FinePix HS30EXR で撮ってみる(2)2012/12/17

 富士フイルムの  FinePix HS30EXR は、ピントもさることながら、露出が難しい。今回は、「色を濃く」「コントラストも強く」「ダイナミックレンジも上げて」撮ってみました。ど派手な写真になりました。これはちょっとやりすぎですね。
 使っていてわかったことは、液晶モニタにだまされていた、ということでした。自分の経験では露出は合っているはずなのに、モニタでみると露出オーバーになっている。そこで露出をアンダーにして撮ってみると、モニタではそこそこきれいに見える。ところがパソコンで写真を見てみると、露出不足になっている。モニタで見てオーバー気味かなと思うくらいがちょうどよい。とにかく、カメラの癖を飲み込むまでは、使いにくいものです。
 
枯葉

赤い実

赤い実

赤い実

赤い実

コメント

_ ジンママ ― 2012/12/17 22:11

色が良く出ていますね。
私のカメラもそうなのですけれど、本当にモニタには
だまされっぱなしです。
モニタで確認して良いなと思って、PCに取り込んでがっかり。
というのは良くあります。
この現象には買い換えて悩んでいます。

_ ジンママ様 ― 2012/12/17 22:53

カメラによってモニタの表示が違うので、苦労しますよね。
これは、そのカメラのモニタに慣れるしかないですね。
このくらいに見えればきれいに撮れている、という加減を会得するしかない。
昼間の明るいときは、このくらいの見え方、
曇った日は、このくらいなどという具合に。
わかってくると、うまく撮れるようになると思います。
モニタの見え方と、PCで見たときの違いをよく比べてください。
慣れれば何とかなるでしょう。

_ ジンママ ― 2012/12/18 23:18

色々とありがとうございます。
試しながら、やってみます!

_ ジンママ様 ― 2012/12/18 23:25

突然、しっくり馴染むようになると思います。
慣れることがいちばんです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kurome.asablo.jp/blog/2012/12/17/6662830/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。