親を待つツバメのヒナ2024/06/03

 そろそろかなと思ってツバメの巣を見上げたら、小さいのが3羽いました。巣の中をごそごそ動いて、伸びをしたりしています。食べたい盛りなのでしょう、親がいなくても大きな口を開けて、「餌をちょうだ~い」といっています。
 親は、かなり頻繁に餌を運んできます。ヒナたちは、が近づいてくるのがわかるようで、親が巣の端にとまる前には大口を開けて鳴いています。三脚を置ける場所ではないので、ヒナが口を開けたらシャッターを切り始めると、親が餌を与える瞬間を撮ることができます。ただ、上を向いてカメラを構えているので、肩が凝ってしまいます。長くは続かない。長くても15分程度で力尽きます。
 ヒナが3羽。ちょっと少ないですね。年々、ヒナの数が減っているように思います。ツバメも苦労しているようです。3羽そろって巣立ってほしいです。
 
ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

電線で親を待つツバメの若鳥2024/05/25

 黒目川沿いの電線にツバメの若鳥がとまっていました。静かに前を見たり伸びをしたりしながら、移動しようとしません。親を待っているようです。突然、向きを変えて口を開けました。「ごはんちょうだい!」。親鳥を迎える態勢です。親鳥も電線にとまりましたが、餌を銜えてはいませんでした。若鳥とは2メートルほどの距離を保っています。「もう自立しなさい」といっているようでした。親鳥はすぐに飛び去り、若鳥もその後を追っていきました。
 
ツバメの若鳥

ツバメの若鳥

ツバメの若鳥

ツバメの若鳥

巣づくり始めたツバメさん2024/04/10

 久しぶりに落合川に行ってみると、ツバメが元気に飛び回っていました。黒目川にもツバメはいますが、落合川は川幅が狭い分、目の前を飛んでくれます。遊歩道を歩いていると、足元からツバメが飛び立ちま、下流へ飛び去りました。おやっ、と思って立ち止まったところに、上流から飛んできたツバメが川岸に地面に舞い降りました。見ていると、土を銜え始めました。巣づくりの土を運んでいたのです。それを目の前で見せてくれたので、うれしかったです。
 きょうは晴天。直射日光がツバメに注ぎ、羽が青く輝いています。ツバメは下から見るばかりでしたが、上から見られたのもいい経験になりました。
 
ツバメ

ツバメ

ツバメ

ツバメ

とってもかわいいツバメの幼鳥2023/07/26

 昨日紹介したツバメの続きです。
 電線にとまった幼鳥は、巣立ったばかりのようです。親鳥の姿を見つめると、羽をばたつかせて大きく口を開けます。必死のアピール。この姿が可愛らしい。この幼鳥も10月には南方へと旅立ちます。無事に成長して、来年また東久留米に戻ってきてほしいです。
 
かわいいツバメの幼鳥

かわいいツバメの幼鳥

かわいいツバメの幼鳥

ツバメ 親から子へ餌渡し2023/07/25

 午前8時すぎ、黒目川に近い電線にツバメが5羽とまっていました。チーチーと鳴いているので、よく見たら、巣だったばかりの幼鳥たちでした。みんなで親を待っているに違いありません。川の周辺をツバメが飛んでいます。親鳥です。虫を銜えて幼鳥のところにやってくるのを待つことにしました。
 とはいっても、5羽もいます。親が近づくと、みんなで口を開けます。どの子に餌を渡すのか。親が近づいてからでは間に合わないので、1羽に的を絞りました。餌渡しは一瞬で終わります。幼鳥の動きをファインダーで確認しながら、親が来ることを察知して、餌を渡した瞬間にシャッターを切らなければなりません。難しかったです。またのチャンスがあれば、挑戦するつもりです。
 最後の枚目に、もらった餌を落としてしまった幼鳥を置いてみました。こういう失敗も重ねながら、大きくなっていくんですね。
 
親から子へ ツバメの餌渡し

親から子へ ツバメの餌渡し

親から子へ ツバメの餌渡し

親から子へ ツバメの餌渡し

親から子へ ツバメの餌渡し

再建した巣でヒナを育てるツバメ2023/06/29

 東久留米駅でツバメが子育てをしています。ヒナは5羽。2羽は順調に成長しているようですが、3羽の成鳥が遅い感じなので、ちょっと心配しています。
 ツバメの親は、4月下旬ごろから巣をつくり始めて、とうやく卵を温め始めたのかなと思っていた時期に、巣が破壊されてしまいました。それが5月18日の朝です。通りかかったら巣材が道に落ちてたので驚きました。巣が落とされたところを見ていたわけではありませんが、人為的に破壊されたように見えました。
 それでもツバメは負けませんでした。巣を再建し始めたのです。たぶん同じ親だと思います。
 そうやって生まれたのが5羽のヒナたちです。親鳥はせっせと餌を運んでいます。渡りの時期までに子育てを終わらなければなりません。なんとか巣立ってほしいと思っています。
 
ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

巣が破壊された5月18日

ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

巣立ち直前 ツバメのヒナ2023/06/08

 駅でツバメが子育てしていることを忘れていました。慌てて見に行くと、巣立ち直前でした。ヒナはたったの2羽しかいません。子育て環境が悪化しているのでしょうか。親が飛んでくると、大きな口を開けて餌をねだっていました。かわいいです。
 ヒナたちは暗いところにいます。ブレないように感度をかなり上げて撮ったので、ざらざらの写真になってしまいました。餌を銜えてきた親の姿も撮りたかったのですが、思うようにないきませんでした。
 
ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

ツバメの若、電線にとまる2022/07/04

 ツバメが黒目川の川面すれずれをカッコよく飛んでいました。アクロバティックな飛び方をするので、見ていて飽きません。どうやって撮ろうか、と思っていたら、近くの電線にとまってしまいました。これでちょっと拍子抜け。ツバメを見て、今度はびっくり。なんと、若鳥です。飛び方を見て親鳥だとばかり思っていました。もう一人前。ツバメは成長が早いですね。夏の終わりには南へ渡っていかなければなりません。思わず、がんばってねといってしまいました。
 
ツバメの若

ツバメの若

ツバメの若