朝霧のなかのダイサギ2022/12/02

 黒目川の朝霧が立った午前7時ごろ、岸辺にダイサギが舞い降りました。繁みに顔を突っ込んだり、川の中をのぞいたり。魚を探しています。風の具合で霧が流されて薄くなったり、立ち込めたり。霧が濃いとダイサギが写らないし、薄いと霧が目立たないし、いろいろ困りました。少し明るめにとって、霧を白く目立たせることができるかどうか。ダイサギの白はどうするか。霧の写真はいつも難しいです。
 ダイサギが銜えているのはザリガニです。このとき、2匹食べました。 
 
朝霧のなかのダイサギ

朝霧のなかのダイサギ

朝霧のなかのダイサギ

接近する2羽のカワセミ オスとメス2022/12/01

 きょうから12月。予報どおり寒くなりました。前日の雨と風で、紅葉はほぼ見納めに。黒目川からだんだん色が消えていきます。
 小雨がぱらつきそうな雲行きのなか、2羽のカワセミが接近して、なにやら駆け引きをしていました。オスとメスです。岸辺のコンクリートの上にとまった2羽。メスが首を伸ばしたり、オスがときたまメスの近くを飛んでみたり。しかし、横にぴったりと並ぶことはありませんでした。
 実はこの2羽、11月25日に「地上に降りた2羽のカワセミ」として紹介しています。2羽が接近しているのを初めて見たのは24日の早朝です。なので、短くみても1週間は、こうした関係をつづけていることになります。オスがメスに魚をプレゼントするところは目撃していません。たぶんそれはないと思います。3~4カ月早い。
 2羽の関係が春まで続くというのは考えにくいのですが、かりに春まで続いて子育てまでいったら、ビックリ仰天ですね。別のオスが1羽いるので、このオスがどうでるか。オス同士のバトルがあるのか。いろいろと今後が楽しみです。
 
接近するオスとメス

接近するオスとメス

接近するオスとメス

接近するオスとメス

朝霧にかすむヒドリガモ2022/11/30

 黒目川に朝霧が立つようになりました。11月下旬から12月半ばあたりがいちばんドラマチックです。といっても、毎日朝霧が立つわけではありません。気温、湿度、風の有無などいくつかの条件が重なることが必要です。
 写真は11月24日の早朝、6時50分ごろです。太陽が昇る前は大した霧ではなかったのですが、太陽が顔を出し、水面があたためられたとたん、一気に噴きあがりました。その後15分くらいは霧が立っていましたが、一気に消えてなくなりました。短時間のドラマです。雰囲気はいいのですが、その良さを撮るのはなかなか難しい。広く撮ると散漫になるし、狭く撮ると世界が縮まるし。毎年、悩みながら撮っています。
 
朝霧にかすむヒドリガモ

朝霧にかすむヒドリガモ

朝霧にかすむヒドリガモ

珍しい緑のライン ヒドリガモのオス2022/11/28

 黒目川にいるヒドリガモたちの中に、緑のラインが目立つオスがいます。晴れた日より曇りの日の方がわかりやすいので、曇りの日に撮ってみました。地味な写真ですが。
 ヒドリガモのオスは、顔が赤っぽく、額のクリーム色がよく目立ちます。写真のヒドリガモは、目の後ろに緑色のラインが走り、額のクリーム色はぼやけています。緑色のラインがないオスが圧倒的だと思いますが、薄く入る固体もいます。他の鳥との交雑種ではなく、個体差ではないかと思います。
 4枚目にごく一般的なオスの写真を置きました。

 よく引き合いに出されるのがアメリカヒドリで、こちらは白っぽい顔に緑色のラインがよく目立ちます。ヨシガモのオスも光沢のある緑色です。緑色つながりでいえば、マガモのオス、トモエガモのオス、ハシビロガモのオスも顔に緑があります。コガモのオスは緑色に見えるときがあったり紺色に見えるときがあったりましす。

 さて、東久留米市にヒドリガモが何羽いるか、ちょっと数えてみました。
 黒目川で20羽、落合川で12羽を見ることができました。この数字はちょっと驚きです。というのも、以前は落合川にしか来なかった鳥でした。例年30羽ちょっとが来ていました。数年前から黒目川にも来るようになりましたが、10羽もいなかったと思います。落合川から黒目川に移動してきた部分かなと考えているのですが、今季はその数が逆転しました。総数で32羽なので、落合川だけに来ていたころと変わっていません。今季の落合川は、ちょっとばかりさびしいです。
 落合川でオナガガモのオスを1羽見ました。10年ほど前までは毎年20~30羽が来ていたのですが、ある年を境に激減しました。
 
珍しい緑のライン ヒドリガモのオス

珍しい緑のライン ヒドリガモのオス

珍しい緑のライン ヒドリガモのオス

珍しい緑のライン ヒドリガモのオス

いきなり羽を広げたカワセミ2022/11/27

 カワセミのメスが葦にとまっていました。魚をねらっている感じでもなく、日向ぼっこをしているような雰囲気でした。のんびりしているなあ、と思ったとたん、カワセミが羽を広げました。大慌てでシャッターを切りました。切れてよかったです。つい見とれて撮るのを忘れることがあるんですよ。それもしばしば。落ち込みますけどね。
 カワセミは、体の向きを変えようと思ってバランスを崩したみたいです。羽を広げてバランスを取り、こちらにお尻を向けました。
 
カワセミ

カワセミ

飛び去るアオサギ2022/11/26

 小雨が降る黒目川。午後2時半だというのに、暗い。アオサギがいたので、飛び立つのを待つことにしました。感度を上げてシャッタースピードをかせぐか、感度はあまり上げずに流し撮りをするか。いろいろ悩んだ末に、その中間にしました。どっちつかずの判断。潔くありません。感度400、絞り5.6、シャッター1/125秒。
 アオサギは、待つまでもなく飛んでくれました。飛び立つ瞬間はブレてしまい、飛び上がってから写真が落ち着きました。飛び去る鳥は力強さに欠けてしまいますが、アオサギらしい姿にはなったかな?
 
飛ぶアオサギ

飛ぶアオサギ

飛ぶアオサギ

地上に降りた2羽のカワセミ2022/11/25

 葦にカワセミのメスがとまっていました。葦にとまること自体は珍しくありませんが、この場所は非常にまれです。撮っていると、小さくチッチッチッチッと鳴いています。ということはオスが近くにいるかもしれません。メスが向きを変えたときに、別のカワセミが前を横切りました。これがオスでした。オスは陰にいたのだろうと思います。
 そして2羽が飛び立ち、どういうわけか地上に降りました。2羽は距離を置いて並びました。写真の手前がオスで奥がメスです。オスはまだ胸の色がきれいではありません。それに対してメスは眩しいオレンジ色をしています。オスは若鳥で、メスは成鳥なのでしょうか。
 それにしても、どうして今ごろ2羽のカワセミが並ぶのか。ざっくりいえば、求愛行動が始まるのは2月ごろからです。オスとメスの駆け引きがおもしろい時期です。カップルができるのが3月末から4月にかけて。5月にはヒナが生まれます。
 11月25日、晩秋というか初冬というか、そんな時期にオスとメスが並ぶ光景は初めて見ました。2羽で駆け引きがあるのかといえば、そんな風でもありません。この2羽はいったいどんな関係なのか。秘密が明かされるときがあるのか。
 1枚目と2枚目の写真は、手前のオスにピントを合わせました。3枚目は奥のメスにピントを合わせました。
 
2羽のカワセミ

2羽のカワセミ

2羽のカワセミ

あらっ、タシギさんではないですか2022/11/24

 いつもの黒目川。遠くで、川の中州から岸へ、何かが飛んだように見えました。カモより小さくて、スズメよりはるかに大きい。茶色っぽい羽に感じました。イソシギかはたまたタシギか。イソシギはもう少し下流へ行かないと見られないので、タシギかもしれません。
 飛んだあたりをゆっくり見ました。私の場合は、タシギだと発見できない可能性が高い。枯れ枝とそっくりの色なので、友人に「あそこにいるでしょ」と教えられてもわからないことがしばしまです。肉眼では発見できなかったので、カメラにつけた望遠レンズを少しずつ移動させながら、探してみました。
 ファインダーに、ちょっと動くものが見えました。よく見ると、私に背を向けたタシギがいました。顔が見えません。目をそらすとわからなくなるので、一点を凝視しながら、タシギが顔を見せてくれるのを待ちました。
 11月にタシギを見るのは初めてです。私はいつも発見が遅れるので、1月末か2月の初旬に見るのがせいぜい。今季はやけに早いです。4月下旬、移動の途中で黒目川に立ち寄ったタシギを見たことがありますが、すぐに姿を消しました。
 タシギは小さな群れをつくるといわれています。しかし、黒目川では群れることはありません。おそこに1羽、ここに1羽という感じです。一時的に3羽が近くにいたこともありますが、例外的な姿でした。
 早めに発見したのはよかったのですが、かなり遠かったので、証拠写真でしかありません。私にとっては大事な証拠ですけれど…。
 
タシギ

タシギ

タシギ