1年ぶりのコゲラ2022/02/23

 黒目川の遊歩道で木の上を見上げている二人連れがいました。「あっ、動いている」などといっています。私も真似して見上げてみると、かなり高いところにコゲラがいます。写真は無理だなと思って、少し離れた場所で人がいなくなるのを待ってみました。この時、遊歩道の人通りはあまりありませんでした。もしかすると、コゲラが下りてきてくれるかもしれません。
 待った甲斐があって、コゲラが飛んで低い位置に来ました。そっと近づいてシャッターを切りました。私の姿を見て、一人の女性が立ち止まったようです。撮り終えてから声をかけられました。
 「あれは、なんていう鳥なんですか」
 「コゲラといって、いちばん小さいキツツキです」
 「キツツキって、もっと大きな鳥だと思っていましけど…」
 「もっと大きなキツツキもいますけど、コゲラは本当にちいさいんです。この体で木に穴をあけてしまうんですから、すごいですよね」
 「市内に住んでいるんですけれど、家の近くでは見たことがありません」
 「お近くに雑木林があれば、いるかもしれませんよ」

 私個人の体験ですが、10年前に比べて、コゲラを見る機会は減っています。鳥自体が減っているのか、見る機会に恵まれないのか。拙ブログでコゲラを紹介するのは、1年ぶりです。川にあった木が切られ、周辺の木々もいろいろな事情で減っているので、鳥たちが来てくれなくなっているのかな、と感じています。
 
 コゲラは、キツツキ目キツツキ化の鳥で、体長は15cm。ほぼスズメの大きさです。日本列島、サハリン、中国東北部、朝鮮半島東部など東アジアの一部に分布しています。

1年ぶりのコゲラ

1年ぶりのコゲラ

1年ぶりのコゲラ

1年ぶりのコゲラ

コメント

_ U-tan ― 2022/02/24 19:07

コゲラも少なくなっているのですね。
そういえば、だいぶ前にうちの庭にも来たことがありました。
ヒマワリの種を置くと、シジュウカラからカワラヒワ、シメまで
来たことも。でも家がどんどん建って環境が変わると
少なくなりますよね。伐採が一番絵以上ありそうです。
下の記事の川面の焼けた色綺麗ですね^^

_ U-tan様 ― 2022/02/24 21:24

こんばんは。
厳密な意味でコゲラが減っているかどうかはわかりませんが、
私の体験では減っています。
守るべき自然をはっきりさせて、必要以上の伐採を食い止めないといけないと思っているのですが、課題としてはなかなか難しいですね。
気候変動への危機感がもっと増してくれば、議論が広がるかなと期待もしていますが…。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kurome.asablo.jp/blog/2022/02/23/9466830/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。