コサギのいる風景2018/08/11

 水草の上で、コサギが小魚を狙っていました。アップで撮っても魚は小さいので、風景にしてしまいました。夏は太陽が真上にあるので、白い鳥は真っ白になってしまいます。なるべくそうならないような角度から撮ってはみましたが…。
 2枚目の写真。コサギの周辺に白い小さなもが写っていますが、水草の花です。
 
コサギ

コサギ

コサギ

コサギ3態2018/08/08

 午後5時ごろのコサギです。小魚を探していました。どうということもない写真ですが、なんとなくこういう雰囲気が好きで…。
 
コサギ

コサギ

コサギ

小魚ねらいのコサギ2018/07/30

 黒目川にコサギがいたので、しばらく見ていました。ずっと魚を探していました。ただ、コサギのいる場所が水草の上かその周辺。いまオイカワは流れのあるところで産卵の最中です。
 大物は捕れないだろうと予想しながらカメラを構えていましたが、案の定、小物ばかりでした。ザリガニも捕りませんでした。そのかわり、小魚をぱくぱく口に運んでいました。嘴でつまみ上げて飲み込むまでは瞬間芸みたいなもので、シャッターが追いつきません。この小魚の名前を教えてもらったことがあるんですが、忘れてしまいました。ほとんどがこの魚でした。
 
小魚を食べるコサギ

小魚を食べるコサギ

小魚を食べるコサギ

のんびり コサギ2018/07/28

 東から西に進む台風12号。こんな進路は初めてかもしれません。東久留米も、午後は大雨が降りました。西日本の被災地に向かうので、心配です。
 写真は、5月に撮ったもの。コサギは時間をかけて羽を繕います。2時間を超えるときもあります。長閑なひとときです。
 
コサギ

コサギ

コサギ

コサギに突っかかるアオサギ2018/07/24

 黒目川にアオサギとコサギが並んでいました。といっても、ちょっと間をあけて。アオサギがちらちらコサギを見ています。どうも気になるようです。少し歩いたかと思ったら、いきなり飛んで、コサギに突っかかっていきました。慌ててシャッターを切ったら、ピントが合っていませんでした。アオサギはコサギの何が気に入らなかったのか。ただ虫の居所が悪かったのか。
 それにしても、アオサギの羽がバサバサですね。新しくなるのでしょうか?
 
アオサギとコサギ

アオサギとコサギ

アオサギとコサギ

アオサギとコサギ

婚姻色のコサギ2018/07/20

 7月も半ばをすぎて、婚姻色のコサギを見ました。婚姻色が残っている、といった方がいいかもしれません。
 1枚目と2枚目の写真に写っているコサギの足指は、ピンクがかっています。オレンジっぽくも見えます。嘴の付け根にうっすらピンクがあります。これが婚姻色の特徴です。4枚目の写真は冬に撮ったものですが、足指は黄色です。この黄色が、コサギのいつもの色です。
 3枚目の写真は、飾り羽がきれいだったので、加えました。
 
コサギ

コサギ

コサギ

コサギ

機敏なコサギ2018/07/16

 橋の下にいたコサギにレンズを向けると、いそいそし始めました。見られていることがわかったのでしょう。辺りを見回しています。このままレンズを向け続けていれば飛び立つかもしれません。ピントを合わせたまま、待ちました。そして離陸。飛び立ってからすぐに体をねじって向きを修正しています。こういう細かな芸当ができるのは、いかにもコサギらしい。たいした運動神経です。
 
コサギ

コサギ

婚姻色のオイカワをゲットしたコサギ2018/07/15

 久しぶりでコサギを見ました。ずっと姿を見せなかったのですが、2羽を発見。魚を追いかけてくれないものかと、しばらく観察。期待どおり、動いてくれました。いきなり走り出して、右へ左へ急カーブ。カメラが追いつきません。動きを止めたかと思うと、嘴に魚を銜えていました。
 なんと、婚姻色のオイカワです。美しい! しかし、なかなかピントが合わない! 飲み込まれたらおしまいです。落ち着けと自分に言い聞かせて、なんとか撮りました。でも、うまくは撮れませんでした。証拠写真みたいなものです。
 オイカワの美しさは、産卵期ならではもので、オスの特徴です。
 
婚姻色のオイカワ

婚姻色のオイカワ

婚姻色のオイカワ