水辺のハグロトンボ2022/07/25

 日没のころ、橋の上から川を眺めていたら、ハグロトンボが舞っていました。川面は空を映して青っぽい。川面にせり出した緑の葉の上で黒いトンボが翅をやすめ、ときたま飛び上がります。距離があるのでアップにはなりませんが、周辺をいれて写真にしてみました。撮りやすいところにいたハグロトンボは、羽があまりきれいではありませんでしたが…。3枚目までは同じトンボでメスです。4枚目は、胴体がモスグリーンに輝いているのでオスだと思います。
 今年、黒目川でハグロトンボを見たのは、6月初めから半ばにかけてだったと記憶しています。それ以来、あちこちで見ます。例年よりたくさんいるのかもしれません。ハグロトンボといえば、落合川で撮るのがこれまでのやり方でした。落合川の方が確実に見ることができ、かつ近くで撮ることができるからです。しかし、7月初めのころ、落合川の撮影ポイントにはまったくいませんでした。今ならいるかもしれないので、機会をみて行ってみようと思っています。
 
 
水辺のハグロトンボ

水辺のハグロトンボ

水辺のハグロトンボ

水辺のハグロトンボ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kurome.asablo.jp/blog/2022/07/25/9512093/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。