青空に飛ぶカルガモたち2023/01/26

 きょうは快晴。昨日までの強風もやみ、寒さも和らぎました。そんな青空をカルガモたちが楽しそうに飛んでいました。水の上でものほほんとした顔をしていますが、飛んでいるときものほほんとした顔をしています。しかし、すぴーとは速い。黒目川の上空を円を描くように飛んでいるのですが、あっという間に通りすぎていきます。飛ぶ方は滑空です。あまり羽ばたきません。カモたちが空を飛んでいるというのは、なかなかいい眺めです。
 
青空に飛ぶカルガモたち

青空に飛ぶカルガモたち

青空に飛ぶカルガモたち

青空に飛ぶカルガモたち

ピンクの花をついばむカルガモ2023/01/08

 日没のちょっと前、カルガモがピンクの花をついばんでいました。護岸を覆う感じで花が咲いています。カルガモはひょいと背伸びをして花をむしり取っています。おもしろかったのは、花を食べたあと、必ず水を飲んでいたことでした。花がぱさぱさなのか、それとも苦いのか。花を食べては水を飲むを繰り返していました。お腹がちゃんぽんちゃぽんにならないのだろうか。
 この花は、ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)のように見えるのですが、確たることがわかりません。ヒメツルソバだとすれば、花期は長く、春から晩秋といわれています。しかし、冬になっても道端で花を見ます。寒さにも強いようです。明治のころ、ヒマラヤからロックガーデン用に持ち込まれた植物のようです。
 
土手の花をついばむカルガモ

土手の花をついばむカルガモ

土手の花をついばむカルガモ

2羽で羽ばたくカルガモさん2022/12/12

 2羽のカルガモが下流から上流へ移動していました。午後の太陽を浴びて、なんだか楽しそうです。そろそろ流れが急な場所にさしかかります。流れに体ごとぶつかっていくか、それとも岸に寄って流れを回避するか。早く来い!と思っていたら、急に止まってしまいました。そこで羽繕いを始めました。
 かなり拍子抜けでしたが、2羽のカルガモが頭から水をくぐる動作を始めました。もしかすると2羽が一緒に羽ばたくカモしれません。隣り合わせのカルガモが一緒に羽ばたくシーンは見たことがないので、期待しながら待ちました。そうしたら、期待通り羽ばたいてくれました。どうということのない写真ですが、私としては珍しい部類の写真です。もっとアップで撮りたかった。
 
2羽で羽ばたくカルガモ

2羽で羽ばたくカルガモ

2羽で羽ばたくカルガモ

水浴びするカルガモ(2)2022/11/19

 ひきつづき、水浴びするカルガモです。なにしろ年間を通して黒目川にいる鳥さんですから、リスペクトしておかなければいけません。渡りをするカモさんたちも大変ですが、1年の半分はいないので、カルガモさんには大変助けられています。
 さて、この水浴びですが、撮るのは案外難しい。水が派手にはじけてくれないと貧弱だし、はじけすぎるとカルガモの姿が見えなくなるし、水しぶきでピントが外れることもあるし…。逆光側から撮るのが基本だと思いますが、逆光写真は4枚目だけです。1枚目から3枚目は斜光で撮りました。画面左からの光です。
 
カルガモの水浴び

カルガモの水浴び

カルガモの水浴び

カルガモの水浴び

水浴びするカルガモ2022/11/18

 きょうは、カルガモたちが楽しそうに水浴びをしていました。頭から水の中に潜り、水中で一回転して起き上がってきます。今回は、水中から顔が出たところをねらってみました。潜った位置と顔が出た位置が違うので、ピントがなかなか合いません。その瞬間の表情を捉えられるかどうかは、下手な鉄砲も数打ちゃ当たるの世界ですね。でも、カルガモさんは数回から多くて10回くらいしかやってくれません。
 4枚目の写真は、水中で回転しているところです。

水浴びするカルガモ

水浴びするカルガモ

水浴びするカルガモ

水浴びするカルガモ

カルガモの朝2022/11/03

 朝の川面は、すっかり表情が変わりました。冬の色合いです。太陽が昇る位置と高さが変わり、気温が下がっていけば、さらに変化します。
 晩秋にかかる川面の色をカルガモと一緒に撮ってみました。ヒドリガモがシベリヤからやってきましたが、カルガモは年間を通して黒目川にいてくれます。春夏秋冬が撮れる貴重なカモです。
 
カルガモの朝

カルガモの朝

カルガモの朝

カルガモの朝

ミゾソバの花を食べるカルガモ2022/10/27

 川の岸辺に咲いたミゾソバの花もそろそろ終わりです。ピンクの色が抜け、白くなってしまいました。いままで食べる姿を見なかったカルガモが、白くなった花を食べています。ここ数日のことです。終わりかけに食べるのでしょうか。それともたまたま今見かけているだけでしょうか。よくわかりませんが、撮ってみました。うまく撮れませんでした。3枚目に、ピンクになった花とモンシロチョウの写真を置きます。
 
ミゾソバの花を食べるカルガモ

ミゾソバの花を食べるカルガモ

ミゾソバの花を食べるカルガモ

争うカルガモ2022/10/16

 カルガモが8羽ほど、まとまっていました。のほほんと水に浮かんでいます。いつものことなので、近くにいたダイサギの動きを眺めていました。魚を狙っているようなので、カメラを構えて、チャンスを待ちました。
 突然、ガーガーというカルガモの鳴き声とともに、バシャバシャという水の音が聞こえてきました。カルガモが運動会を始めたようです。慌ててカメラを向け、考える暇もなくシャッターを切りました。
 カルガモが群れたとき、いきなり争いが始まることがあります。たぶん興奮した1羽が一方的に仕掛けるのではないかと思います。攻撃するカモは本気のようですが、逃げるカモからはあまり切迫感を感じません。ただ、群れ全体が興奮状態になるようです。群れると軋轢が生まれるんでしょうかねえ。コサギも、群れれば争いが始まりますし…。
 カルガモの争いは瞬間風速みたいなもので、あっという間に終わってしまいます。周りのカルガモは、その場で羽ばたいてみたりして、気分を落ち着かせているように見受けました。
 
争うカルガモ

争うカルガモ

争うカルガモ

争うカルガモ