畦にいたコチドリ2012/05/13

 「Nikon 1 V1」の練習をかねて埼玉県まで行ってきました。マウントアダプタと300ミリF4のレンズを付けて撮ることが目的です。逆光のシーンが多くて、ピントに苦労しました。そこで、オートフォーカスをメーンにして、マニュアルで微調整しました。風が強かったので、小型の三脚を使いました。
 さて、田圃の畦道を歩いていると、かわいい鳴き声がします。近くで鳴いているのですが、さっぱり姿が見えません。ちょっと遠くに目をやると、シルエットで鳥らしい姿が見えました。望遠レンズで覗いてみると、やっぱり鳥でした。どうやらコチドリのようです。
 コチドリは、チドリ目チドリ科の鳥で、体長は16センチ。この辺では夏鳥です。黄色のアイリングがトレードマーク。砂地や砂礫地を好みます。浅い水辺で水生昆虫をとって食べるといわれていますが、見たことはありません。私としては水辺でこの鳥を見るのは貴重な経験でした。
 「Nikon 1 V1」は、慣れていないことと、逆光のシーンが多っかったことなどで、苦労しました。突然飛び立ってファインダーから消えてしまうし、早足でちょこまか歩くし…。しかし、せっかく水辺にいるので、失敗したくありません。おまけに、田植えの直後です。若い稲もいっしょに撮れるのですから、必死に写真を撮りました。
  
畦にいたコチドリ

畦にいたコチドリ

畦にいたコチドリ

畦にいたコチドリ

コメント

_ ジンママ ― 2012/05/13 06:55

コチドリ、かわいいです。
黄色いアイラインと黒いネックレスがおしゃれですね。
そちらはもう田植えが終わっているのですね。
昨日見に行ったのですが、こちらの棚田は
まだ田植えしていなかったのです。

_ アミ ― 2012/05/13 11:26

ご無沙汰しております。
ご訪問頂き、また花の名前を教えて頂きありがとうございました。
お陰様でモヤモヤがすっきり晴れました。

逆光で風の中で鳴き声を頼りに姿を探すのは、風に鳴き声が流されたり掻き消されたりで、
コチドリを見つけ出すのは大変だったでしょうね。
風の吹く状態が稲の苗の揺れ方でわかります。
動きの速い小鳥を撮影するのは絶対に撮るという信念と忍耐と我慢強さですかね(笑)
苦労の甲斐あって素敵で貴重なお写真が撮れましたですね。

_ ジンママ様 ― 2012/05/13 20:55

どうも! かわいい鳥でしょ。このブログでは初公開でした。
近いうちに、アップ気味に撮った写真をアップします。
ぜひ見てください。

_ アミ様 ― 2012/05/13 21:10

こんばんは。コメント、ありがとうございます。
モヤモヤが晴れて、何よりでした。
それにしても、ド派手な花ですね。
コチドリは、慣れないカメラで撮った分、手間がかかりました。
なんとか撮れたので、よかったなあ、と思っています。
また、そちらのブログにおじゃましますので、
今後とも、よろしくおねがいいたします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kurome.asablo.jp/blog/2012/05/13/6443778/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。