春待つウグイス2017/01/29

 黒目川の土手から、チャッチャッチャッという鳴き声が聞こえてきます。それもあちこちで。ウグイスの地鳴きです。春になるとホーホケキョとさえずるウグイスも、今はチャッチャッチャッです。
 声はすれども姿が見えぬ、というのがこの鳥で、なかなか写真が撮れません。藪の中で動き回っています。たまに姿を見ても、あっという間に引っ込んでしまいます。きょうはウグイスを撮る、と腹を決めて待つしかありません。姿を見たらすぐにシャッターを切らなければなりません。写真を見ると、やんちゃ坊主みたいな表情で、かわいい鳥です。
 ウグイスは、スズメ目ウグイス科の鳥で、体長は14cm~16cm。スズメほどの大きさで、留鳥です。冬になると黒目川にやって来て、春になると山に移動してしまうようです。なかには夏まで黒目川に残っている個体もあり、それがホーホケキョとさえずります。
 『図説 鳥名の由来辞典』(柏書房)によれば、万葉集にウグイスを詠んだ歌が48首あるそうです。「梅に鶯」といわれますが、ウグイスが梅の木にとまる習性はないそうです。ただ、梅の開花時期とウグイスがさえずり始める時期が重なり、梅の木にとまることもあることから、「梅に鶯」が春の歌として定着したようです。
 ちなみに2014年、黒目川でホーホケキョを最初に聞いたのは3月17日でした。2015年は3月12日。2016年は3月8日でした。今年はいつになるでしょうか。
 ホーホケキョを「宝、法華経」と聞きなすのは有名な話。
《Nikon D7100 + AF-S NIKKOR 70-300mm》
 
ウグイス

ウグイス

ウグイス

藪のウグイス2013/11/20

 黒目川遊歩道に隣接する藪の中から「チャッチャッチャ」という鳴き声が聞こえてきました。ウグイスの地鳴きです。この鳥は藪が大好きなので、姿が見えません。藪の中で移動していることが多いので、しばらく待つことにしました。
 のんびり藪を眺めていると、動く影があります。だんだん居場所が特定できるようになってきました。写真が撮りやすい場所を見定めて、そこに移動してきたらシャッターを切ることにしました。そしてほんの一瞬、その場所に来てくれました。しかし、とにかく暗い。ウグイスの柔らかい色はまったく出ませんでした。それでも今季初撮りです。
 黒目川周辺のウグイスは、まだ数がいません。だんだん増えてくるでしょう。
 
藪のウグイス

藪のウグイス

地鳴きのウグイス2013/01/31

 川をゆっくりあるくと、予想以上にウグイスがいます。先日は30分歩いて6羽も見ました。冬のこの時期は、ときたまチャッチャッチャッと鳴く声が聞こえます。地鳴きです。鳴かないときも多いので、声が聞こえないからいないのかといえば、そんなことはありません。
 ウグイスは藪の中にいるので、発見しにくい鳥です。日向に出てきて枝にとまってくれればいいのですが、すぐに隠れてしまいます。日向にいるときは気ぜわしく動くので、いい状態で写真を撮れることが少ないです。遠くから見ると地味な色をしています。枯葉に紛れると見失うこともしばしばです。ゆっくり見れば、派手さはありませんが、黄色と緑が混ざった羽が美しい。「鶯色」とか「鶯茶」とかいわれます。
 ウグイスは、スズメ目ウグイス科の鳥で、14センチから16センチ。東久留米には冬から春までて、山に帰っていきます。春は、ホーホケキョの囀りが楽しみの一つです。ウグイスと同じような環境で勢力を広げているのが、中国や東南アジアから輸入された鳥、ソウシチョウです。ウグイスを駆逐しているといわれています。

ウグイス
 
ウグイス

ウグイス

ウグイス いまだ鳴かず2012/03/03

 昨年、黒目川でウグイスの初鳴きを聞いたのはいつだったっけなあ。そう思ってメモを見返したところ、3月12日でした。案外遅かった。一昨年はどうか。2月25日のメモに「ウグイス初鳴き」とあります。いずれも私がその年初めて「ホーホケキョ」の声を聞いた記録です。厳密なものではありません。今年はいつになるのだろうか。
 2月29日に多めの雪が降ってから、「チャッチャッチャ」というウグイスの地鳴きがめっきり減りました。姿を消したのかと危ぶみましたが、藪の中にいました。2羽見ましたが、地鳴きしていませんでした。別の場所で地鳴きの声を聞きました。早く「ホーホケキョ」を聞きたいです。
 
ウグイス

ウグイス

春を待つウグイス2012/02/04

 黒目川のあちこちでウグイスが鳴いています。といっても、ホーホケキョウではありません。真冬なのでチャッチャッチャという地鳴きです。藪の中で鳴いているので、姿を見るのが大変です。見やすいところに出てきてくれたかと思うと、すぐに藪の中へ引っ込んでしまいます。
 国語学者、山口仲美さんに『ちんちん千鳥のなく声は』という本があります。日本人が鳥の鳴き声をどういう風に表現してきたかを書いたものです。それによると、「ホウホケキョウ」は、江戸時代になって登場するのだそうです。それ以前には「ひとくひとく」「ツーキヒホシ(月日星)」「千代千代千代」などと表現されたとか。「ホウホケキョウ」は、法華経の意味をかけています。
 今年は寒波が強くて春が遅くなりそうです。美しい鳴き声は3月のいつごろ聞けるでしょうか。「あらたまの/年たちかへる/あしたより/またるるものは/鶯のこゑ」という和歌がありましたっけ。
 
春を待つウグイス

ウグイスの初鳴き2011/03/20

 3月19日午前、黒目川遊歩道でウグイスの初鳴きを聞きました。まだうまくはありませんが、「ホーホケキョ」と鳴いていました。昨年は3月12日に、一昨年は3月14日に初鳴きを聞きました。今年はちょっとばかり遅いのかもしれません。被災地の人たちに聞いてほしい、と思いました。
 ウグイスが鳴いていたのは、梅の木でした。「梅にウグイスだ!」と妙に感動。写真を撮ろうとしましたが、実にちょこまか動きます。枝がじゃましてうまく撮れません。梅の花は散ってしまって、花の中でウグイスを撮りたいという思惑もはずれてしまいました。 「写真上」は、出来の悪い写真ですが、そのときのものなのでアップします。「写真中」と「写真下」は、まだ「チッチッ」と地鳴きしているときのウグイスです。

ウグイス

ウグイス

ウグイス

外に出てきたウグイス2011/03/06

 暖かくなって、ウグイスが藪の外から出てくることが多くなったような気がします。3月半ばを過ぎれば、「ホーホケキョ」と鳴いてくれるのではないかと思います。今はまだ「チャッチャ」と地鳴きしています。
 外に出てくれるのはいいのですが、近くで写真を撮れません。目の前にいるときは藪の中です。
 先日、テレビを見ていたら、「梅にメジロ」の写真を見せて「梅にウグイス」と紹介していた番組がありました。さすがに訂正がありましたが、よく間違われます。「ウグイス」と言う言葉を聞いて、緑色を連想しますよね。いかにも緑色なのがメジロなので、へんてこりんな話になるのでしょう。梅が咲くころウグイスは、まだ藪の中にいます。梅の木にとまるとしても、ごくまれでしょう。
 そのウグイスにも、うすい緑色が入っています。灰色がかった暗めの緑色といえばいいでしょうか。今回の写真では、残念ながら表現できませんでした。

ウグイス

ウグイス