、ヒヨドリたちは木の奥から出てきません。数十羽はいそうで、奥にある実を食べているようです。木から木へ移動しているヒヨドリもいます。これでは写真になりません。とにかく動かずに待つことにしました。なんとか撮ったのが下の写真です。
 きょうは1月7日。すでに赤い実はほとんどなくなりました。すさまじい食欲です。
 
赤い実とヒヨドリ

赤い実とヒヨドリ

赤い実とヒヨドリ

赤い実とヒヨドリ

コメント

_ Uta ― 2020/01/08 10:22

こんなに赤い実がたわわに成っているので
冬でも食べるものに困りそうもなりですね。
先日、落合と黒目川にちらっと行きました。
水鳥以外はメジロやキセキレイしか出会えませんでした^^;
滞在時間が短いので仕方ありません。
エナガさんいつかは撮ってみたいです。

_ Uta様 ― 2020/01/09 00:07

こんばんは。
この赤い実は、団地の横にある街路樹なんです。
こういう木も鳥たちの役に立っているようです。
残念ながらなんという名前の木なのか、わからないんです。

東久留米にいらしたんですね。
エナガに会えませんでしたか。残念でした!
気を利かして出て来てほしいですね。
また、時間があるときにぜひいらしてください。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kurome.asablo.jp/blog/2020/01/07/9199466/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。