逆光で撮るセミの抜け殻2020/08/11

 セミの羽化を撮る公園に夕方、行ってみました。桜の枝にたくさん抜け殻が残っていたので、撮ることにしました。小さな公園ですが、桜の木の下は暗いです。公園の外は晴れ渡っています。明るい色を生かして、抜け殻をシルエットに近い形で撮ったらどうなるのか。実験のつもりで、同じ場所の抜け殻を雰囲気を変えて写真にしてみました。しかし、抜け殻自体の印象が弱いですね…。
 
セミの抜け殻

セミの抜け殻

セミの抜け殻

セミの羽化 最盛期2020/08/09

 セミの羽化を見に、黒目川沿いみにある公園に行ってみました。午後8時ごろだったので、羽化は始まったばかり。穴から出てきて地面を歩いている幼虫もいます。小学生を連れた近所の家族が懐中電灯で羽化を観察していました。小学生は大喜びでした。
 数が減っているとはいえ、あちこちで羽化していました。お盆くらいまでが最盛期かもしれません。
 1枚目は、幼虫の背中が割れてセミが出てきたところ。
 2枚目は、体が伸びて垂れ下がった姿。
 3枚目は、起き上がって木につかまり、羽を伸ばしているところ。
 3枚の写真は、それぞれ別の個体ですが、アブラゼミではないかと思います。
 
セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

命の営み セミの羽化2020/08/07

 いまごろはもうアブラゼミの鳴き声がうるさいくらいだと思うのですが、今年は静かです。もちろん鳴いてはいますが、降り注ぐ感じがありません。私が私移動する範囲だけの現象なのか。それとも、まだ早いのか。
 とはいえ、東久留米には毎年、セミの羽化を目の前で見ることができる公園があります。黒目川沿いの「桜の公園」です。
 8月7日、夜10時ごろになってしまいましたが、見てきました。今年も羽化を見ることができました。数は多くありません。時間が遅かったので、羽がすっかり伸びていました。この次は、8時ごろに行ってみるつもりです。
 東久留米市は、半世紀も前の道路計画を復活させ、「桜の公園」をつぶして都市計画道路を通す計画です。この下流にもう1本。いずれも16メートル幅の道路です。遊歩道を分断し、セミが羽化する自然を壊す。次代の人たちに残すべきは、どちらなのか。私はセミが羽化する環境だと思います。
 
セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

ヤブランとセミの抜け殻2019/08/14

 夏の終わりを感じさせる取り合わせです。いまごろから秋にかけて咲くヤブラン。その花で羽化したセミの抜け殻。本当は、この花で羽化しているところを撮りたかったのですが、タイミングを逃したようです。
 超大型といわれる台風10号。大きな被害がでなければいいのですが。かなり心配です。
 
ヤブランとセミの抜け殻

ヤブランとセミの抜け殻

ヤブランとセミの抜け殻

セミの抜け殻(2)2019/08/13

 殻を割って新しい生物が出てくる。羽化による最終変態というみごとな仕組みはどうやってうまれたのか。抜け殻を見ながら不思議さに思いをはせる。が、知識不足で想像は広がらず。
 
セミの抜け殻

セミの抜け殻

セミの抜け殻

セミの抜け殻

セミの抜け殻(1)2019/08/12

 セミの抜け殻があちこちにあります。地中にあったときは生命維持装置として機能したであろうこの殻は、内部で成長した命によって捨てられる。役目を終えたとはいえ、まだ命を宿しているように見える。
 
セミの抜け殻

セミの抜け殻

セミの羽化も最盛期(4)2019/08/12

 8月11日の夜は、羽化するセミはさらに減り、ほんの数えるほど。どういうわけか高い場所にしかいませんでした。運がいいことに、街路灯の近くに桜の木があって、そこで羽化しているセミがいてくれました。
 望遠が利き、レンズも明るいコンデジを持っていたので、仕方ら撮れる角度を探しました。後ろにアパートの明かりがあったので、それと重ねて撮ってみました。手持ちでシャッタースピードは、1/10秒程度。大半がブレてしまいましたが、なんとか撮れた写真を紹介します。4枚目の写真は、反対側に回って撮ったもの。背景は漆黒です。
 
セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化

セミの羽化も最盛期(3)2019/08/10

 このセミは、ミンミンゼミでしょうか。体が緑色で羽が透き通っているので。いつものように、確信がないのがつらいところ。しかも、2枚の写真をよく見ると、模様が違います。セミの種類が違うのか、時間の経過による変化なのか。頭がこんがらがってきました。
 今晩(8月10日)、撮った写真ですが、8日と9日よりも羽化するセミの数が減っていました。最盛期はすぎたようです。
 
セミの羽化

セミの羽化