夕日に向かって2020/02/09

 昔の青春ドラマじゃないけれど、夕日に向かって飛び立つダイサギを。「青春とはなんだ!」なんてことを考えながら飛んで行ったわけではないと思いますが…。

夕日に向かって飛び立つダイサギ
 
夕日に向かって飛び立つダイサギ

夕日に向かって飛び立つダイサギ

夕日に向かって飛び立つダイサギ

コメント

_ ももごろう ― 2020/02/11 09:17

特に最後の一枚はその感あり!ですね。(^o^)

一連の青春ドラマ、リアルタイムで見た最後の世代にあたるかなぁ。
現在居住地の県知事が竹刀振り回して砂浜を走り回っていた作品、竜雷太の真っ赤な太陽、村野さんの太陽がくれた季節(これは主題歌か)、俺たちの旅の「夢の夕陽はコバルト色の空と海~まじわってただ遠い果て♪」、夕日が丘の総理大臣、等々。

青春にはやはり夕陽と水辺がつきものですね。(^^)

_ ももごろう様 ― 2020/02/12 18:02

お返事が遅れてすみません。
最近、書いたつもりになってしまうことが多くて、我ながら困ってます。

全部見てたんですか?
私は竜、村野の2つしか記憶がないんですよね。
某知事も知ってますが、見なかったのではないかと思います。
あの時代は単純で分かりやすかったですね。
いまはもう嘘くさくて無理でしょう。
でも青春を象徴するものとしては夕日に代わるものが出てきませんね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kurome.asablo.jp/blog/2020/02/09/9212070/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。