夕日に染まるカワセミ2020/02/24

 ずいぶん日が長くなりました。午後5時でもかなり明るいです。ちょうどそのころ、カワセミが飛んで来てくれました。夕日に当たって朱に染まっています。なんどか川に飛び込みましたが、ことごとく失敗。縁起が悪いと思ったのか、下流へと移動していきました。
 
夕日に染まるカワセミ

夕日に染まるカワセミ

夕日に染まるカワセミ

桃の木にとまるカワセミ2020/02/08

 黒目川の土手にたった1本、桃の木があります。桜と一緒に花を咲かせます。八重の花で、濃いピンクだったり白っぽかったり斑だったり。まだ2カ月近く先の話ですが。
 桃の木は、カワセミがよくとまる木としても知られています。オスを見ることの方が多いのですが、たまにメスもいます(2枚目の写真)。縄張りの境界ゾーンのようです。経験則でいえば、メスは長居しません。オスを気にしているのかな、と想像しているところ。
 3枚目の写真は、桃の木に近くにある葦に移動したところ。
 
カワセミ

カワセミ

カワセミ

カワセミ 朝はリラックス2020/01/30

 午前7時前の黒目川遊歩道は、歩いている人の数はそれほど多くはありません。カワセミが手すりにとまってお腹をつけていました。後ろの遊歩道を人が通れば飛んでいきますが、人がいないのでリラックスしています。
 1枚目は対岸から撮ったもの。2枚目は、橋を渡って背後から撮ったもの。背後に回ると、ゆっくり撮らせてはくれませんでした。
 
カワセミ

カワセミ

たたずむカワセミ2020/01/27

 1月27日午後11時すぎ、外は雪が降っています。このまま降り続けると、積もることは確実。電車が混乱するかと思うと、気が重い。
 きょうもずっと曇っていました。朝、黒目川でカワセミがたたずんでいたので、シャッターを切りました。光が柔らかい。
 
カワセミ

カワセミ

カワセミ

川面を見つめるカワセミ2020/01/24

 チチチチッと鳴いたので、「カワセミだ!」と思って辺りを見渡しました。しかし、姿は見えません。また鳴いてくれればいいのですが、声はせず。移動した感じがしないので、周辺をゆっくり歩きました。そして、発見。川の端っこの目立たないところで、川面を見つめています。やや後ろから撮って、もう少し正面に回ろうとしたところで飛ばれてしまいました。前から撮りたかった!
 
川面を見つめるカワセミ

川面を見つめるカワセミ

川面を見つめるカワセミ2020/01/13

 夕方、黒目川に出てみました。遊歩道に足を踏み入れた瞬間、カワセミの鳴き声が聞こえました。上流方向にいろようです。川を見ながらゆっくり歩くと、対岸にいました。葦にとまって川面を見つめています。ここで何枚か撮って、対岸に移動しました。橋が近くにあるので、すぐに行けます。
 カワセミが動かずにいてくれたので、何枚か撮れました。そして、川に飛び込んでいきました。その瞬間は、ぶれてしまったので写真は失敗。カワセミは、魚を銜えて葦の茂みに隠れました。しかし、ちょっとだけ見えます。隙間を狙って撮ってはみましたが…。
 
カワセミ

カワセミ

カワセミ

朝日に染まるカワセミ2020/01/09

 朝日が黒目川遊歩道に差し込んだころ、遊歩道の内側にある木にカワセミがとまりました。日を浴びて赤く染まっています。横からの光なので、極端な明暗差。それならいっそ、暗い中にカワセミが浮き出るように撮れないものか。露出を代えながら撮りました。
 1枚目の写真は明るめに撮ったもの。2枚目と3枚目は、目で見た感じになるよう露出を調整しました。
 
朝日に染まるカワセミ

朝日に染まるカワセミ

朝日に染まるカワセミ

古老になったカワセミ2020/01/06

 カワセミも、けっこうヒョウキンな格好をするものです。枝にとまって魚を狙っていたら突然、前のめりになって、おっとっと。なんだか枯れたおじいさんみたいになってしまいました。ちなみにオスです。このカワセミ君、もしかして慌て者?
 
カワセミ

カワセミ