冬の使者 ヒドリガモがやってきた2021/10/28

 東久留米市を流れる清流、落合川に今年も北の国からヒドリガモがやってきました。夕方、久しぶりに行ってみたら、10羽いました。いつやってきたのかは確認できませんでした。例年30羽程度は来るので、先遣隊といったところか。この2~3年は、黒目川にもやってきます。コサギもちょっとだけ数が増えました。ダイサギは1羽来ています。アオサギは1羽に減ったかもしれません。スズメが群れています。エナガもたまに見るようになりました。ジョウビタキの鳴き声を遠くに聞きました。とはいえ、やっぱり鳥が少ないです。
 
ヒドリガモ

ヒドリガモ

ヒドリガモ

ヒドリガモ

ヒドリガモ

コメント

_ ももごろう ― 2021/10/29 08:32

でこっぱちのヒドリガモ、元気そうですね~。
口笛を吹くような独特の鳴き声が聞こえてくるようです。
鳥の数が減っているのですか?気になりますね。

_ 黒目川を散歩してる者です ― 2021/10/29 14:47

昨日 6時半頃、ヒドリガモの雌を黒目川で一羽見ましたよ。
毎朝歩いていますが、この秋初めて見ました。

本日、29日の昼頃、大円寺の側の橋の下に
夏場見えなかった【バンの幼鳥】を一羽見ました。
いよいよ、黒目川も賑やかになり、散歩も楽しみです。

_ ももごろう様 ― 2021/10/29 23:38

こんばんは。
ヒドリガモは、かわいいですよね。
この小さな体で海を渡ってくるのですから、たいしたもんです。
一度、編隊を組んで飛んでいる姿を見たことがありますが、
ものすごいスピードでした。
落合川、黒目川を合わせて40羽くらいにまで増えるのではないかと思います。

_ 黒目川を散歩してる者です様 ― 2021/10/29 23:41

こんばんは。
黒目川にもヒドリガモがいるのですね。ありがとうございます。探してみます。
バンの幼鳥、私も数日前に同じ場所で見ました。
かなり遠くからだったので、バンなのかオオバンなのか、区別がつきませんでした。あっという間に藪に入ってしまったので、気になっていました。写真が撮れたら紹介してみます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kurome.asablo.jp/blog/2021/10/28/9435803/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。