毎晩続くセミの羽化2016/08/02

 今晩もセミたちが羽化していました。ミンミンゼミを発見しましたが、高い枝にいたので背が届きませんでした。すべてアブラゼミだと思います。
 羽化の写真を紹介するたびに撮り方を聞かれるので、手の内を明かします。いちばん下の写真が撮影セットです。カメラと懐中電灯だけ。カメラをマクロ撮影に設定したあと、カメラのLEDライトを点灯してセミに当てまます。懐中電灯(LED)を逆光側から照らします。カメラは右手なので、左手を動かして懐中電灯の位置を変えます。撮っている姿は変にアクロバティックなので、人様にお見せできません。
 必死で撮っていたら、背後で子どもが見ていて、「おじさん、楽しそうだね」といわれてしまいました。ずいぶん冷めたものいいだなあ。「僕も撮りたいよ」といってくれないもんかねえ。
 
セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

夜のドラマ セミの羽化2016/08/01

 セミがたくさん羽化する場所があります。夜、そこへ行ってると、いましたいました、あちこちで羽化しています。何年も土の中にいて、土に丸い穴をあけて這い出してきます。無事に枝にとりつくことができるまでが一苦労。しばらく枝につかまってから、殻の背中を割ってセミが出てきます。羽化というドラマの始まり。翅もまだ伸びていない姿を5枚の写真で。
 
セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

夕方の羽化は危険だよ2016/07/31

 午後4時すぎ、セミの抜け殻を見つけて写真を撮り、カメラをいったんバッグに入れました。顔を横に振ったら、あれっ、セミがいます。それもまだ柔らかそう。羽化の途中です。近くに抜け殻はなく、杭にとまっています。自分で移動したのでしょうか。羽がうっすら茶色くなっているので、羽化の過程も大詰めです。羽化の開始から1時間ほどでしょうか。アブラゼミだと思います。
 毎年、夕方に羽化するセミを見ます。しかし、この時間はまだ明るいので、鳥に食べられてしまう危険があります。人にも発見されやすい。杭の裏側に移動させておきました。カメラは、Nikon COOLPIX S9900。
 この次はカメラを変えて、夜の羽化を撮ることにします。
 
セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

西日に透けるセミの抜け殻2016/07/31

 夕方、近くの雑木林の横を通ったら、セミの抜け殻があちこちにありました。梅雨明け前のちょっと前からセミが鳴きだしたので、土の中からどんどん這い出しているようです。綱にへばりついた抜け殻に西日が当たり、抜け殻の透明感に雰囲気があったので撮ってみました。
 1枚目の写真は、今にも動きそうです。2枚目は、背中がぱっくり割れているのがよくわかります。3枚目は、抜け殻は日陰で雑木林に光があたっているシーンです。「武蔵野のセミ」を意識して撮りました。
 たぶんアブラゼミだと思いますが、確信はありません。
 コンデジのマクロ機能による撮影です。カメラは、Nikon COOLPIX S9900。
 
セミの抜け殻

セミの抜け殻

セミの抜け殻

セミの羽化 透き通った翅が美しい2015/08/14

 今年の夏は夜が忙しいので、ゆっくりセミの羽化を撮っている余裕がありません。おまけに、私の周辺ではセミの鳴き声が少ないです。ところが、隣の市に行ってみると、まさにセミ時雨で、気持ちがいいくらい鳴いていました。
 というわけで、昨年の今ごろに撮った写真を紹介してしまいます。色から見て、ミンミンゼミの羽化ではないかと思います。
 
セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

どんどん羽化するセミたち2015/07/29

 近所の公園で、セミが羽化しています。数日間の朝、通りかかると抜け殻があるので、そろそろ本格化するだろうと思っていました。今晩は、あちこちで羽化していました。
 カメラにLEDライトがついている OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough を右手に持ってライトを点灯、左手にライトをつけた iPhone を持って、2灯で撮影しました。セミの背中にカメラのライトが辺り、お腹側の上から iPhone の光があたっています。 iPhone のライトは案外強く、バランス悪かったので、次は違う光源を使うつもりです。
 木の葉を押しのけて撮っていたら、左腕に蟻がたくさんくっついてしまい、ずいぶん噛まれました。そんなわけで、撮った写真は10コマ程度。蟻のおかげでピントもうまくいきませんでした。次は、もっときれいに撮りたいものです。
 
セミの羽化

セミの羽化

夏の終わりに2014/08/29

 一気に10月の気候になってしまいました。雨が落ちる歩道に、アブラゼミの死骸が横たわっていました。子孫を残し、役割を終えることができたのでしょうか。アブラゼミの死骸は、あちこちで見ます。鳴いているセミは、ヒグラシやツクツクボウシが主力になりました。夏が終わっていこうとしています。暑さはきっとぶり返すでしょう。しかし、木々の葉も秋を感じる色が出始めています。
 
アブラゼミの死骸

アブラゼミの死骸

アブラゼミの死骸

アブラゼミの死骸

セミの羽化 パート32014/08/08

 羽化するセミは、刻々と色を変えていきます。写真はたぶんアブレゼミだと思いますが、昼間に見る姿とは違って、金粉をまぶしたような姿が印象的です。羽化のときにしか見られない彩です。
 7枚の写真のうち、1枚目と2枚目だけは同じ個体です。別々に撮ったものを、羽化の経過の順番に並べてみました。
 
セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化