ハナミズキの枝にとまるヒヨドリ2020/02/18

 黒目川沿いの公園でベンチに腰掛けていたら、目の前にあるハナミズキの枝にヒヨドリがとまりました。どうせすぐに飛んでいくだろうと思って放っておいたのですが、いつまでたってもとまったまま。枝が多くて撮りにくかったのですが、せっかくなのでシャッターを切ることにしました。
 このヒヨドリは、妙に丸っこいです。寒くもないのに何を縮こまっているのでしょうか。嘴の付け根辺りに花粉がいっぱいついています。桃の花の蜜を吸ってきたようです。逆光でヒヨドリの目が生きる角度を探しながら撮りました。一応、順光でも撮っておきました。ヒヨドリにかまけて、ハナミズキの枝らしさまで神経がまわりませんでした。
 
ハナミズキの枝にとまるヒヨドリ

ハナミズキの枝にとまるヒヨドリ

ハナミズキの枝にとまるヒヨドリ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kurome.asablo.jp/blog/2020/02/18/9215340/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。