初夏 サギがいる風景2017/05/21

 黒目川が直線で見渡せる場所に、アオサギとコサギがいました。草が生い茂って遊歩道からは見えません。橋に立って眺めています。しかし、遠い! 奥にいるアオサギは婚姻色です。手前のコサギも婚姻色です。婚姻色同士が並んだところをアップで撮りたくてしばらく待っていましたが、コサギが飛び去ってしまいました。チャンスは訪れるだろうか。
《Panasonic Lumix-FZ200》
 
サギがいる風景

サギがいる風景

サギがいる風景

サギがいる風景

アオサギに接近するアオダイショウ2017/05/20

 黒目川に架かる橋を渡っていたら、アオサギを発見しました。深さがある場所で土手に近いところにいたので、婚姻色になりはじめたカワムツを捕ってくれないかなあ、と期待しながら見ていました。
 と、そこへ、私の大嫌いなものが近づいていくではありませんか。アオダイショウです。それもデカイ。さてどうなるのか。この場合、アオダイショウが攻撃を仕掛けることは考えにくいです。アオサギが腹ペコならば、がぶりといくかもしれません。
 アオサギは雑食で、魚だけでなくネズミも食べますし、ヘビも食べます。両者の距離はどんどん近づいて、ヘビがアオサギを通り過ぎていきました。アオサギはまったくの無関心。怖いもの見たさで期待した私がばかだったのね。
《Panasonic Lumix-FZ200》
 
アオダイショウ

アオダイショウ

アオダイショウ

アオダイショウ

カラシナとアオサギ2017/05/16

 またまた婚姻色のアオサギに出合いました。黄色い花のカラシナの奥にいます。そのカラシナは最盛期をとっくにすぎ、花も小さくなってしまっています。ボリュームがありません。最盛期にアオサギが来るのをどれほど待ち焦がれたか。今になって来てくれても、ちっともうれしくない。とかなんとかいいながら、シャッターを切っていました。
 アオサギの後ろにあるオオカワヂシャが横に倒れています。雨が降って一時的に水量が上がったためです。荒れた感じになってしまいました。
《Panasonic Lumix-FZ200》
 
カラシナとアオサギ

カラシナとアオサギ

カラシナとアオサギ

カラシナとアオサギ

カラシナとアオサギ

日没前のアオサギ2017/05/14

 「アオサギみてある記」みたいになってきました。どこかで方向を切り替えないといけませんね。といいながら、今回もまた婚姻色のアオサギです。
 太陽が地平線に隠れるころのアオサギです。空はまだ明るいけれど、谷になっている川面はかなり暗いです。そのなかでアオサギは、魚を捕っていました。相変わらず小物です。大物が減ってしまったのでしょうか。ぜひ、大きいのを銜えてほしいです。
《Panasonic Lumix-FZ200》
 
日没前のアオサギ

日没前のアオサギ

日没前のアオサギ

日没前のアオサギ

日没前のアオサギ

日没前のアオサギ

いきなり飛んじゃったアオサギ2017/05/12

 足の痛みは少しずつ引いてきました。一眼レフを持ったらまだ重く感じるので、ミラーレスを持ち出してみました。
 黒目川でアオサギを発見。これまで紹介してきた婚姻色とは雰囲気が違います。別の個体のようです。前回紹介した、上流から飛んで来たアオサギなのか。どうもよくわかりません。
 せっかくなので撮っておこうとカメラを構えたら、飛でしまいました。大きな魚をゲットしてほしかったのに、残念至極。それきりどこかへ行ってしまったので、写真はこれだけです。
《Panasonic Lumix-G7 + 14-140mm》
 
アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギ2羽でお祭り騒ぎ2017/05/12

 先に書きますが、お祭り騒ぎになったのは、アオサギではなく、私です。というのも―。
 私の好きな婚姻色のアオサギをみつけたので、写真を撮ろうとしていました。ファインダーをのぞこくついでに上流に目をやったところ、遠くから別のアオサギが飛んできるではありませんか。猫と同じで、動いているものを見ると撮りたくなる。つい、飛んでくるアオサギにカメラを向けてしまいました。それが失敗だったんです。
 手前にいる婚姻色のアオサギに広めの画角で焦点を合わせて待っていれば、2羽の絡みが撮れた可能性が高かった。飛んで来たアオサギが着水するところまでカメラで追ってしまったため、着水と同時に婚姻色のアオサギが飛び立ったところを撮り逃しました。電動ズームのコンデジだったので、これは致命的。婚姻色のアオサギを追いかけて、着水したアオサギも飛び立ったものだから、どっちがどっちかもわからなくなってしまいました。あれよあれよという間に、2羽のアオサギは飛び去っていきました。
 たぶん、5枚目までは上流からやってきたアオサギです。6枚目は、先頭を行くのが婚姻色のアオサギだと思われます。しかし、写真を見ると、2羽とも婚姻色のような気もします。完璧にお祭り騒ぎでしょ!
《Panasonic Lumix-FZ200》
 
アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギ

緑に埋まるアオサギ2017/05/10

 ちょっとだけ足の具合がよくなったと感じたので、久しぶりに一眼レフを持ち出しました。ニコンではもっとも小さい部類のカメラとレンズ。それでも重かった。当分、コンデジが続きそうです。
 黒目川の土手は緑であふれています。橋の真ん中に立って上流と下流を眺めてみると、下流に婚姻色のアオサギがいました。距離があるので、緑を活かして撮ってみることにしました。
《Nikon D5200 + AF-S NIKKOR DX 55-300mm》
 
緑に埋まるアオサギ

緑に埋まるアオサギ

緑に埋まるアオサギ

緑に埋まるアオサギ

緑に埋まるアオサギ

緑に埋まるアオサギ

飛んでくれたアオサギ2017/05/09

 婚姻色のアオサギを続けて紹介してきました。そろそろ写真がなくなってきたと思っていたら、今朝、再び出合うことができました。うす曇りなので、きれいに撮れそうです。飛ぶ姿が撮れていないので、できれば飛んでほしい。
 近くで自転車ブレーキ音が聞こえた瞬間、アオサギが飛び立ちました。音に驚いたようです。シャッターを切るタイミングが遅れたものの、なんとか写真にすることができました。
 驚いたわりには100mも飛ばないで舞い降りたのをみると、このアオサギはいかにも市街地の鳥らしい。
《Panasonic Lumix-FZ200》
 
飛んだアオサギ

飛んだアオサギ

飛んだアオサギ

飛んだアオサギ