桜の木にとまるミンミンゼミ2022/08/19

 黒目川遊歩道に沿って小さな公園があります。通称「桜の公園」。ここはアブラゼミとともにミンミンゼミがたくさんいます。ミンミンゼミは桜の木が好きなのかもしれません。わりと高いところにいるのですが、人間の顔くらいの高さで鳴いているときもあります。アブラゼミはあまり逃げませんが、ミンミンゼミは下手に近づくとすぐに逃げられてしまいます。静かに体を動かして撮ってみました。だいたい日陰にいるので、ブレてしまうことが多い。今回も、微妙にブレているようです。ピントが甘いのもブレの影響でしょう。
 ミンミンゼミは日本全国にいます。調べてみると、東日本以北では平地の森林や市街地にいるのに対して、西日本では標高の低い山地に多いそうです。東京の人間には珍しくもないセミですが、関西の市街地ではあまりなじみがないのかもしれません。
 「ミ~ンミ~ンミ~ン」という鳴き声は夏の風物詩です。今年は、鳴き声がちょっとばかり少ない気がします。

ミンミンゼミ
 
ミンミンゼミ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kurome.asablo.jp/blog/2022/08/19/9519054/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。