羽が美しいヒドリガモのオス2023/01/13

 ヒドリガモのオスが、のんびりたたずんでいました。日陰だったので光が柔らかく、オスの羽の美しさを改めて実感しました。
 1枚目と2枚目の写真を見ていただくと、ちょっぴり緑色がのぞいています。顔を入れると、この緑が隠れてしまうので、顔は見えませんが緑がよく見える写真を3枚目に置きました。
 
羽が美しいヒドリガモのオス

羽が美しいヒドリガモのオス

羽が美しいヒドリガモのオス

羽が美しいヒドリガモのオス

青空に飛ぶヒドリガモの群れ2022/12/26

 いつもは川に浮かんでかわいい姿を見せてくれているヒドリガモたちが、空にいました。十数羽の群れが2つ飛んでいます。空は快晴。下流から上流に向かってくるグループ。上流から下流に向かってくるグループ。1つにまとまって飛んでくれた方が迫力がるのに、もったいない。
 飛んでいる姿は勇壮です。ネットで調べてみると、ヒドリガモの飛行速度は時速70kmを超えるようです。飛んできたなと思ってカメラを構えると、あっという間に頭の上を通過していきます。
 小さな群れにしても、ヒドリガモが飛んでいる姿を見る機会はめったにありません。幸運でした。これでいい写真が撮れれば万々歳なのですが、そうは問屋が卸しません。でも、枚数だけは多めにアップしてみます。青い空を強調したかったので、暗めに撮っています。
 
青空に飛ぶヒドリガモの群れ

青空に飛ぶヒドリガモの群れ

青空に飛ぶヒドリガモの群れ

青空に飛ぶヒドリガモの群れ

青空に飛ぶヒドリガモの群れ

青空に飛ぶヒドリガモの群れ

朝霧にかすむヒドリガモ2022/11/30

 黒目川に朝霧が立つようになりました。11月下旬から12月半ばあたりがいちばんドラマチックです。といっても、毎日朝霧が立つわけではありません。気温、湿度、風の有無などいくつかの条件が重なることが必要です。
 写真は11月24日の早朝、6時50分ごろです。太陽が昇る前は大した霧ではなかったのですが、太陽が顔を出し、水面があたためられたとたん、一気に噴きあがりました。その後15分くらいは霧が立っていましたが、一気に消えてなくなりました。短時間のドラマです。雰囲気はいいのですが、その良さを撮るのはなかなか難しい。広く撮ると散漫になるし、狭く撮ると世界が縮まるし。毎年、悩みながら撮っています。
 
朝霧にかすむヒドリガモ

朝霧にかすむヒドリガモ

朝霧にかすむヒドリガモ

珍しい緑のライン ヒドリガモのオス2022/11/28

 黒目川にいるヒドリガモたちの中に、緑のラインが目立つオスがいます。晴れた日より曇りの日の方がわかりやすいので、曇りの日に撮ってみました。地味な写真ですが。
 ヒドリガモのオスは、顔が赤っぽく、額のクリーム色がよく目立ちます。写真のヒドリガモは、目の後ろに緑色のラインが走り、額のクリーム色はぼやけています。緑色のラインがないオスが圧倒的だと思いますが、薄く入る固体もいます。他の鳥との交雑種ではなく、個体差ではないかと思います。
 4枚目にごく一般的なオスの写真を置きました。

 よく引き合いに出されるのがアメリカヒドリで、こちらは白っぽい顔に緑色のラインがよく目立ちます。ヨシガモのオスも光沢のある緑色です。緑色つながりでいえば、マガモのオス、トモエガモのオス、ハシビロガモのオスも顔に緑があります。コガモのオスは緑色に見えるときがあったり紺色に見えるときがあったりましす。

 さて、東久留米市にヒドリガモが何羽いるか、ちょっと数えてみました。
 黒目川で20羽、落合川で12羽を見ることができました。この数字はちょっと驚きです。というのも、以前は落合川にしか来なかった鳥でした。例年30羽ちょっとが来ていました。数年前から黒目川にも来るようになりましたが、10羽もいなかったと思います。落合川から黒目川に移動してきた部分かなと考えているのですが、今季はその数が逆転しました。総数で32羽なので、落合川だけに来ていたころと変わっていません。今季の落合川は、ちょっとばかりさびしいです。
 落合川でオナガガモのオスを1羽見ました。10年ほど前までは毎年20~30羽が来ていたのですが、ある年を境に激減しました。
 
珍しい緑のライン ヒドリガモのオス

珍しい緑のライン ヒドリガモのオス

珍しい緑のライン ヒドリガモのオス

珍しい緑のライン ヒドリガモのオス

素敵なヒドリガモのオス2022/11/22

 黒目川のヒドリガモは、十数羽いるのですが、最近は2つのグループに分かれているときがあります。減ってしまったのかと思って移動していたら、違う場所に残りがいたということが何度かありました。
 さて、オスをきちんと撮っていなかったので、オスを撮っておきました。メスは全体として黒みがかっているのですが、オスは茶褐色です。頭は褐色で、クリーム色のラインが縦に入ります。羽は茶色やこげ茶、黒などが混ざり合って美しいです。頭の赤いところを緋色と見て、緋鳥鴨というらしいです。
 1枚目、2枚目の写真はオスの単独写真。3枚目は手前がオスで奥がメス。このオスは、まだオスの特徴ができっていません。4枚目は手前がメスで奥がオスです。
 
ヒドリガモ

ヒドリガモ

ヒドリガモ

ヒドリガモ

晩秋の川面とヒドリガモ2022/11/16

 黄金に輝く川面を見ると、必ずシャッターを切ってきまします。晩秋の色。他の季節では見ることができません。下流からヒドリガモたちが移動してきたので、一緒に撮らせてもらいました。
 これまで16羽いた黒目川のヒドリガモは、14羽に減っていました。落合川に移動したのかもしれません。
 
晩秋の川面とヒドリガモ

晩秋の川面とヒドリガモ

晩秋の川面とヒドリガモ

晩秋の川面とヒドリガモ

羽ばたくヒドリガモ2022/11/13

 黒目川のヒドリガモたちは、いまのところ16羽です。のほほんと水に浮いていますが、たまに興奮するのがでてきて、賑やかになるときがあります。1羽が他の鳥に突っかかっていったあと、どういうわけか羽ばたいたりします。なので、賑やかになったら羽ばたきそうな鳥を探して、撮ってみるのも面白いです。今回の写真も、追いかけごっこのあとに羽ばたいた姿です。追いかけた方が羽ばたくのか、追いかけられた方が羽ばたくのか、さて、どっちだったかなあ。シベリアから渡ってくるだけあって、羽ばたきは力強いです。
 
羽ばたくヒドリガモ

羽ばたくヒドリガモ

羽ばたくヒドリガモ

羽ばたくヒドリガモ

かわいらしいヒドリガモ2022/11/12

 黒目川のヒドリガモが増えていました。5羽から10羽を超え、いまは20羽近くにまでなりました。これ以上増えたらニュースです。
 そんなことを考えながら眺めていたら、ヒドリガモがコンクリートの上にのってくれました。川に浮いているときは体全体を見ることはできないので、こういうときはチャンスです。かわいらしい鳥だと思います。
 1枚目の写真で、向かって左にいるのがオスです。あとの2羽はメス。そのほかの写真も、すべてメスです。オスがコンクリートブロックにのってくれないものかとしばらく待っていたのですが、残念ながら遠くへ行ってしまいました。
 
かわいらしいヒドリガモ

かわいらしいヒドリガモ

かわいらしいヒドリガモ

かわいらしいヒドリガモ