雑木林に春の色2017/03/30

 雑木林の前を通ったら、二日目と風景が変わっていました。木々に薄いピンクや黄色があります。芽吹きです。そんなに急に変わるものかという印象です。木々たちは、暖かくなるのを待ち構えていたのでしょう。
《OLYMPUS STYLUS SP-100EE》
 
雑木林に春の色

雑木林に春の色

雑木林に春の色

雑木林に春の色

羽を梳くコサギ2017/03/29

 黒目川でコサギが羽を繕っていました。気のせいかどうかわかりませんが、早春の今ごろは、こういうシーンが多いように思います。私は「羽梳きコサギ」と呼んでいます。ユニークな姿になるので、時間があるときはゆっくり付き合うことにしています。きょうは、コサギの方がさっさと切り上げてしまったため、おとなしい写真しか撮れませんでした。
《Panasonic Lumix-G6 + 100-300mm》
 
羽を梳くコサギ

羽を梳くコサギ

羽を梳くコサギ

羽を梳くコサギ

羽を梳くコサギ

夜明けのサギ2017/03/28

 1月上旬の午前7時半。まだ太陽の位置が低く、黒目川の川面は陰の中です。土手には霜が降りています。日が当たるところはいかにも暖かそうです。護岸の反射が川面を照らしています。ダイサギがいるところへコサギが飛んできました。お互いに不干渉を決め込んでいました。
《Nikon D7100 + AF-S NIKKOR 70-300mm》
 
夜明けのサギ

夜明けのサギ

夜明けのサギ

夜明けのサギ

護岸が大好き ハクセキレイ2017/03/27

 ハクセキレイは、川の護岸が大好きです。東久留米市を流れる落合川でも、黒目川でも、ハクセキレイは護岸を歩いています。虫がいるんでしょうか。遊歩道からこっそり身を乗り出して撮りました。ある程度距離を保っていれば、撮らせてくれます。写真は、1月から2月の寒い時期に撮ったもの。
《Nikon D7100 + AF-S NIKKOR 70-300mm》
 
護岸のハクセキレイ

護岸のハクセキレイ

護岸のハクセキレイ

護岸のハクセキレイ

助走が長いカワウ2017/03/26

 昨年の大晦日、黒目川で撮ったカワウです。美しい水面にカワウが侵入。無粋な奴じゃのうと悪態をついてしまいました。カワウに当たる光が斑だったので、撮るのをやめようかなあと思っていたら、飛び立ってしまいました。条件反射でシャッターを切ってしまった写真です。助走が長いところがカワウらしさです。
《Nikon D7100 + AF-S NIKKOR 70-300mm》
 
飛び立つカワウ

飛び立つカワウ

飛び立つカワウ

飛び立つカワウ

風に吹かれるコサギ2017/03/25

 真冬の黒目川。北風が吹きつけるなか、コサギが川にじっと立ち尽くしていました。逆毛だつ姿が凛々しくて、思わずシャッターを切りました。
《Panasonic Lumix-G6 + 100-300mm》
 
風に吹かれるコサギ

風に吹かれるコサギ

風に吹かれるコサギ

風に吹かれるコサギ

群生するホトケノザ2017/03/25

 畑にホトケノザが群生していました。ピンクの絨毯のようです。しかし、なんとなく一面がピンクの写真を撮ってみたものの、印象強くありません。広さはありませんが、水平線をだして撮ってみました。もちろん、アップ写真も撮りました。
《Panasonic Lumix-FZ200 + TCON-17X 1~2枚目》
《OLYMPUS STYLUS SH-60 3枚目以降》
 
ホトケノザ

ホトケノザ

ホトケノザ

ホトケノザ

ホトケノザ

春の日のダイサギ2017/03/24

 黒目川の川面の輝きが日ごとに強くなっていきます。踊る光の中をダイサギが歩いてきました。岸にいる魚を物色しています。魚はいなそうだと思ったのか、川の中に向かって歩き初め、飛び立っていきました。大きな魚をくわえてほしかったのに!
《Panasonic Lumix-G6 + 100-300mm》
 
ダイサギ

ダイサギ

ダイサギ