散歩写真 飛び上がるダイサギ2020/04/26

 きょうは40分の散歩をしました。持ち歩くカメラは、PanasonicのDMC-FZ200。広角25mmから望遠600mmまで(35mm換算)。全域F2.8なので取り回しが楽です。ずっと使わないままでしたが、新型コロナの外出自粛で、散歩用カメラとして使うことにしました。
 コンデジではありますが、一眼レフのような形をしたレンズ一体型のカメラです。2012年の発売だったと思うので、8年近く使っていることになります。シャッター周りが壊れたので、一度修理に出したことがありました。いろいろ不満はありますが、胸ポケットに入るくらいの小さなコンデジでは鳥の動きが追えないので、散歩途中の鳥撮影にはちょうどいいのかもしれません。軽いのがアドバンテージです。
 さて、今日は昨日よりも風が強かったです。黒目川の上流から下流に向かって吹きつけました。ダイサギがいたので、どんなふうに飛び立つのかを観察してみました。一般的には風上に向かって飛び立つはずです。しかし強風なので、かえって危険かもしれません。さあ、どうする?
 ダイサギは私の前で2回、飛び立ってくれました。いずれも向きは風上ですが、ほぼ垂直に飛び上がって風をつかみ、頂点で体を翻して風下へと飛びました。飛行機のように斜め上に飛んだのでは、強風に煽られてのけぞってしまう危険があるからだと思います。頂点で体を翻したのは、上がってしまえば風に乗れるということかもしれません。
 
飛び上がるダイサギ

飛び上がるダイサギ

飛び上がるダイサギ