日没のカルガモ2022/05/25

 1年のうち、昼間がもっとも長いのが今の時期です。午後7時をすぎても空は明るく、谷になっている黒目川でも鳥の存在を見分けることができます。とはいえ、写真を撮るとなると、相当感度を上げなければなりませんが。
 午後7時10分、川の流れが見やすい場所にカルガモがいました。周辺の街路灯が川面に反射しています。どんな写真が撮れるのか。残念ながら、うまく撮れませんでした。
 
日没のカルガモ

日没のカルガモ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kurome.asablo.jp/blog/2022/05/25/9494008/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。