暗くても元気 ツバメのヒナ2017/05/24

 東久留米駅西口にあるツバメの巣はA、B、Cの3つ。昨日はBとCを紹介しました。今回はAです。ここがいちばん暗い。シャッターが遅いので、飛んでくる親鳥は影みたいになってしまいます。ヒナの上、天井に影が写っていますが、コンクリートの照り返しでできたものです。
 この巣には、どうやら6羽のヒナがいるようです。
《Nikon D5200 + AF-S NIKKOR DX 55-300mm 一脚使用》
 
ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

駅前は子育てラッシュ ツバメ2017/05/23

 東久留米駅西口は、子育てラッシュです。3カ所でヒナが育っています。西から東へA巣、B巣、C巣と名前を振り、頭を整理しながら写真を撮ることにしました。とはいえ、体調が万全ではないので、無理しない程度に撮るつもりです。感度が上がらないコンデジで撮るのはつらいので、もっとも軽い一眼レフとレンズにしました。それでも重いので、一脚を使うことにしました。
 ヒナが大きい順に並べると、C巣、A巣、B巣になります。今回は、C巣とB巣を撮りました。しかし、うまく撮れませんでした。暗すぎます! 上の4枚がC巣です。残りはB巣です。
《Nikon D5200 + AF-S NIKKOR DX 55-300mm 一脚使用》
 
ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

巣材を運ぶツバメ2017/04/24

 畑の横にある駐車場にツバメが2羽いました。地面におりて私の様子をうかがっています。こちらがゆっくり前に進んでも逃げません。コンデジでなんとか撮れそうな距離まで近づけたので、いったん止まり、カメラを構えました。
 すると、ツバメはちょこちょこっと歩いて、白っぽい物をくわえました。葦の切れ端のような感じです。辺りには切れ端がたくさん落ちていました。なるほど、巣材を集めていたのか。それで逃げたくなかったのかもしれません。2羽が切れ端をくわえて飛び去っていきました。子育て、がんばってね!
 ぼけぼけ写真が2枚もあります。
《Panasonic Lumix-FZ200》
 
ツバメ

ツバメ

ツバメ

ツバメ

ツバメ

ツバメが巣作り2017/04/16

 東久留米駅でツバメが巣作りを始めました。ここ数日、ツバメたちが駅前を飛び回っていたので、そろそろかなと思っていました。
 写真の巣は、一昨年、昨年と使われたものです。一昨年はヒナが巣立つ直前に襲われ、巣も破壊されました。それでも一番下の部分は残っていたので、昨年のツバメがリホームして使い、親が同じかどうかはわかりませんが、2回子育てに使われました。今年のツバメはそれを補強して使うことになりそうです。
 1枚目の写真は、4月14日撮影。駅周辺にツバメの姿が目立ちました。
 2枚目以降は、きょう16日の撮影。
《OLYMPUS STYLUS SH-60 1枚目》
《Panasonic Lumix-FZ200 2枚目以降》
 
ツバメ

ツバメ

ツバメ

ツバメ


ツバメ

背中の白いツバメがいた2016/08/22

 きょう22日、台風9号が東日本を縦断しました。2日ほど前から断続的な豪雨にみまわれ、今朝も大雨の中を出勤。スマホの防災速報がたにたび鳴り、東久留米市に大雨・洪水警報が発令されたことを知りました。昼過ぎには土砂災害警戒情報も出ました。黒目川はどうだったのか、明日の朝、見に行くつもりです。氾濫はしなかったようですが、未確認。
 ちょっと古い写真を紹介します。7月末に撮ったものです。背中が白いツバメを見ました。羽繕いをしていたので、その白さがよく目立ちました。ツバメってこんなところが白かったっけ? あれぇと思いながらシャッターを切りました。すぐに飛び去ってしまったので、きれいに撮れませんでした。最後の写真は、別のツバメと一緒に撮りました。右のツバメの背中は白くありません。
 
背中が白いツバメ

背中が白いツバメ

背中が白いツバメ

背中が白いツバメ

2巡目も巣立ち間際2016/07/29

 東久留米駅で2巡目の子育てを紹介したのは7月24日。ヒナたちは早くも巣立ちの時を迎えました。カラスに襲われなければ、30日の朝に飛び立っても不思議ではありません。
 27日までヒナは3羽いました。28日の朝は2羽に減っていました。29日の朝は2羽いました。1羽だけ先に巣立ったとは考えにくいので、落下してしまったのかもしれません。ツバメの子育ても苦労の連続です。
 巣立ったヒナたちが海を渡り、来年また東久留米に帰って来てほしい。
 
ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

二巡目に入ったツバメの子育て2016/07/24

 東久留米駅でツバメの子育てが続いています。これまで4つの巣でヒナたちが巣立っていきました。今回紹介するのは、今季二巡目の子育てです。いちばん最初に使われた巣が、再び利用されています。一巡目と二巡目とも親が同じなのか、それともまったく違うのか。そこらへんはわかりません。聞いても返事をしてくれないし…。
 二巡目のヒナは3羽です。少ないですね。あと1週間もすれば巣立っていくのではないかと思います。カラスにやられないことを祈りつつ、また写真を撮るつもりです。今回は、ぶれた写真ばかりになりました。
 昨年使われた特に暗い場所にある巣にも、ヒナたちがいました。ここは今季初めて使われています。一度、番(つがい)が巣に入ったのですが、すぐに放棄してしまいました。それとは別の番が利用しているのだろうと思います。
 
ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

ヒナ帰る ツバメ2016/07/03

 昨日の続きです。3日の昼と夕方の2回、東久留米駅を利用したのでツバメの巣を見ると、巣立ったはずのヒナが帰っていました。一度巣立ったら元の巣には帰ってこない親子もいるし、帰ってくる親子もいるということでしょうか。
 昼、前日まであった「糞落下」の注意書きもなくなり、床に落ちていた糞もきれいに掃除されていました。やっぱり巣立ったんだ、と巣を見上げでびっくり。1羽が巣にいます。親鳥ではありません。大きく育ったヒナというか若さまです。羽繕いをしています。3羽のきょうだいのうちの1羽にちがいありません。親が飛んできましたが、餌を与えることはなく、すぐに姿を消しました。
 夕方、再び巣を見上げてまたまたびっくり。こんどは3羽います。きょうだい全員が帰ってきたようです。親が運んでくる餌を待ちながら、羽ばたきの練習をしています。この調子だと、今晩はこの巣で眠るのでしょう。明日は、もういないかな?
 
ツバメのヒナたち

ツバメのヒナたち

ツバメのヒナたち

ツバメのヒナたち

ツバメのヒナたち

ツバメのヒナたち

ツバメのヒナたち

ツバメのヒナたち

ツバメのヒナたち