水鶏(くいな)現る2013/11/20

 市内でクイナを見ることができました。ここでは珍しい鳥です。警戒心が強い鳥で、すぐ繁みに隠れてしまいます。静かにして待っていれば表に出てきてくれますが、こちらがちょっと動くと、忍者のような速さで姿を消します。
 ツル目クイナ科。体長は、キジバト(33センチ)よりちょっと小さい29センチ。東北地方以北では夏鳥、以南では冬鳥とされています。でも、ちょっとわからないことがあります。
 「夏は来ぬ」という唱歌があります。この4番と5番に水鶏(くいな)が出てきます。 「棟散る川辺の宿の 門遠く水鶏声して…」(4番)
 「五月闇(さつきやみ)蛍飛び交い 水鶏鳴き卯(う)の花咲きて…」(5番)
 水鶏は夏の鳥になっています。歌の舞台は東北なのかといえば、どうもそうではなく、もっとも有力なのは京都・大原説だそうです。しかし、作詞した佐佐木信綱は古歌からつくりあげたようなので、大原で決まりとはならないものの、万葉集にも水鶏が出てくるので、奈良・京都あたりは舞台としてはぴったりです。佐佐木信綱は東北をイメージしていたとは思えません。奈良・京都あたりでは水鶏は冬鳥のはず。なぜ、夏の歌にでてくるのだろうか。かつては夏にもいたということなのか。
 俳句の世界では、水鶏は夏の季語です。
 頭がこんがらがってきます。
 
クイナ

クイナ

クイナ

クイナ

クイナ