ポーズをとるスズメ2020/07/27

 きょうも雨。こんな天気が2カ月も続くと、かなりまいってしまいますね。これに新型コロナウイルスの感染が加わっているので、我慢の生活です。傘を差しマスクを着けてカメラを構える気分になれず、またまた冬の写真です。
 シュロの木にまとわりついた蔓にとまるスズメ。なかなか近くで撮らせてくれないのですが、どういうわけかこの日は、わざわざポーズまでとってくれました。といっても短時間。もういいだろうという感じで飛んでいってしまいました。
 
スズメ

スズメ

スズメ

散歩写真 すりすりするスズメ2020/05/06

 きょうは、気温も低くどんよりとした一日でした。午後からま小雨が降り、夕方には雷も鳴りまとまった雨にもなりました。昼前、比較的空が明るかったころ、散歩に出ました。35分歩いて帰宅しました。
 途中、目の前にスズメが飛んできました。カワセミの声もしないし、コサギもダイサギもアオサギも姿なし。スズメがいてくれただけでも大喜びです。急いでカメラを構えたら、マスクで眼鏡とファインダーが曇ってしまい、よく見えません。マスクをあごの下にずらしても曇りはとれず。こうなれば勘でいくしかありません。ぼんやりしたスズメを追いながら、ピントは合っているものと判断してシャッターを切りました。
 
スズメ

スズメ

スズメ

スズメ3態2020/01/06

 黒目川周辺のスズメたちは元気で飛び回っています。しかし、群れの規模は本当に小さいです。数十羽という数にはなりません。10数羽がいいところ。以前からスズメが減っているといわれていますが、年々深刻になっているのかもしれません。
 スズメたちは人間をよく見ていて、自転車で通過するだけなら、目の前にいても逃げません。自転車を止めれば、たちどころに飛び去ります。歩いていても同じ。こちらが気づかないと、足元にいることがあります。しかし、のぞき込んだらアウトです。
 したたかなスズメたちですが、ずっと人間と一緒に生活してもらいたいと思います。
 
スズメ

スズメ

スズメ

護岸にすりすり スズメさん2019/10/25

 スズメの群れがいたので、遊歩道から眺めていました。なかなか近くに来てくれません。動かないことをモットーに待ち続けましたが、遠ざかるばかり。そのうち、1羽が対岸の護岸にとまりました。石の継ぎ目に体を置いて、すりすりし始めました。ざらざらした感触がいいのでしょうか。距離がありすぎてイマイチの写真ですが、珍しいので紹介してみます。
 さて、きょうも朝から大雨でした。東京より千葉の降り方が凄まじかったようです。もう雨の被害は勘弁してほしいです。
 
スズメ

スズメ

スズメ

スズメが増えてきた2019/10/04

 黒目川でスズメの群れを見るようになりました。葦の穂から穂へ移動していく姿は楽しそう。嘴が黄色いスズメが多いので、若様たちです。食欲の塊みたいな集団だろうと思います。
 
スズメ

スズメ

スズメ

スズメ

桜の木 花が落ちたらスズメがいた2019/04/20

 桜の花はすっかり落ちて、葉がどんどん成長しています。ふと桜の木を見上げると、スズメが数羽、枝から枝へ渡り歩いています。満開の時にスズメを撮りたかったのですが、ヒヨドリしか発見できませんでした。今になってスズメがいてもなあ、とは思いましたが、一期一会なので、写真を撮らせてもらいました。
 
スズメ

スズメ

スズメ

スズメ

おや、スズメさんだ2019/02/28

 2月初旬。黒目川遊歩道は、雪がうっすら積もっていました。何の気なしに振り向いたら、目の前にスズメがいました。ゆくりカメラを構えて、慌ててシャッターを切りました。数枚撮ったところで飛ばれてしまいましたが、アップで撮らせてもらいました。
 
スズメ

スズメ

日の出のスズメ2018/12/19

 カワセミが飛んで来てくれないかなあ。朝日が顔を出すころ、橋の真ん中に立って黒目川を眺めていました。辺りが一気に明るくなります。しばらく待つも、カワセミの姿はなし。立ち去ろうとしたとき、左の方でスズメの鳴き声を聞きました。スズメがとまっている枝はちょっと暗めですが、背後の木に光が当たって輝いています。撮ってみることにしました。
 
スズメ

スズメ