暗い川を飛び立つダイサギ2020/01/29

 1月27日の夜から降り始めた雪は、日をまたいで降り続いたものの、雨に変わりました。積もった雪は28日の朝にはほとんど消え、畑や土手にわずかに残る程度になっていました。29日午前零時半をすぎたいま、大ぶりの雨です。午後には晴れるようですが、早く青空が見たい。
 28日の朝、雪が降った後の黒目川は、水が黒っぽく濁っていました。雨も降っているので、風景全体がどんより。ダイサギが土手から川を見つめていたので、背後からカメラを構えました。ダイサギは私を気にして、そわそわし始めました。飛ぶかもしれません。いつでもシャッターを切れるようにして待ちました。案の定、飛びました。対岸まで飛んだだけなので、短距離飛行でした。
 
飛び立つダイサギ

飛び立つダイサギ

飛び立つダイサギ

魚を銜えたダイサギ2020/01/29

 曇りが続いていたころ、なぜか急にマニュアルレンズで撮りたくなって、ピンボケ写真になりかねないと思いつつ、黒目川に出てみました。いつもよりは上流に行ってみたら、ダイサギが水の中を覗き込んでいました。腹ペコなのかもしれません。しばらく動きを観察しました。
 水草のあるところで頻繁に嘴を突っ込んでいます。魚が隠れているようです。ピント合わせに集中しながら動きを追っていたら、魚を銜えてくれました。あまり大きくありません。何枚か撮ったあとに確認してみると、ピントはなんとかなっているようです。魚はオイカワのように見えます。
 
魚を銜えたダイサギ

魚を銜えたダイサギ

魚を銜えたダイサギ