椿にメジロが遊ぶ2015/01/15

 いままで歩いたことのない路地に行ってみました。急に開けたところに出たと思ったら公園でした。その一角に花がてんこ盛りの椿の木が4本がありました。ここなら鳥がいるだろうと耳を澄ますと、メジロが鳴いています。群れで来ているようです。順光側で撮りやすい場所があったのでポジションを決め、メジロが移動してくるのを待ちました。こちらが近づいていくと、ある程度の距離が必要になります。動かずに待っていると、かなり近くまで来てくれます。
 1000mm近い望遠(コンパクトデジタルカメラにテレコンバーションレンズを装着したもの)で撮って、アップを狙いました。ピントが甘いです。
 
椿にメジロ

椿にメジロ

椿にメジロ

椿にメジロ

コメント

_ ジンママ ― 2015/01/15 07:59

凄い。
メジロの質感が伝わってきます。
家のアロエの花にもメジロがいました。
犬と一緒だったので、驚かせては
いけないと思い、すぐに立ち去りました。
寒くなり、こちらにも鳥が増えました。

_ ジンママ様 ― 2015/01/15 23:53

こんばんは。
お褒めいただいてありがとうございます。
そういえば、アロエは寒い時期に咲くんですよね。
でも、蜜が吸えるような花でしたっけ?
アロエにメジロとは、面白い取り合わせです。
アロエを食べて元気になろう、なんて言っているのかもしれませんね。
珍しそうな鳥がいたら、教えてください。

_ くさ ― 2015/01/16 12:35

こんばんは。

先日スマホから拝見して、何か感想があったのですが忘れまして(笑)、いまジンママさんのコメントを見て、改めて写真を大きくして見て見ました。
27インチスクリーンです。 どんだけ大きいメジロ ^^;;; フクロウより大きくなりました、大迫力です。

三枚目の写真が面白かったです。花につっこんだ顔の輪郭が、フワフワしています...。これ、わざと膨らませていますよね? おしべその他に密着しすぎるため、目をつつかれないようにとか、空間を確保しているのでしょうか?

今「鳥のおもしろ行動学」という本を読んでいますが、タカはヒトの7.5倍の視力を持つ、それはつまり、人なら100m先で認識できるものを、タカは750mも先から認識できる、ということでした....。 単純に、驚きました!!!

_ くさ様 ― 2015/01/17 00:33

こんばんは。
たまにドアップを紹介すると刺激的でいいかもしれませんね。
こんどは、別の鳥でやってみましょう。
>これ、わざと膨らませていますよね?
膨らんでいるといえば膨らんでいるように見えるし、
膨らんでいないようにも見えます。
撮った本人には、まったくわかりません。(とほほ…)
たしかに、目を保護しなければいけませよね。
メジロなりの工夫がありますね、きっと。
梅とか桜は目までおしべがくることはないでしょうが、
椿みたいな花は目を傷める危険があるような気がします。
面白い着眼点です。
『鳥のおもしろ行動学』は、私も読んだような読まないような、なんだか記憶があいまいです。ネットで本の表紙を確認したら、買ったような気がします。でも、内容をまったく覚えていません。年ですね。タカの目はいらないから、しっかりした記憶がほしい!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kurome.asablo.jp/blog/2015/01/15/7539183/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。