朝霧をめでるカワセミ2023/02/05

 昨年12月半ばに撮った写真です。黒目川に霧がたちこめた朝、川面に近い枝にカワセミが止まっていました。ここにとまるのは珍しく、川霧と一緒に撮ることができました。カワセミが朝霧をめでているように見えます。
 霧を出すには逆光の方が楽なのですが、このときは朝日を正面から浴びています。露出をオーバーめにして撮ってみたのですが、色が浅くなってしまいました。
 
朝霧とカワセミ

朝霧とカワセミ

カワセミ・ブルー2023/01/25

 きょうは寒かったです。気温も低かったですが、北風の強風にさらされて縮みあがりました。手袋をしていても指がかじかんで痛い。厚手の靴下を履いていても冷え切ってしまいました。川に氷が浮かんでいるかもしれない、と思いながらあっちこち見ましたが、風が強かったからでしょうか、氷は見ませんでした。畑の霜も目立ちませんでした。
 強風のなかでも鳥たちが元気に魚を食べていました。カワセミは長い間、止まり木にとまっていました。太陽を浴びていたのかもしれません。順光側、逆光側の両方から撮ることができました。順光側で移動しててみると、ブルーの川面を背景にできる角度がありました。コバルトブルーのカワセミとブルーの川面。青つながりという理屈をつけてみました。
 3枚目の写真で、左に写っているのはヒドリガモです。
 
ブルーの川面とカワセミ

ブルーの川面とカワセミ

ブルーの川面とカワセミ

葉っぱと川面とカワセミと2023/01/22

 まだ葉が残る枝にカワセミがいました。なんというん名前の木でしょうか。手前の岸だったので川面をバックに撮ることができました。川面がきれいな反射をしていたので、楽しく撮らせてもらいました。
 カワセミが対岸にいると、土手をバックにしなければなりません。それがいいときもあるのですが、背景がごちゃごちゃしてしまって、カワセミを目立たせるのが難しい場合の方が多いです。カワセミには、手前の岸の枝にとまるように心でお願いをしているのですが…。
 
カワセミ

カワセミ

カワセミ

飛び出すカワセミ2023/01/20

 カワセミの飛びを撮るのが苦手で、なかなかうまく撮れません。タイミングがつかめるようになればいいのですが、シャッターを送れて、その分ピントが甘くなります。失敗を続けながら覚えるしかないですね。
 
飛び出すカワセミ

飛び出すカワセミ

飛び出すカワセミ

朝日を浴びるカワセミ2023/01/06

 快晴の朝、午前8時すぎ。カワセミが、桑(たぶん)の細い枝にとまりました。この時間ならまだ太陽の位置が低いので、影がいい感じに写ります。本当は、カワセミに上を向いてほしかったのですが、ずっと川面をにらんでいました。視線が下向きなので、そこは残念。飛び込みも撮ったのですが、ピントが合っていませんでした。
 カワセミというのは、同じ枝にとまることが多いです。この枝もその1つ。枯れた葉っぱが季節を教えてくれます。
 
朝日を浴びるカワセミ

朝日を浴びるカワセミ

朝日を浴びるカワセミ

手すりが大好き カワセミのオス2023/01/02

 黒目川遊歩道の手すりにとまり、また移動して手すりにとまるカワセミがいます。さらに移動して手すりにとまろうとしたら、人が歩いてくるのが見えて、慌てて対岸に避難していました。実に可愛らしいカワセミのオスです。
 早朝、遊歩道に人が少ないときだけに見られる行動です。どうして手すりが好きなのかはわかりませんが、手すりから川に飛び込んで魚をゲットしたこともあるので、枝代わりに使っているのかもしれません。冷たい鉄でできています。蕊りやすいはずですが、ぴたりと着地するところがみごとです。
 
手すりとまるカワセミ

手すりとまるカワセミ

見つめ合うカワセミ2023/01/01

 2023年。今年もよろしくお願いいたします。
 コロナ、物価高、軍拡…。「おめでとうございます」といいにくいのがイヤですね。

 人間のそんな気分はどこへやら。カワセミのメスとオスが桃の枝で見つめ合っていました。左がメスで右がオスです。お互いに伸びたり縮んだりしています。もちろん、いつでも見つめ合っているわけではなく、メスの周りをオスが移動して、近くにいるけれども目と目が合わない時間の方がはるかに長いです。
 この2羽、12月初旬からこんな関係なんです。2羽が揃うのは瞬間的なのですが、このときは長時間、一緒にいました。
 オスがメスに餌を渡す姿を見ることはありません。2月ごろから始まるオスとメスとの駆け引きとは別次元のものではないかと思われます。
 メスは成鳥、オスは若鳥です。まさか、子離れしない親なのか、親離れしない子なのか。それはないですよね。いずれ、この関係は解消するでしょう。
 新年からよくわからない話でした。写真は12月に撮ったものです。
 
見つめ合うカワセミ

見つめ合うカワセミ

やってくれるね、カワセミ君2022/12/27

 朝、止まり木にとまったカワセミのオス。魚を探している様子もなく、日向ぼっこをしているような雰囲気でした。突然、尾羽をぴょこんと上げ、白いものを後ろに飛ばしました。糞です。で、そのまま飛び去ってしまいました。糞が発車の合図でした。
 
カワセミ

カワセミ

カワセミ