2年ぶりのイソシギ2013/12/31

 大晦日になって、久しく見ていなかったイソシギに出合いました。黒目川と落合川が合流したところからさらに下流、都県境を越えた埼玉県新座市に入ったばかりの地点です。ここは毎年、冬場にイソシギが来るのですが、なかなか見ることができませんでした。このブログで紹介するのは、2011年12月22日以来です。
 イソシギは夜明けとともにずっと下流から飛んできます。夕方になると下流に戻っていくのではなかいと思われます。川の合流点より上流では見たこがありません。見た人もいるので、たまには上ってくるのかもしれません。黒目川より北を流れる柳瀬川にもイソシギはやってきます。
 イソシギはチドリ目シギ科の鳥で、留鳥です。体長は20センチ。スズメ(14センチ)より大きくて、ムクドリ(24センチ)より小さい。ハクセキレイやキセキレイとほぼ同じ大きさです。腰を振りながら水辺で水生昆虫の幼虫をとります。その点でもセキレイとよく似ています。羽は細い三角形をしていて、スピード感あふれる飛び方をします。
 2013年のアップはここまでとします。来年もまた、よろしくお願いいたします。
 
イソシギ

イソシギ

イソシギ

イソシギ

イソシギ

イソシギ