水面をバックにとまるカワセミ2019/11/15

 枯れた茂みから突き出した枝にカワセミがとまっていました。枯葉がじゃまだったのですが、背景が水面だったのでシャッターを切りました。川面に波が立っているのは、台風の大雨などによる増水がまだおさまりきっていないからです。もちろん、だいぶ減ってはきましたが。
 
水面をバックにとまるカワセミ

水面をバックにとまるカワセミ

カワセミ 狙いのポーズ2019/11/10

 葦にとまったカワセミが、いきなり姿勢を低くしました。魚が動くているようです。そのまま突進してくれないかと期待しましたが、向きを変えて、そのまま飛び去りました。期待に応えてほしい!
 
カワセミ

カワセミ

カワセミ

護岸のカワセミ2019/11/07

 上流から飛んできたカワセミが、目の前にある護岸の足場にとまりました。サービス満点だと喜んで、シャッターを数回切ったら飛び去ってしまいました。ちょっと早すぎませんか。なので1枚だけ。
 
護岸のカワセミ

早朝のカワセミ2019/11/05

 午前6時半の黒目川。かなり明るいですが、黒目川に太陽は差し込んでいません。11月初めとしては寒そうに撮れました。長雨と台風の影響で、黒目川の水量は例年以上です。濁りも撮れません。水面が青っぽく撮れているのは、濁りのせいです。
 
早朝のカワセミ

早朝のカワセミ

朝日を浴びるカワセミ2019/11/04

 午前7時の黒目川。うまう具合にカワセミが飛んで来てくれました。朝日を目いっぱい浴びて、羽を繕いはじめました。これ以上の順光はないという状態で撮りたくはないのですが、他に撮りようがなく、朝の感じもでるかなと思ってシャッターを切りました。かなり遠かったのでトリミングしています。
 
朝日を浴びるカワセミ

朝日を浴びるカワセミ

朝日を浴びるカワセミ

葦の茂みにカワセミが2019/10/20

 台風19号に痛めつけられた葦の茂みにカワセミがとまっていました。きょうはどんよりとした曇り。台風通過後も雨が降り続いたため、葦が乾いていません。カワセミも濡れた感じがするので、私が見る前にダイブをしていたのかもしれません。このときは、とくに魚を狙うでもなく、あっちをきょろきょろ、こっちをきょろきょろしていました。
 
カワセミ

カワセミ

カワセミ

いつものカワセミ2019/10/15

 黒目川では、このカワセミばかりを見ます。他にもいるはずなのですが、どういうわけか遭遇しません。2羽が追いかけっこをしていても、撮れるのはこの鳥ばかり。まだ若いので、色がくすんでいます。寒くなるにしたがってきれいは羽になってくれるのではないか、と期待しています。
 
カワセミ

カワセミ

カワセミ

西日にあたるカワセミ2019/10/13

 台風一過の13日。快晴の夕方、カワセミが西日にあたっていました。水が濁り、流れも速いので、魚を狙うのが難しそうです。
 増水した黒目川も少しずつ水量が減り、もう安心。川底が洗われて、明るくなりました。水の濁りがなくなれば、サギを撮るにはいい条件になりました。
 大きな被害もなかったようで、なによりです。しかし、関東、東北、信越で大きな被害が出てしまいました。
 
西日にあたるカワセミ

西日にあたるカワセミ