ネムの花2018/06/20

 梅雨といえばアジサイですが、ネムの花もこの時期に咲きます。花は雨よりも青空によく似合います。
 黒目川遊歩道にかぶさるよう茂るネムの木。花は小型で、たくさん咲きます。傷みやすいので、早めに撮っておくなければなりません。下から見上げて写真を撮らなければならないので、予想以上に疲れました。
 
ネムの花

ネムの花

ネムの花

ネムの花

草だらけの土手とアオサギ2018/06/14

 黒目川の土手は草だらけ。川面があまり見えません。その雰囲気を生かして撮りたいのですが、うまくいきません。

 体調不良でおとなしくしていたら、東久留米駅のツバメのヒナがいなくなっていました。5羽いたうちの4羽がカラスに襲われ、1羽だけ残ったヒナです。巣立ちには早すぎるのですが、いません。「ヒナは巣から落ちていない」「カラスにも襲われていない」という話です。夜、巣に帰っているかといえば、帰っていません。親が連れて出てしまうことがあるのでしょうか。巣立ち間際でもないのに、そんなことが可能とも思えません。どこかで成長していてくれればいいのですが。
 
アオサギ

アオサギ

アオサギ

ドクダミ群落2018/06/06

 小雨が舞う日、ドクダミの群落を発見。コンデジはこういうときに力を発揮します。マクロモードにして背景をぼかしました。
 翌日は快晴。同じ場所を通りましたが、まったく違う表情でした。曇りや雨の日だから撮れる写真というのがあるんですね。
 そういえば、関東地方はきょう、梅雨入りしました。
 
ドクダミ群落

ドクダミ群落

ドクダミ群落

舞うコサギ2018/05/29

 黒目川の浅瀬で、コサギが魚を追いかけていました。飛んでいるわけでもなく、かといって走っているわけでもなく。羽で体を浮かせて舞っています。逆光で川面が光っていました。なんだかモノクロ写真のような感じになってしまったので、最初の2枚は岸の植物を入れてみました。
 
舞うコサギ

舞うコサギ

舞うコサギ

舞うコサギ

緑の中のアオサギ2018/05/23

 黒目川は草ぼうぼうです。サギがいても気づかない。カルガモを発見するのもたいへんです。その緑の中にアオサギがいました。今の季節らしい風景なので、写真を撮ってみました。
 
緑の中のアオサギ

緑の中のアオサギ

緑の中のアオサギ

緑の中のアオサギ

黄金の川面にヒメジョオン2018/05/21

 黒目川の土手に咲くヒメジョオン(だと思う)。対岸にあるビルの反射光が川面を照らし、黄金色に輝いていました。川面を背景にヒメジョオンが撮れる角度を探して、シャッターを切りました。私の身長では川面の光が欠けてしまいます。できるだけ背伸びをして、背景全体が黄金色になるようにふんばりました。ホワイトバランスを変えるなどして、色の出具合を楽しんでみました。
 
黄金の川面にヒメジョオン

黄金の川面にヒメジョオン

黄金の川面にヒメジョオン

夕暮れのダイサギ2018/05/16

 日没直前。だいぶ暗くなった黒目川にダイサギがいました。微妙な光のなか、川面の反射を頼りに写真を撮ってみました。こっちへ飛んで来てくれればいいのに、あっちに行ってしまいました。
 
夕暮れのダイサギ

夕暮れのダイサギ

緑映えてアオサギ2018/04/29

 黒目川の川面が緑を映してきれいです。うまい具合にアオサギがいてくれました。私と相性が悪いのですが、遠くから引っ張ったので、逃げませんでした。
《Panasonic LUMIX G7 + 45mm-200mm》
 
アオサギ

アオサギ