夕暮れに輝く水面とカルガモ2020/12/23

 今の時期は1年でいちばん昼間が短いので、すぐに暗くなってしまいます。午後4時半まで写真が撮れれば御の字です。
 3時55分ごろ、黒目川の川面が夕日で色づいていました。そこにカルガモがいます。現場に近づくと、輝きが遠ざかるというか消えるというか、そんな状態になります。いちばんきれいに見える場所は、かなり距離をとらなければなりません。こういうときは超望遠のレンズがほしいところですが、手に持っていたのは300mmレンズ。風景の中にカルガモを置く感じで撮りました。
 
輝く水面とカルガモ

輝く水面とカルガモ

輝く水面とカルガモ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kurome.asablo.jp/blog/2020/12/23/9329857/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。