ツバメの若、電線にとまる2022/07/04

 ツバメが黒目川の川面すれずれをカッコよく飛んでいました。アクロバティックな飛び方をするので、見ていて飽きません。どうやって撮ろうか、と思っていたら、近くの電線にとまってしまいました。これでちょっと拍子抜け。ツバメを見て、今度はびっくり。なんと、若鳥です。飛び方を見て親鳥だとばかり思っていました。もう一人前。ツバメは成長が早いですね。夏の終わりには南へ渡っていかなければなりません。思わず、がんばってねといってしまいました。
 
ツバメの若

ツバメの若

ツバメの若

駅で育つツバメのヒナたち2022/06/20

 今年も駅でツバメが子育てをしています。2つか3つ巣があるのですが、比較的明るい場所にある巣を撮ってみました。ヒナは3羽しかいませんでした。少子化なのでしょうか。
 親鳥が餌を与えるところがいちばんの狙いなのですが、撮れる位置が決まっているので、親鳥が飛んでくるとヒナたちを隠してしまいます。親鳥の羽をとっても仕方がないので、この場所では給餌の写真は諦めました。親鳥を待っているひなたちの表情です。比較的明るいとはいっても、かなり暗いので感度を上げて撮っています。ザラザラした写真になってしまいました。
 子のヒナたちは、あと2~3日で巣立つのではないかと思います。カラスに襲われやすい時期なので、無事に巣立ってほしいです。
 
駅で育つツバメのヒナ

駅で育つツバメのヒナ

駅で育つツバメのヒナ

駅で育つツバメのヒナ

元気なツバメの若2021/07/24

 今年生まれたツバメの若たちが電線などにとまるようになりました。3羽が仲良くとまっていたり、1羽だけだったり。写真のツバメは、2羽のうちの片方です。親を待っているのかなと思ってしばらく見ていても、親がやってくる様子はありません。大きさから見て、独立しているのかもしれません。もう少し小さいと、親が餌を運んでくるシーンが撮れるはずですが…。
 
ツバメの若

ツバメの若

ツバメの若

始まったツバメの子育て2021/06/10

 東久留米駅でツバメの子育てが始まりました。毎年巣がかかる西口は点検工事がおこなわれていて、営巣してくれるかなと危ぶんでいたのですが、工事が終わったころから巣ができはじめました。
 6月9日はよく晴れたので、巣が見やすいかなと思って仰ぎ見てみました。なんと、ヒナたちはずいぶん大きくなっていました。3羽以上いると思うのですが、正確な数は確認できませんでした。写真もうまく撮れず。
 念のため、東口に移動してみると、巣がありました。その下には、駅員一同による優しい看板が置かれていました。「頭上からのフンにご注意ください」というメインの文字とともに、「巣立ちまで温かく見守っていただけますでしょうか」と添えられていました。こういうのを見ると、ほっこりします。
 
ツバメの子育て

ツバメの子育て

ツバメの子育て

成長が遅れたヒナがいる2020/06/09

 きのう紹介したツバメのヒナたちを、きょうも見てきました。見えるのは4羽で同じですが、左のヒナが小さすぎます。きのうは、このヒナを見ませんでした。写真にも写っていません。ヒナは5羽いて、常に1羽が見えないのか。
 それにしても、あまりに成長の度合いが違います。1羽だけ栄養が足りないのか。あとから孵ったのか。このヒナに親が餌を渡すところは見ることができませんでした。どうなているのか。
 
ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

どんどん大きくなるツバメのヒナ2020/06/08

 きょうは晴れたので、東久留米駅のツバメを撮ることにしました。4羽のヒナが親を待っています。カメラはコンデジでしたが、一脚を使いました。手持ちで見上げていると疲れてしまいます。一脚があればだいぶ楽です。しかし、時間がなかったので10分もいられませんでした。その間に親が餌を運んできたのは1回きり。巣立ちまでにじっくり撮れる機会をつくりたいものです。
 6月6日に「餌を運ぶツバメの親」をアップしました。きょうのヒナたちのちょっと前の姿です。やっぱり成長がはやい! もう羽ばたきの練習をしています。
 
ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

餌を運ぶツバメの親2020/06/06

 東久留米駅で新しいヒナたちが誕生し、親ツバメがせっせと虫を運んでいます。ヒナは5羽までは確認できました。曇っていたので巣は暗く、きれいに撮れませんでした。晴れた日は舗装道路の反射があるので、撮るのが楽になります。次の機会にじっくり撮ってみたいと思っています。
 5月に紹介したヒナたちは無事に巣立ちを果たしたようで、巣はからっぽ。渡りまでにはまだ時間があるので、この巣から次の巣立ちを見ることができるかもしれません。
 
餌を運ぶツバメの親

餌を運ぶツバメの親

餌を運ぶツバメの親

成長がはやいツバメのヒナたち2020/05/31

 5月28日に紹介したツバメのヒナたち。きょう(31日)の夕方、改めて見てみると、しっかり成長していました。東久留米駅での子育てです。前回確認できたヒナの数は3羽でしたが、実際は4羽でした。ちょっと数が少ない感じがします。
 前回と見比べていただければわかりますが、ヒナの成長ははやく、巣立ちも近そうです。ということは、カラスに襲われる危険も高くなります。4羽みんなが巣立ってほしいです。

ツバメのヒナたち

ツバメのヒナたち