冬写真 カワセミの朝2020/07/28

 今朝は、曇っていても雨が降っていなかったので、カメラを持って黒目川遊歩道を歩きました。しかし、鳥がいません。カルガモ、スズメ、ムクドリだけ。最近、カワセミの姿を見ないので、下流に移動しているのかもしれません。たまにアオサギを見ますが、きょうは遭遇せず。
 ということで、冬の写真を。朝8時ごろ、すっかり明るくなってはいますが、太陽はまだ低い位置にあります。護岸を背景にカワセミがいたので撮りました。光の当たり方が冬のそれです。16:9の比率で切り出してみました。 
 
カワセミ

カワセミ

冬写真 夜明けのカワセミ2020/07/19

 きょうはよく晴れて、夏らしい暑さになりました。ところが、鳥を鳥に出る余裕がなく、きょうも冬の写真です。
 昨年12月28日午前6時45分ごろ、黒目川で撮ったカワセミ。まだ暗いので、ISOは1600です。手持ちでシャッターは1/30秒。日が当たる方(順光)から撮ったので、明るく撮れました。
 
夜明けのカワセミ

夜明けのカワセミ

夜明けのカワセミ

冬写真 カワセミの朝2020/07/16

 東京のコロナ感染が新たな広がりをみせているので、写真を撮っている気分になりません。外に出るときは一応、カメラを持っていますが、鳥もいません。気温が低いから助かってはいますが、天気も悪い。当分、冬に撮った写真を出し続けることになりそうです。
 さて、今日の写真は午前8時のカワセミです。この時間になれば普通に明るいのですが、太陽の赤みがしっかり残っています。
 
カワセミの朝

カワセミの朝

冬写真 細い枝にとまったカワセミ2020/07/12

 ここ数日、写真が撮れていないので、今年の冬に撮った写真をアップします。午後3時すぎ、細い枝にカワセミがとまっていました。枝のラインを撮ったのが上の写真です。下の写真は、背景を緑にしたくて角度を変えて撮った写真です。
 
カワセミ

カワセミ

羽が傷んだカワセミ2020/07/05

 6月末に撮ったカワセミです。何回か紹介した個体で、羽がボロボロ。私が見たのは、水浴び直後だったようで、羽が濡れていました。この日以降、このカワセミを見ていないので、羽がどのくらいきれいになったのか、わかりません。早く出合いたいのですが、なぜか遭遇しません。
 
羽が傷んだカワセミ

羽が傷んだカワセミ

羽が傷んだカワセミ

飛び出したカワセミの幼鳥2020/06/30

 カメラを持った人たちが集まっていたので、カメラの方向を見てみました。何がいるのかさっぱりわかりません。「何かいます?」と聞いてみたら、「カワセミがいるんだよ」と教えてくれました。「え~っ」といいながら再びカメラの先を見ても、見えません。「ほら、あそこ」と指をさされたところをみても、まだわかりません。「幼鳥だから黒っぽいよ」といわれて、やっとわかりました。コバルトブルーにオレンジの鳥を想像してはいけなかったわけです。
 曇っていたので、地味な色がさらに地味に見えます。あんだん色がきれいになっていくところを観察できればいいのですが、この個体を特定し続けることが条件です。なかなか難しそう。幼鳥の目が真剣で、応援したくなります。何回かシャッターを切っているうちに、ポンと前に飛び出しました。
 
カワセミの幼鳥

カワセミの幼鳥

カワセミの幼鳥

羽のお手入れカワセミさん2020/06/29

 私の真横でチーッと鳴いたカワセミ。次に鳴いたときはかなり上流に行っていました。姿は見ていません。移動していることは確実です。後を追ってみました。行けども行けども姿は見えず。そういうときは、引き返すことにしています。私がカワセミを追い越しているかもしれません。
 予想は正解で、戻ってすぐに発見しました。葦にとまっています。写真を撮り始めたら、羽繕いをしてくれました。水を浴びた後なのかもしれません。これまでに何回か紹介した羽が傷んだカワセミ君です。こちらに背中を向けてくれたので、ありがたく撮らせてもらいました。
 
カワセミの羽繕い

カワセミの羽繕い

カワセミの羽繕い

羽を繕うカワセミ2020/06/28

 子育てて羽がボロボロのカワセミのお父さん。水浴びをしてから、羽の手入れを始めました。じっくり時間をかけてやればいいのに、数回嘴で羽を梳いただけでおしまい。そそくさと飛びさrました。
 
羽を繕うカワセミ

羽を繕うカワセミ

羽を繕うカワセミ