空を見上げるダイサギ2021/03/07

 5月の陽気になったかと思ったら、きょうは真冬に戻ってしまいました。一度暖かくなると寒さが堪えます。
 この時期、私が歩く範囲の黒目川にはダイサギが3羽ほどいます。しかし、まとまっているわけではなく、点在しています。そのうちの1羽が、空を見上げていました。羽が逆立っています。空に何かがいて身構えているのか。私もつい、空を見てしまいました。しかし、カラスの集団が飛んでいるわけでもなく、猛禽もいません。ダイサギにしか見えないものがあるのかなあ…。
 
空を見上げるダイサギ

空を見上げるダイサギ

目つきがわるいアオサギ2021/03/06

 黒目川の中洲でアオサギ眠っていました。顔を前に折りたたんで、羽毛の塊みたいになっています。小さな音を立ててみたら、顔をむっくりあげました。その目が鋭い。というか、怒っているふうです。また顔を折りたたんでしまったので、音を立てると、うるせいなあという目つき。あんまりやるとかみつかれそうなので、2回目でやめました。お騒がせしました!
 

アオサギ

アオサギ

再び仲良くなったバンとオオバン2021/03/06

 黒目川にいるバンとオオバンが再び仲良くなりました。昨年12月から1月ごろまでは一緒にいる姿をよく見ました。2月になると、2羽は100メートル以上離れた場所で生活していました。そして3月に入って、また仲良しになったようです。
 ちなみに、体が茶色い鳥がバン。黒い体の鳥がオオバンです。どちらも幼鳥だと思います。バンは成鳥になると嘴が赤と黄色になります。
 
バンとオオバン

バンとオオバン

バンとオオバン

羽を伸ばすカワラヒワ2021/03/04

 校庭に沿って歩いていたら、ぱっと飛び立つ鳥がいました。近くの枝にとまりました。逆光だったのでよく見えません。スズメかなと思って望遠レンズで確認すると、カワラヒワでした。そのうちの1羽が、羽を伸ばしました。その羽が透けてきれいです。慌ててシャッターを切りました。ピントを合わせるのが精いっぱい。ゆっくり撮りたかったなあ。
 
カワラヒワ

カワラヒワ

カワラヒワ

カワラヒワ

水浴びするコガモ2021/03/03

 もうすぐ日没というころ、西日を受けながらコガモのオスが水浴びをしていました。小さな鳥(38cm)なので、水しぶきもかわいらしい。いまのところ、オスが2羽、メスが2羽います。毎日見られるわけではないので、黒目川を移動しているのかもしれません。3月中には北国に帰っていくと思うので、見かけたら撮っておきたい鳥です。
 
水浴びするコガモ

水浴びするコガモ


水浴びするコガモ

モクレンの蕾を食べるヒヨドリ2021/03/02

 ヒヨドリはいろんなものを食べてしまう雑食です。しかし、モクレンの蕾を食べるのはやめてもらいたい。他に食べるものはあるでしょう。畑に行って野菜を食い散らかすのもやめた方がいいと思うよ…。
 休憩していた図書館前に、モクレンの木(たぶん)がありました。蕾が膨らんで、赤い花びらが見えています。春だなあと思ってゆっくり眺めようとしたときに、ヒヨドリがいるのを発見しました。そっと後ろに退いてカメラを取り出し、シャッターを切りました。ヒヨドリは、おいしそうにパクついています。味がわかるのかしらん?
 背景の白は、団地の外壁です。
 
モクレンの蕾を食べるヒヨドリ

モクレンの蕾を食べるヒヨドリ

落合川のカワセミ2021/03/02

 久しぶりに落合川に行ってみました。運よくカワセミのメスが出てきてくれました。はるかかなたの暗い枝にとまっていたのですが、比較的近くまで来てくれました。サービス精神満点。です、まだ遠い。もう1歩、近くに寄ってほしかった。トリミングして拡大しました。
 
落合川のカワセミ


落合川のカワセミ

水浴びするムクドリ2021/02/28

 きょうは、ムクドリが2羽で水浴びをしていました。木の上から群れの仲間が様子をうかがっていることがあるので、周辺を見渡しました。どうもいないようです。1羽に対象を絞って撮ってみました。
 顔から水に突っ込んでいく姿を撮りたいのですが、これがなかなかうまく撮れません。顔を上げて水しぶきをあげる姿の方が撮りやすいです。
 水浴びをしているとは警戒心が高いので、こちらが動きたら逃げられてしまいます。体を小さくして、静かにシャッターを切りました。
 
水浴びするムクドリ


水浴びするムクドリ

水浴びするムクドリ