おーい、アオゲラがいるぞお!2012/12/24

 落合川のカワセミポイントへ行ってみたところ、「裏山にルリビタキがいるかもしれないよ」と教えてもらいました。東久留米では珍しい部類の鳥なので、さっそく向かいました。到着すると、3人の男性が陣取っていました。手招きされたのでルリビタキの期待が膨らみましたが、木の上を指さします。「アオゲラがいるんだよ、アオゲラが」
 見上げても、みつかりません。「どこにいるの?」「枝が二股に分かれたところにいるでしょう」「ええっ。あっ、いたいた」。暗がりになったところで、枝をトントンたたいています。それも天を仰ぐ格好。鋭い爪で体を支えています。人間にはできない芸当です。
 それにしても、空をバックに暗がりにいる鳥を撮るのかあ。どないしょ。露出をマニュアルにして、いちかばちかシャッターを切ることにしました。
 カメラは Panasonic FZ200 にテレコンバーションレンズをつけています。約1000ミリ相当。小さくて軽いので、手持ちでもなんとかいけそうです。ISO感度200。絞りはF4.0。シャッタースピードは80分の1秒。
 アオゲラは、珍しい鳥というわけではありませんが、簡単に見つかる鳥でもありません。留鳥なので、季節を問わず見ることができます。屋久島から本州に分布する日本固有種のキツツキです。体長は29センチ。ヒヨドリが28センチなので、ほほ同じ大きさです。写真のアオゲラは、頭の後ろだけが赤いのでメスだと思われます。オスは頭全体が赤い。
 本命のルリビタキを見ることはできませんでした。
 
アオゲラ

アオゲラ

アオゲラ

アオゲラ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kurome.asablo.jp/blog/2012/12/24/6668130/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。