頭上を行くダイサギ2017/12/14

 午前7時40分すぎ、私の頭の上をダイサギが悠然と飛んでいきました。滑空のうな状態だったのでスピードはそれほどでもありません。ダイサギをファインダーで追いながら、体全体が収まるような感じで撮ってみました。なかなか貫禄があります。黒目川で確認できたダイサギは3羽。もう少し増えてほしい。
《Nikon D7100 +70mm-300mm》
 
頭上を行くダイサギ

頭上を行くダイサギ

頭上を行くダイサギ

頭上を行くダイサギ

飛び去るダイサギ2017/12/08

 いつもの黒目川です。川の流れが激しい場所にダイサギがいました。水の色も濃い目の青でいい雰囲気です。じっくり撮ろうと思って、少しずつ近づき始めました。なにしろ、私の顔を見ると逃げ出す相手なので、慎重にいかなければなりません。しかし、2歩進んでカメラを構えたところで飛ばれてしまいました。ゆっくりピントを合わせている余裕なし。やぶれかぶれでシャッターを切ったら、案の定、ピントがきていませんでした。ダイサギの格好がいいので、紹介してみます。
《Nikon D5200 +55mm-300mm》
 
飛び去るダイサギ

飛び去るダイサギ

飛び去るダイサギ

飛び去るダイサギ

今季のダイサギは人見知り2017/11/28

 最近、ダイサギをよく見ます。たった1羽ですが。遠くから写真を撮っていれば逃げませんが、ちょっと近づくと飛んで行ってしまいます。ずっと黒目川にいて、だんだん人に馴れてくれればいいんですが…。
《Nikon D5200 +55mm-300mm》
 
ダイサギ

ダイサギ

ダイサギ

ダイサギ

ダイサギは首長竜2017/11/01

 魚を狙って首を伸ばすダイサギ。このまま巨大化したら恐竜だ。
《Nikon D5200 +55mm-300mm》
 
ダイサギ

ダイサギ

ダイサギ

ダイサギ

ダイサギ

ダイサギ現る!2017/10/31

 黒目川遊歩道で、私の後ろから頭上を飛んでいく鳥がいました。サギです。コサギにしては大きいなと思いながら行方を追うと、100mほど先で川に降りました。嘴が黒くはなかったようなので、ダイサギかもしれません。
 ちょっと早足になって進むと、正面からコサギが飛んで、また頭上を通過していきました。さっきの鳥が帰ってきたのかしらん? ということはコサギ? かまわず進むと、白いのがいました。やっぱりダイサギでした。今季初見です。
 ダイサギは秋から春にかけて黒目川で見ることができます。といっても、多くて数羽。1羽しか来てくれないこともあります。夏場は姿を消してしまいます。
 きょうのダイサギは、あまり人見知りしないタイプのようで、私が移動しながらシャッターを切っても、どこ吹く風でした。
 2週続いた台風で、土手の植物はぼろぼろ。秋らしい雰囲気が出ません。
《Nikon D5200 +55mm-300mm》
 
ダイサギ

ダイサギ

ダイサギ

ダイサギ

ダイサギ

ライオンになったダイサギ2017/07/01

 へんてこりんな題名ですが、北風に吹かれて逆毛立つダイサギです。これも今年1月の写真。夏場はダイサギが来てくれないので、黒い嘴を紹介できないのが残念です。
《Nikon D7100 + AF-S NIKKOR 70-300mm》
 
北風に吹かれるダイサギ

北風に吹かれるダイサギ

北風に吹かれるダイサギ

寒さに負けないダイサギ2017/06/28

 1月半ばの午前7時。空は明るいものの、日差しはまだ届かない。霜が被った土手の前からダイサギが飛び立ちました。シャッタースピードが上がらないので、引いて撮りました。ダイサギは寒さが苦にならないのでしょうか。平気で飛び回ります。
《Nikon D7100 + AF-S NIKKOR 70-300mm》
 
飛び立つダイサギ

飛び立つダイサギ

飛び立つダイサギ

飛び立つダイサギ

飛び立つダイサギ

魚をくわえ直すダイサギ2017/06/13

 魚を飲み込むときは、頭から。くわえ方によっては飲み込みにくいので、一度空中に浮かしてからくわえ直します。このときが危険で、慌てると魚を落としてしまいます。今回は、うまくいきました。1月の写真です。
《Nikon D7100 + AF-S NIKKOR 70-300mm》
 
魚をくわえ直すダイサギ

魚をくわえ直すダイサギ

魚をくわえ直すダイサギ

魚をくわえ直すダイサギ