落合川のカワセミ2021/03/02

 久しぶりに落合川に行ってみました。運よくカワセミのメスが出てきてくれました。はるかかなたの暗い枝にとまっていたのですが、比較的近くまで来てくれました。サービス精神満点。です、まだ遠い。もう1歩、近くに寄ってほしかった。トリミングして拡大しました。
 
落合川のカワセミ


落合川のカワセミ

ペリットを吐き出すカワセミ2021/02/24

 光が春めいてくると、どういうわけかマニュアルレンズを持ち出したくなります。真冬のうちはそんな気になりません。全体的に明るくなっているのと、寒いとはいっても動きやすくなっているからかもしれません。いわゆるオールドレンズをマイクロフォーサーズのミラーレス機に取り付けて、黒目川を歩いてみました。PANAのLumixG8にキャノンFDレンズ80mm-200mmを装着。フルサイズのカメラに換算すると、160mm-400mmに相当します。
 鳥がいないなあと思いながら、ダイサギを眺めていたところ、カワセミが近くの枝にとまてくれました。ちょっと距離があります。しっかりピントを合わせて、トリミング覚悟でカメラを構えました。
 カワセミはしばらく川を見ていましたが、突然、口を開けました。ペリットを吐く出すのではないかと思ったので、タイミングをはかってシャッターを切りました。魚の骨など消化できないものを塊にして吐き出すものをペリットといいます。
 それにしても、マニュアルレンズは目が疲れます。でも、オートフォーカスで撮るよりも手間がかかる分、面白いです。
 
ペリットを吐き出すカワセミ

ペリットを吐き出すカワセミ

芽吹きとカワセミ2021/02/23

 黒目川の土手で新芽が見られるようになりました。少しずつ川がにぎやかになっています。遊歩道を歩いていると、チチチッと鳴き声がしました。カワセミです。ゆっくり川をのぞいてみると、芽吹いた枝にとまっています。カワセミの背中も輝いています。ところが、目に光が入りません。もう少し上を向いてくれないか。結局1枚目の写真では、光が入りませんでした。カワセミがちょっとだけ移動しました。2枚目の写真では目に光が入りました。しかし、ごちゃごちゃしてしまいました。
 
カワセミ

カワセミ

カワセミ参上2021/02/19

 コガモの写真を撮っていたら、コガモの上をカワセミが通過していきました。あわてて行方を追うと、近くの枝にとまったかと思うと、こちらに向かって飛んできて、目の前の枝にとまりました。なんたる幸運。喜んでシャッターを切り始めたら、枝の上で向きを変え、あっという間に飛び去りました。ほんの一瞬のできごとでした。
 
カワセミ

カワセミ

飛んだカワセミ2021/02/13

 オスしか見なかったカワセミでしたが、最近、メスを見るようになりました。下流から上ってきたのではないかと思われます。もう2月も半ばなので、オスとメスの駆け引きが見られるようなるかもしれません。楽しみが1つできました。
 そのメスのカワセミさん、遠くでしか見られませんでしたが、細い枝から飛び立ってくれました。たまには飛んでいるところを撮らないと…。
 
飛んだカワセミ

飛んだカワセミ

飛んだカワセミ

小枝にとまるカワセミ2021/01/27

 黒目川の風景の中にカワセミを収めたいのですが、なかなか思うようにいきません。3枚載せてみます。
 
カワセミ

カワセミ

カワセミ

カワセミ 日差しは春めいて2021/01/22

 東久留米市を流れる清流、落合川でカワセミに遭遇しました。ふだん見ない場所にいたので、びっくり。一瞬、私のいる岸にとまってくれたので、しっかり撮れました。光の感じがどことなく春っぽい。しかし、風は冷たい。これからは、北風が吹き抜けて体感としてはいちばん寒い時期を迎えます。24日の日曜日は雪が降るかもしれない、という予報が出ています。ロナも気がかりだし。慎重に生活しないといけませんね。
 
カワセミ

カワセミ

飛び出したカワセミ2021/01/20

 カワセミってけっこうちゃっかりしています。
 カワウが1羽、水に潜って魚を追いかけていました。近くにコサギが1羽いて、カワウの後をついて回っています。カワウに驚いて動き回る魚を食べるのがコサギの狙いです。そういうときに、カワセミが混ざることがあります。近くの枝から右往左往する魚を見ています。そして、飛び出しました。川に突っ込むと、みごとに魚を咥えて飛び去りました。付近のえだにとまってくれれば写真が撮れたのに、はるか彼方に行かれたのでは撮れません。なので写真は1枚だけです。
 
飛び出したカワセミ