コサギとアオサギ2017/09/08

 久しぶりにコサギを見ました。板ころのコンデジしか持っていませんでしたが、逃げられないように遠くから撮ることにしました。電源を入れてかめらを構えたら、土手の茂みからアオサギが登場しました。2羽を一緒に撮ってやろうとちょっと本気になりかけたとたん、アオサギが飛び立ってしまいました。それを見ていたコサギも離陸。あっという間に、2羽の姿が消えました。
《Nikon COOLPIX S9900》
 
コサギ

コサギ

コサギとアオサギ

コサギとアオサギ

アオサギにまだ嫌われている2017/08/30

 きょう8月30日は、強烈なゲリラ豪雨が東久留米周辺を襲いました。仕事に出ていて現場を見てはいませんが、ニュースに東久留米市や隣接する埼玉県新座市が出てきたので、猛烈だったようです。常識的な雨に戻ってほしいです。夏の夕立には風情がありましたが、ゲリラ豪雨は危険しかありません。
 数日前、アオサギに出くわしたのでカメラを向けると、すぐに飛ばれてしまいました。ちょっと先に舞い降りたので再びカメラを構えると、また飛んでいきます。このアオサギには嫌われ続けています。
《Panasonic Lumix-G2 + Panasonic 45-200mm》
 
アオサギ

アオサギ

アオサギに嫌われた2017/08/11

 春から黒目川にいるアオサギと相性が悪くなってきました。最近、私の姿を見ると飛んで行ってしまいます。これといて何かをしたわけでもないのに、なぜ逃げる? 
 きょうも、魚を捕ろうとしていたので、遠くからシャッターを切りました。青サギは魚に夢中で、私に気がついていません。カメラを構えたまま少しずつ寄っていったら、気づかれてしまいました。いそいそと体を起こし、風上に体を向けて飛び去りました。仲良くしてよ! ほかに鳥がいないんだから。
《Panasonic Lumix-FZ200》
 
アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギが立つ2017/07/27

 姿勢がいいアオサギです。暑いのにだれた顔をしていないところが偉い!
 それにしても、私が歩いている範囲の黒目川に鳥がいません。毎年減っていくような気がします。一時的な大雨で下流に流されたのでしょうか、カルガモの数もめっきり減ってしまいました。
 鳥の減少は、桑の木が伐られてしまったことが影響しているのではないとか思っています。一方で、ゲリラ豪雨による洪水を避けるために川の中に生えている木を切る必要もあるのかなとも思うので、気持ちは複雑。
《Panasonic Lumix-G6 + 100-300mm》
 
アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギに出し抜かれた!2017/07/18

 暑いし鳥はいないしと思って、コンデジ1つをカバンに入れて駅に向かいました。黒目川遊歩道を自転車で走行していると、アオサギが見えました。橋の真ん中からよく見えそうです。時間に若干余裕があったので、自転車を止めてアオサギを見ていました。念のため、コンデジを持って。
 石がごろごろしている場所にアオサギはいます。突然、姿勢を落としました。魚を狙う格好です。浅い場所なので捕れても小さい魚だろうと思って、カメラの電源は入れずにおきました。そうしたらなんと、大きな婚姻色のオイカワを嘴にくわえているではありませんか。今季、これだけのオイカワを見るのは初めて。慌てて電源を入れて撮り始めたら、アオサギはオイカワを隠すように背中を見せてしまいました。
 オイカワをゲットする瞬間ものがし、飲み込む姿ものがし、さんざんでした。原因は、カメラの良し悪しではありません。油断したのがいけませんでした。ちょっとだけ反省。
《Nikon COOLPIX S9900》
 
アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギ

荒れ地に飛ぶアオサギ2017/07/07

 いつもの黒目川。アオサギが飛んでくれたのはいいけれど、背景が最悪でした。一時的な大雨で川が増水し、草をなぎ倒してしまいました。そこを飛んだものだから、荒野の写真になってしまいました。バックの処理が、なんて余裕はどこにもありませんでした。
《Panasonic Lumix-FZ200》
 
アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギ

夏のアオサギ2017/07/07

 やっと夏らしい写真が撮れました。今年は梅雨らしくない日が続き、いまになって大雨がきました。黒目川の岸に生えた草がなぎ倒されています。しかし、水量は一気に減り、この時期としては川に深さがありません。写真のアオサギが歩いているところは、こんなに浅くては困る場所です。
 九州豪雨の被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。
《Panasonic Lumix-FZ200》
 
夏のアオサギ

夏のアオサギ

夏のアオサギ

夏のアオサギ

仙人になったアオサギ2017/06/02

 アオサギって、どうして変な写真が撮れちゃうんでしょうねえ。何の前触れもなく口を開けることがあります。魚を食べた直後でもなく、ペリットを吐いているようでもなく…。
 おかしいのは、そのあとで羽が逆毛だってしまうところです。鳥仙人と呼んでやりましょうか。
《OLYMPUS STYLUS SH-60》
 
アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギ