畑のキジバト2020/12/04

 キジバトたちが畑を歩きながら食べ物をついばんでいました。キジバトは、こちらが近づいていくと逃げてしまいますが、動かずにいると近寄ってきます。きっと近くまで来てくれるはずだと確信しながら、ファインダーでキジバを追いました。ところが、よっぽど嫌われたのか、遠くへ行くばかり。アップで撮るとかわいい鳥なのに…。
 
キジバト

キジバト

キジバト

近くに飛んで来たキジバト2020/09/15

 黒目川遊歩道の手すりにもたれかかって川面を眺めていたら、近くにキジバトがとまりました。撮ってほしそうでもなかったのですが、こちらが撮りたくなったので撮りました。まず2~3枚撮って、右に回り込んで黄色いキクイモの花をもう少し多めに入れようとしたところ、飛び立たれてしまいました。
 キジバトは近くにあった木の枝にとまりました。別のキジバトも飛んできて2羽が並びました。しかし、枝が邪魔をして撮れません。2羽が左右に入れ替わったりして、最初に撮ったキジバトかどうかも分からなくなってしまいました。顔が見えたところで1枚撮ったのが下の写真です。そして、2羽が連れ立って遠くへ行ってしまいました。結局、キジバトに遊ばれてしまった感じです。
 
キジバト

キジバト

雨の中のキジバト2020/06/20

 小雨が降る中、キジバトが羽繕いをしていました。雨を気にしている様子はありません。静かに近寄って撮らせてもらいました。あいかわらず雨にピントをもっていかれるので、肝心な時にピントが合いません。キジバトの赤い目も素敵ですが、目を閉じたときの表情がなんともいえません。
 
雨の中のキジバト

雨の中のキジバト

雨の中のキジバト

雨の中のキジバト

蕾をつまむキジバト2020/04/13

 黒目川遊歩道を歩いていたら、鳥の影が道に映りました。何かなと思って見上げると、キジバトが木にとまっています。花も咲いていたので、花を食べているかもしれないと思ってカメラを構えました。
 キジバトが食べていたのは、小さなグリーンの蕾でした。食べる瞬間は撮り逃しましたが、嘴でつまんでいるところは撮れました。さまざまに移動して、背景を変えて撮ってみました。
 
キジバト

キジバト

キジバト

キジバト

畑を歩くキジバト2020/03/14

 きょうは寒い、と思っていたら、雪が降りました。東京では観測史上もっとも早い桜の開花宣言が出ました。なんともアンバランスな一日となりました。雪は夕方にはみぞれになり、夜にはやみました。一度あたたかい思いをすると、ちょっとした寒さがこたえます。
 3日ほど前、キジバトが畑を歩いていました。この鳥は、飛ぶのは速いのですが、地面を歩いているときは、ゆったりしています。地面に落ちているものをついばんでいる姿を見ていると、気持ちがなごみます。
 
畑を歩くキジバト

畑を歩くキジバト

畑を歩くキジバト

畑を歩くキジバト

歩いてきたキジバト2019/06/27

 公園で休憩していたら、キジバトが歩いてきました。どんどん近づいてくるので、カメラを向けてみました。キジバトはちょっとカーブして少しずつ遠ざかっていきます。カメラを置いて、しばらく目をつぶっていたら、キジバトが近くにいました。ゆっくりカメラを構えて急いで撮ったのが下の写真です。かわいく撮れました。
 
キジバト

キジバト

目の前にキジバトが2019/06/18

 畑の前を歩いていたら、目の前にキジバトがいるのに気づきました。逃げるかなと思ったら、羽繕いを始めました。これは撮らねば。バッグから慌ててカメラを出して、シャッターを切りました。あまり使わないカメラだったので望遠にしすぎました。
 
キジバト

キジバト

キジバト

手すりのキジバト2019/06/05

 黒目川遊歩道の手すりの上にキジバトが2羽、とまっていました。背景がきれいだったので、撮ることにしました。とはいえキジバトは、こちらが知らん顔をしていると逃げないのですが、カメラをもって近づくと飛んで行ってしまいます。
 あらかじめ露出を合わせておいて、手前にいるキジバトに静かに近づいて一気にシャッターを切りました。案の定、飛ばれてしまいました、奥にいるほう1羽は、まだ手すりにとまっています。一気に近づいて一気に撮ったら、飛ばれてしまいました。
 
キジバト

キジバト