オレンジの川面とモノクロの鳥2024/02/24

 日差しがあるときは、川面がハッとするような輝きをみせることがあります。午前8時前の黒目川。周辺の反射光が川面のわずかな範囲をオレンジに染めました。きれいだなと眺めていたら、運よく鳥が来てくれました。それも白と黒のセグロセキレイです。オールカーの写真なのですが、鳥だけをモノクロに変換したかのような印象になりました。モノクロ写真(3枚目)にしてみると、カラーのおもしろさがとんでしまいますね。
 
オレンジの川面とセグロセキレイ

オレンジの川面とセグロセキレイ

オレンジの川面とセグロセキレイ

水の反射とセグロセキレイ2024/01/11

 黒目川の浅瀬に水草のようなものが浮いて、ちょっとした島をつくっていました。日陰になっているので、水が鏡のように辺りを映し出しています。そこにセグレセキレイが飛んできてくれました。うろうろ歩くセグロセキレイをレンズで追いながら、水の反射と重なるシーンを撮ってみました。
 撮ってみて思うのは、案外、鳥が目立たないものだなあということ。ハクセキレイだったら、もう少しわかりやすい写真になったのかもしれません。黒っぽい鳥の場合は、住変が明るくないと目立ちませんね。
 
セグロセキレイ

セグロセキレイ

セグロセキレイ

セグロセキレイ

光る水とセグロセキレイ2023/11/30

 遠くに見える川の中で小さな鳥が飛びました。セキレイのようです。急いでその場に行ってみると、セグロセキレイがいました。コンクリートで固めたようなものに乗っています。朝日が川面を染めて、いい感じです。川面の色が生きるように撮ってみることにしました。一応、撮れましたが、黒っぽいセグロセキレイが目立たなくなりました。涙…。
 
セグロセキレイ

セグロセキレイ

セグロセキレイ

セグロセキレイも登場2023/11/15

 秋になって、セグロセキレイを見るようになりました。白と黒で締まった感じがする鳥です。顔が黒いので、目が光ってくれないと台無しです。顔の向きを見ながら撮りました。周辺に色づいた落ち葉があります。季節感を出すために、意識して入れ込みました。桜の葉ではないかと思います。
 
セグロセキレイ

セグロセキレイ

セグロセキレイ

落ち葉とセグロセキレイ2022/11/20

 2羽のセキレイが追いかけっこをしていました。白と黒の模様が鮮やかです。s白と黒のコントラストがはっきりしているので、セグロセキレイかもしれません。だとすると、久しぶりです。
 1羽が日陰になったところにいました。望遠レンズでたしかめてくると、思ったとおりセグロセキレイです。年間を通して黒目川にいる個体もいますが、数は僅か。秋になると渓谷から人里に降りてくる個体の方が多いだろうと思います。この2羽も、最近やってきたばかりではないか。
 日陰になったところでは、むき出しになった水草が小さな丘をつくっています。その上に落ち葉が散っていました。セグロセキレイと落ち葉をコラボで撮ってみたのですが、暗い写真になってしまいました。でも、まあ、一応、この時期らしいということで…。
 ちなみに、黒目川にはセキレイが3種類います。ハクセキレイ、キセキレイ、そしてセグロセキレイです。

落ち葉とセグロセキレイ

落ち葉とセグロセキレイ

落ち葉とセグロセキレイ

落ち葉とセグロセキレイ

セグロセキレイの親子2021/04/22

 再びセグロセキレイの親子を撮りに行きました。餌渡しの瞬間がわかるように撮るのが目的です。距離があるのでなかなかうまくいかないのですが、前回よりわかりやすく撮れたかなと思います。
 
セグロセキレイ

セグロセキレイ

食事をねだるセグロセキレイの若鳥2021/04/21

 久しぶりに黒目川の下流にいっていました。下流といっても2キロほどです。高い位置から川を眺めていたら、巣立ったばかりの若鳥がいました。はじめはハクセキレイと思ったのですが、セグロセキレイの若鳥でした。というもの、親を見つけては食事をねだる姿を見ることができたからです。遠くにいた親鳥は餌を銜えて若鳥のところまで飛んできました。もちろん、若鳥は親の後を追いかけて餌をねだるのですが、「しょうがない子ねえ」という感じで、こまめに餌を与えていました。餌は川虫だと思います。
 若鳥は4羽いました。詳しい方がいて、「3羽いるよ」と教えてくれたのですが、その方が新たに1羽を発見してくれました。活動的な若鳥は3羽。取り残されている感じの若鳥が1羽。4羽とも元気に育ってほしいです。
 
食事をねだるセグロセキレイの若鳥

食事をねだるセグロセキレイの若鳥

食事をねだるセグロセキレイの若鳥

川面の輝きとセグロセキレイ2021/02/18

 久しぶりに早起きして黒目川に出てみました。起きたときは寒さを感じませんでしたが、川に出るとさすがに寒い。周囲の畑には霜が降りていました。夜明けが早くなり、午前6時半ではかなり明るいです。太陽の位置もだいぶ変わって、照らされているはずの川面が暗かったり、思いがけないところが輝いていたり。
 浅瀬でセグロセキレイが歩き回っていました。川虫を探しているようです。川面が美しかったのでアップを撮るのはやめ、川面の輝きと一緒に撮ってみました。地味な鳥なので周辺の色を借りたという感じです。
 
セグロセキレイ

セグロセキレイ

セグロセキレイ