桜にヒヨドリ2021/04/02

 曇りの日、桜の近くで休んでいたら、ヒヨドリがやってきました。花の蜜を吸ってくれるかなと期待しながら撮りましたが、ただの休憩だったようです。嘴についた花粉は、他の木で蜜をすったからでしょう。
 すでに桜はピークを過ぎ、散るばかりです。早すぎる春もあじけない。
 
桜にヒヨドリ

桜にヒヨドリ

桜にヒヨドリ

モクレンの蕾を食べるヒヨドリ2021/03/02

 ヒヨドリはいろんなものを食べてしまう雑食です。しかし、モクレンの蕾を食べるのはやめてもらいたい。他に食べるものはあるでしょう。畑に行って野菜を食い散らかすのもやめた方がいいと思うよ…。
 休憩していた図書館前に、モクレンの木(たぶん)がありました。蕾が膨らんで、赤い花びらが見えています。春だなあと思ってゆっくり眺めようとしたときに、ヒヨドリがいるのを発見しました。そっと後ろに退いてカメラを取り出し、シャッターを切りました。ヒヨドリは、おいしそうにパクついています。味がわかるのかしらん?
 背景の白は、団地の外壁です。
 
モクレンの蕾を食べるヒヨドリ

モクレンの蕾を食べるヒヨドリ

梅にヒヨドリ2021/02/26

 「梅に鶯」と聞けば春らしさをイメージしますが、「梅にヒヨドリ」ではあまり有難味がありませんね。それに、もう梅の花も終わりですし。それでも、私の目の前を横切って行ったヒヨドリが梅の木にとまったので、がんばって撮ってみました。なにしろ、梅の花が激減しているので…。
 以前は、自宅の近くに小さな梅園があって、「梅にメジロ」を撮るのが楽しみでした。その梅園は建売住宅になり、人が生活しています。黒目川遊歩道沿いにも梅の木がありましたが、すっかり減ってしまいました。ヒヨドリがとまった梅の木は、小さな木です。花が多かったのでなんとか形にはなりましたが、わが家の周辺は楽しみがなくなりつつあります。
 
梅にヒヨドリ


梅にヒヨドリ

梅にヒヨドリ

梅にヒヨドリ

ピラカンサスの実を食べるヒヨドリ2021/01/05

 黒目川の遊歩道からピラカンサスが川の方へ垂れ下がっている場所があります。年が明けてから、鳥たちが食べ始めました。味がよくなるのを待っていたようです。メジロ、ジョウビタキ、ヒヨドリを確認しました。
 いちばん威張っているのがヒヨドリです。小鳥たちを蹴散らして赤い実を食べ放題。私は対岸から写真を撮らなければならないので、メジロやジョウビタキではちょっと小さすぎます。ヒヨドリの方が撮りやすい。
 ということで、私とヒヨドリの違いは一致。太陽が顔を出してピラカンサスに斜めから光が当たるころ、ヒヨドリがやってくるのを待ちました。ジョウビタキが近くの枝にとまったので、赤い実を食べてくれないかなあとレンズを向けた瞬間、ジョウビタキが飛び立ちました。その直後、その枝に姿を現したのがヒヨドリでした。わざと邪魔しにきたみたいなタイミングです。ピラカンサスの枝に移動して赤い実を食べ始めました。
 あれから3日、ピラカンサスの実は半分以下になりました。
 
ピラカンサスを食べるヒヨドリ

ピラカンサスを食べるヒヨドリ

柿の実を食べるヒヨドリ2020/10/20

 小さな柿畑にヒヨドリがいました。オナガ、ヒヨドリ、メジロ、スズメなども来ますが、決まっていちばん遠いところにいます。人が見ていると、まず近くの柿の実には来てくれません。この日のヒヨドリもそうでした。
 コンデジの1000mm相当で撮って、若干トリミングをしています。暗い朝だったので、画像も荒れ気味で、きれいに撮れませんでした。
 
ヒヨドリ

ヒヨドリ

ヒヨドリ

残り僅少 赤い実を食べるヒヨドリ2020/08/01

 無数にあった夏の赤い実も枝の先端でわずかに残るだけとなりました。いちばん目立つ場所なので、最後まで残りました。しばらく眺めていると、ヒヨドリが数羽飛んで来て、しのうちの1羽が枝の先端にとまりました。嘴でつまんでは飲み込んでいます。糞と一緒に種が排出され、どこかで芽が出るとるのかなあ。
 
赤い実を食べるヒヨドリ

赤い実を食べるヒヨドリ

赤い実を食べるヒヨドリ

残り僅少 ヒヨドリ独占2020/07/25

 またまたまた、夏の赤い実を食べにくる鳥の写真です。実は残り少なくなってきました。見ていると、いままで必ず見ることができたメジロとムクドリがいません。とっかえひっかえやってくるのは、ヒヨドリだけです。独占状態。ムクドリの群れとヒヨドリの群れが赤い実をめぐって争ってくれれば面白いのに、それはないみたいです。鳥同士、仁義なきたたかいはしないんですね。体が大きいヒヨドリが威張っているということでしょうか。
 
赤い実とヒヨドリ


赤い実とヒヨドリ

赤い実とヒヨドリ

赤い実とヒヨドリ

赤い実から飛び立つヒヨドリ2020/07/22

 これまで何度か紹介してきた夏の赤い実。大部分が食べつくされ、人からよく見える部分にだけ残っています。ちょうどヒヨドリが来ていたので、撮ってみました。いい角度になってくれたので、飛び立つ瞬間をねらいました。偶然、タイミングが合ったのでなんと撮れました。
 
ヒヨドリ


ヒヨドリ