口を開けるハクセキレイ2019/05/01

 2羽のハクセキレイが追いかけっこをしていました。喧嘩をしているのか、求愛活動なのか、さっぱりわかりません。そのうちの1羽が橋の手すりにとまって、もう1羽の動きを見ています。慌てて写真を撮ったら、ハクセキレイは口を開けています。ということは鳴いていた? あれっ、鳴き声を覚えていない! 追いかけっこのときも鳴いていたかもしれませんが、記憶にない! 寄る年波には勝てぬ? まいったなあ。題名は「口を開ける…」としか書けませんでした。
 
ハクセキレイ

ハクセキレイ

日没に集まるハクセキレイ2018/11/05

 日没後の午後5時半すぎ、東久留米駅を降りて驚きました。白い鳥が乱舞しているではありませんか。100羽はいたと思います。街路灯に照らされて、みごとでした。どこから集まってくるのでしょうか。昼間、これだけの数を黒目川や落合川で見ることはできません。
 街路灯の真下にある木にくるハクセキレイを待って写真を撮りました。鳥たちは葉の陰に入ってしまうので、なかなか写真になりません。それでも、外に飛び出す鳥もいるので、そこをねらいました。地面に降りる鳥もいます。
 1つ発見がありました。ハクセキレイに混じってセグロセキレイを見たことです。3枚目の写真がそれです。エナガの群れにシジュウカラが、ムクドリの群れにコムクドリが混ざるのと同じようなものかもしれません。
 
夜のハクセキレイ

夜のハクセキレイ

夜のハクセキレイ

夜のハクセキレイ

夜のハクセキレイ

ブロックに乗ったハクセキレイ2018/11/03

 黒目川にはコカ・コーラの工場から水が大量に流れ出ています。浄化された水です。水が落ちる場所にはブロックが置かれています。そのブロックにセキレイやカワセミ、サギがやってくることがあります。きょうは、ハクセキレイが遊んでいました。あえてアップにしないで、引いた写真を撮ってみました。
 
ハクセキレイ

ハクセキレイ

ハクセキレイ

羽を繕うハクセキレイ2018/07/10

 黒目川の護岸でハクセキレイが羽を繕っていました。音を立ててはいけないので、ひたすら静かにシャッターを切りました。ハクセキレイはこういう傾斜している場所が好きみたいです。落ち着くんでしょうかねえ。
 
ハクセキレイ

ハクセキレイ

ハクセキレイ

ハクセキレイ

かわいいハクセキレイ2018/07/04

 夏場はほとんど姿を見ないハクセキレイですが、たまに見かける場所があります。石の護岸です。虫がいるんでしょうか。斜めのカーブが飛んでいる虫を捕獲するのに都合がいいんでしょうか。かわいい目をしています。目を合わさないようにして写真を撮りました。目が合うと逃げてしまうので。
 
ハクセキレイ

ハクセキレイ

ハクセキレイ

護岸に遊ぶハクセキレイ2018/06/22

 黒目川の護岸をハクセキレイがちょこまかと歩いていました。ときおり小さく飛んで向きを変えています。虫を探しているようです。夏場になると数が減りますが、たまには撮るチャンスがあります。
 
ハクセキレイ

ハクセキレイ

ハクセキレイ

川面を舞うハクセキレイ2018/02/10

 超ド級の寒波が去り、気温が上がりました。黒目川では、ハクセキレイが川面を舞っています。虫が飛んでいるからだろうと思います。カワセミは、顔が向いた方向に飛び出しますが、ハクセキレイは突然向きを変えて飛び出すので、追いかけるのがたいへんです。こちらに向かって来るだろうと思って構えていたら、真上に飛んでしまったなんてことばかりです。
 カワセミの飛び出しを撮るのが苦手なので、ハクセキレイもうまく撮れません。しかし、ハクセキレイは一定の場所で何回も飛んでくれるので、チャンスは多い。飛び出しのタイミングが合ってきても、ピントが追いつかないので、結局、うまく撮れません。
 弾丸のように飛んでいることもしばしまです。
《Nikon D7100 +70mm-300mm》
 
ハクセキレイ

ハクセキレイ

ハクセキレイ

ハクセキレイ

ハクセキレイも雪が好き2018/01/25

 先日、雪の上を歩くセグロセキレイを紹介しました。きょうは、ハクセキレイです。いろんな表情を見せてくれました。影を意識して写真を撮ってみました。
 セグロセキレイもハクセキレイも、あちこちで雪の上を歩いていますが、キセキレイが歩いている姿を見ません。キセキレイは趣味が違うのかもしれません。
 
雪の上を歩くハクセキレイ

雪の上を歩くハクセキレイ

雪の上を歩くハクセキレイ

雪の上を歩くハクセキレイ

雪の上を歩くハクセキレイ

雪の上を歩くハクセキレイ