朝霧に立つアオサギ2023/02/04

 この日の朝霧は深かったです。朝日が川面を照らすと、霧がわきあがりました。アオサギが立ち続けています。アオサギの周辺だけ霧が薄くなってほしかったのですが、思うようにはなりません。
 3枚目は、霧が薄くなったときに飛んでくれたヒドリガモたちです。
 黒目川の朝霧は、11月末から12月半ばあたりがピークです。この写真も昨年12月半ばに撮りました。晩秋から初冬の風景といっていいかもしれません。川の水温がそれなりに高く、湿度もまだり、大気は4度以下、風がない、といった条件だと霧が出てくれます。前夜に雨が降り、一気に晴れて放射冷却がすすむんだときは、もうもうと霧が立ち込めます。真冬になると、ドラマチックな霧はでないようで、川面を這うような霧になっていきます。
 年とともに、朝霧の規模が小さくなっているような気がしています。見慣れた風景になっているためにそう感じるのかどうか。
 
朝霧に立つアオサギ

朝霧に立つアオサギ

朝霧に立つアオサギ

葦の間から飛び出すアオサギ2023/01/27

 葦の茂みにアオサギがいたので、どうやって撮ろうかなと考え始めたところで飛ばれてしまいました。つられてシャッターを切った写真です。手前にある葦がじゃまだったのですが、アオサギは考える暇をくれませんでした。

飛び出すアオサギ

飛び出すアオサギ

飛び出すアオサギ

いきなり飛んだアオサギ2023/01/23

 きょうは寒かった。朝方、東久留米はほんのちょっぴり雪が舞いました。初雪というのでしょうか。
 アオサギが小さく丸まっていました。その姿を撮ろうと火炎らを向け始めたとたんに、飛ばれてしまいました。ズームレンズを望遠端まで移動する前だったので、1枚だけなんとか撮れました。望遠端まで伸ばしていたら撮れなかったです。私の動作が遅れたことが幸いしました。
 明日、明後日と寒さがきつくなりそうです。写真を撮りに出る元気があるだろうか?
 
いきなり飛んだアオサギ

夜のアオサギ2023/01/21

午後7時すぎ、黒目川でアオサギが魚を探していました。対岸の岸に近いところを歩いています。200mm程度の望遠レンズでしたが感度を上げて撮ってみました。動かれるとブレてしまうので、止まったところでシャッターを切りました。それでもブレています。ストロボは使いません。
 少し上流に移動したところにもアオサギがいました。距離は近くなりましたが、さらに暗い。遊歩道の手すりで体を支えて撮りました。
 アオサギは、早朝も昼間も川で見ることができますが、夜も川の中にいます。暗い空を「ギャッ」と鳴きながら飛ばれると、不気味です。いつ眠るのか。日向ぼっこしながらうつらうつらしている姿もよく見るので、工夫して眠っているのだと思います。冬のアオサギは「ほぼ夜行性」といわれているようです。夕方から夜、朝にかけて採食するという感じなのでしょう。たしかに真昼間に見ることは少ないかもしれません。
 1枚目と2枚目は同じ個体です。3枚目は別の個体。4枚目は別の日に撮った昼間のアオサギです。
 
夜のアオサギ

夜のアオサギ

夜のアオサギ

夜のアオサギ

どっしり構えたアオサギ2023/01/07

 早朝、黒目川の真ん中にアオサギがいました。どっしり構えたアオサギは美しい。魚はもちろん、蛙やヘビ、トカゲ、ネズミなど何でも食べてしまう鳥とは思えない上品さ。首から下の模様もすばらしい。アオサギ模様のネクタイとして売り出したら売れるかなあ。
 
アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギ

塒にやってきたサギたち2022/12/31

 日没後の午後5時10分、空に夕焼けが残るころ、黒目川沿いの桜の並木にアオサギがとまりました。何回かシャッターを切っていると、コサギとダイサギが集まってきました。飛んでいる姿はぶれぶれでものになりませんでしたが、枝にとまってからはなんとか撮れました。
 実はこの桜並木、サギたちの塒になっています。12月になってから、1羽、2羽と夜を明かすサギを見るようになりました。いまでは、ダイサギ1羽、コサギが10羽ほど、ここで夜を明かします。午前6時半すぎ、空が明るくなると黒目川に降りていきます。アオサギはここで夜を明かすことはありません。
 1枚目の写真が、アオサギです。
 2枚目、3枚目にはアオサギ、ダイサギ、コサギがいます。
 4枚目は、反対側(順光側)から撮ったもの。アオサギは飛んでしまったようです。露出をまちがえて大荒れの写真になりました。
 
日没のサギたち

日没のサギたち

日没のサギたち

日没のサギたち

青い川面から飛び出すアオサギ2022/12/29

 午前6時50分、黒目川からは太陽が見えない時間帯。空を映して川は青く流れていました。岸辺は暗い。手前の岸にアオサギがいました。遊歩道からのぞき見る感じです。目と目が合ったら、アオサギがそわそわし始めました。飛ぶなと思ってカメラを構えた時ときに、飛び出しました。右に行くと思ったら左に行きました。裏をかかれました。
 
飛び出すアオサギ

飛び出すアオサギ

飛び出すアオサギ

朝霧につつまれたアオサギ2022/12/19

 夜明けの黒目川はドラマティックです。川霧が立ち込め、鳥たちがかすんで見えます。霧が深い方が感じが出るのですが、肝心の鳥が見えなくなる。霧が浅ければ、鳥は写っても霧がうまく写らない。あちらを立てればこちらが立たず。
 朝霧が立ち込める中にアオサギが立っていました。霧の規模を表現したくて、あえて遠くから風景のように撮ってみました。川面に朝日が当たっているところがオレンジに光っています。この色を生かすと、霧の雰囲気が消えてしまいます。霧を出そうとするとオレンジは飛んでしまいます。その中間をとったのが1枚目の写真。霧を主体にしてオレンジの川面は飛ばしてしまったのが2枚目。風景は難しい。
 
朝霧に包まれたアオサギ

朝霧に包まれたアオサギ